ピュアで不器用なラブストーリー!映画『羊とオオカミの恋と殺人』朝倉加葉子監督【インタビュー】

映画『羊とオオカミの恋と殺人』朝倉加葉子監督

人気漫画「穴殺人」を映画化した羊とオオカミの恋と殺人が11月29日(金) よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショーを迎えます。
本作は、殺人鬼の女の子に恋しちゃう自殺志願の男の子という突飛な設定に、テレビやCMで活躍中の杉野遥亮(すぎの ようすけ)さんと福原遥(ふくはら はるか)さんがW主演で挑んだ大注目作品です。
今回は、これまでも『クソすばらしいこの世界』や『女の子よ死体と踊れ』などホラー映画を手掛けてきた朝倉加葉子監督に、本作のテーマや映画に込めた想いをたっぷりと伺いました!

―――― 今回、監督が裸村さんの原作「穴殺人」を映画化するに至った経緯を教えてください。

映画『羊とオオカミの恋と殺人』朝倉加葉子監督朝倉加葉子監督
プロデューサーが原作「穴殺人」を持ってきてくださって、読みました。特殊な設定の話ですけど、すごく面白いし、宮市さんと黒須君という2人のキャラクターが本当にがっぷり四つに組んで、不器用な恋愛を繰り広げる、そこがすごく魅力的だなと思いました。

当時はまだ連載中だったのですが、そこからはこの話をどういう風に映画化するのかをずっと考えていました。

―――― なるほど、比較的直ぐに決断されたのですね。

朝倉加葉子監督
はい、そうですね。

―――― 監督は短編映画の作品も含めると、ちょうど10作目になられるみたいで、、

朝倉加葉子監督
え!?本当ですか?
後で私の作品リストを教えてもらってもいいですか?(笑)

―――― 某ネット百科事典で確認させていただいたのですが、しかも長編と短編がちょうど同じ本数だったかと思います。

朝倉加葉子監督
実は5本目なんですよね、長編が。
というのを昨日私も知って衝撃を受けました。いつの間にと(笑)
つい最近まで2、3本目くらいのつもりだったのに、沢山あるなと思って。ちょっとビックリです。

―――― 制作に向き合い、そして制作に没頭されてきた、まさに監督として生まれるべくして生まれてきたのではないかと思っています。

朝倉加葉子監督
いや、なんだかすみません、でもありがとうございます(笑)

―――― 改めて、これまでも血しぶきが見えるような作品が多かったと思います。今回の作品は監督にとってどういう位置付けで、どういう作品にしようと思われましたか?

羊とオオカミの恋と殺人

朝倉加葉子監督
今回は逆に、原作の殺人っていうホラー映画の要素になりうるものがありつつも、この恋愛模様が一番興味深いと思ったんです。そこを中心にやりたいなと思って、やっぱり恋愛ものをやるからには、ちゃんと沢山の観客の方々に見てもらえるようなエンターテイメントにしたいなというのもありました。

それで言うと今回、今まで自分が作ってきたものの中では、一番エンターテイメント度が高いものを目指して作ったつもりