『歩けない僕らは』『ガンバレとかうるせぇ』佐藤快磨監督

『歩けない僕らは』『ガンバレとかうるせぇ』
佐藤快磨監督
【インタビュー】

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で観客賞を受賞した歩けない僕らは(出演:宇野愛海、落合モトキ、板橋駿谷、堀春菜、細川岳、門田宗大、山中聡、佐々木すみ江 )が、11月23日から新宿K’s cinema他全国順次公開となります。
今回は、本作並びに併映される『ガンバレとかうるせぇ』について佐藤快磨監督にお話をうかがいました。

―――― 歩けない僕らはというタイトルに込めた想い、特に「僕ら」と複数形にされた意味についてお聞かせください。

『歩けない僕らは』『ガンバレとかうるせぇ』佐藤快磨監督

佐藤快磨監督

佐藤快磨監督
最初に僕がこのお話をいただいた時、“歩ける自分”が“歩けない方”を描くという事に対して、おこがましさみたいな感情を抱きました。今でもそうかもしれないですけど、その感情は消えなくて。ただ、セラピストの方が「私たちは歩けるようにしているのではなくて、歩いたその先、歩いて何をしていくのかまで寄り添って考えなければいけない」というお話をして下さったのです。それを聞いた時に、歩いて何をしていくのかは、自分のように歩ける人も同じだと思いました。

そして、舞台は回復期リハビリテーション病院という狭い世界ではあるんですけど、“歩ける私たち”にも何かこの映画を感じとってもらうことがあるのかなと。

「僕ら」には、患者の柘植(役:落合モトキさん)もそうですし、主人公の宮下遥(役:宇野愛海さん)も入っていますが、私自身も含まれています。観客の皆さんにも“歩いて何をするのか?”ということを考えながら観ていただけたらなと思ってこのタイトルにしました。

―――― 劇中では理学療法士が直面する現状がリアルに描かれています。理学療法士を取り上げることも始めから決まっていたのでしょうか。

佐藤快磨監督
最初に回復期リハビリテーション病院を舞台に映画を撮影しませんか?とオファーをいただいた時は、そのような専門病院があること自体知りませんでした。

これまで撮ってきた映画は自分の中から出てきた題材を撮っていたこともありまして、自分の中にはない外側の題材に自分がどうリンクして物語を描いていけるのだろうかと、それを丁度考えていた頃だったので「撮らせて下さい!」と受けました。

それから約1年弱、取材に行かせていただいたんですけれど、取材時にセラピストの方にも元患者さんにもお話を聞くことが出来ました。その時、セラピスト1年目の女性が患者さんの願いといいますか、退院後にこうして生きていきたいんだということを叶えてあげられないまま、彼女の中に後悔が残る形で退院させてしまったと、泣きながら話して下さったんです。その涙を見た時に、この女性をモデルに、映画の主人公として描いていけないものかなと。

彼女のその先というか、そういう経験や患者さんがどうなっていくのかを描けないかなと思って脚本を書き始めました。

―――― 遥は患者さんと同じような気持ちでいながらも自分の気持ちを患者さんに上手く伝えることが出来ない。そんなもどかしさが言葉のキャッチボールの中に見えてきて、彼女の辛さが伝わってきました。でも、若者は皆こういう経験を乗り越えていかないといけないんだという、監督から若者に対するメッセージのようにも感じました。

歩けない僕らは 宇野愛海

佐藤快磨監督
自分があまりコミュニケーションを取ることが上手ではないので、繋がることの難しさ、言葉を吐くこと、言葉で何かを伝えることの難しさを感じていて、『ガンバレとかうるせぇ』でも今回の歩けない僕らはでもそのようなもどかしさを描いているかもしれません。

どこかコミュニケーションの一方向性というか、その上で何を伝えられるか、難しいけどそれでも繋がりたいと思う切実な部分は、答えがないことでもありますし、見えにくい部分だからこそ映画で何かを表現したいと思っているような気がします。

―――― 映画とはいえ絶望を抱えている患者さんがいて、その人に対する言葉やコミュニケーションは難しいと思います。とても大変な仕事だと思うのですが、現役の理学療法士さんに対して監督はどんな気持ちを抱いていらっしゃいますか?

画像,歩けない僕らは,落合モトキ

佐藤快磨監督
患者さんの体は一つで、患者さん自身は内側から、セラピストは外側から、その一つの体を共有する職業だと感じたんです。そのような身体的なことというのは、技術的な部分が伴ってくれば上手く共有していくことが出来ていくものなのかなと感じました。

ですが、歩けるようになった先の人生、誰かの人生そのものを外側から共有していかないといけない、そういう職業でもあると感じた時に、身体的な部分以上のものを背負っている人たちなんだなと。

それでも若手からベテランまで皆さんがやりがいを持って現場で仕事されていたので、それはこの映画に対しての使命感と言うか、何かこの映画で表現しなければいけないと思いました。

―――― すごく伝わってきました。
チラシには「これ、そのまんま1年目の自分じゃん!」という本作を観た理学療法士さんの言葉が紹介されています。監督にとってこの言葉はどのように響きましたか?

『歩けない僕らは』『ガンバレとかうるせぇ』佐藤快磨監督

佐藤快磨監督
自分が元々医療の現場にいた人間ではないので不安がずっと消えなくて。現場の方からそういう声を聞いた時は、本当に嬉しかったです。自分にしか描けないものは何だろうとずっと悩みながら創っていたんです。
でも、現場にいた人間じゃないからこそ描ける人と人との距離感というか、「自分にしか描けない作品にするんだ」という想いが届いたような気がして嬉しかったです。

―――― 逆に「実際の現場は違います」と言われてしまう可能性もあるわけですから、ある種緊張感を抱えながらの撮影だったのではないでしょうか。

歩けない僕らは 落合モトキ

佐藤快磨監督
感情を表現するだけではなく、身体的な正確性というかリアリティーも、セラピスト役の宇野さんと患者役の落合さんには求められていました。

僕の演出だけではそこまで届かず、1年間の取材に付き合って下さったセラピストの方々にも細かいところまで監修していただきました。今まで取材を受けて下さったセラピストや病院の方々、そして俳優の頑張りが、この感想によって報われたと思うと、それがやっぱり嬉しかったです。

―――― 冒頭ではタイトルについてお話しいただきましたが、キャッチコピーの「人生が懸かっているのに、言えなかった言葉がある。」についてもご紹介いただけますか。

画像,歩けない僕らは

佐藤快磨監督
一つの体を内側と外側から共有するための手段が言葉で、言葉を用いて他者同士が一つのことを共有していくと思うんですけど。そこには本音だけじゃなくて嘘も混じっていて、本音と嘘を使い分けたり、お互いに気を遣い合ったり、本当に大事なことは言えなかったり。それでもどうにか繋がりたい、自分の本音を誰かにぶつけたい。2人の関係性をそのようなところまで持っていきたかったんです。

それが映画の後半で2人が対峙する場面に繋がっています。あのシーンを脚本に書いた時はセリフが強い言葉になったと感じていたのですが、そこは宇野さんと落合さんが見事に体現してくれました。二人とも事前に打ち合わせをしなかったみたいで、お互いが相手の言葉が本音なのか嘘なのかを本番中に探り合いながら、このシーンの先頭と終わりで、お互いの感情がちゃんと動いていったシーンになったと思っています。

このキャッチコピーは、このシーンに収斂されているというか、言えなかった言葉をこの映画ではちゃんと吐かせてあげたかった。「人生が懸かっているのに、言えなかった言葉がある。」というのはこの2人のことだけではなくて、もしかしたら今までそういうことを言えなかったセラピストの方や患者さんに向けたものなのかもしれないです。

―――― 監督からのメッセージは作品を通じて十分に伝わっていると思います。
続いて今回併映される『ガンバレとかうるせぇ』(2014年)についてですが、これもタイトルが引っ掛かるんです(笑)完成から少し時間が経過していますが、この物語の誕生について振り返っていただけますか。

ガンバレとかうるせぇ

佐藤快磨監督
自分自身が小学校から高校3年の夏までサッカーをしていました。かなり自分の中では後悔が残った状態で辞めてしまって、サッカーに対する未練みたいなものを吐き出すように創った作品です。

【次ページ】『ガンバレとかうるせぇ』についてまだまだたっぷりと!

ページ:

1

2
友だち追加

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  2. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  3. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  4. 2.5次元俳優躍動!田園ボーイズ
    ニュース 人気 2.5 次元俳優×新進気鋭の脚本家軍団が織りなす、青春サクセスストーリー連続テレビ…
  5. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  6. 画像,風の電話,モトーラ世理奈,西島秀俊
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  7. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
ページ上部へ戻る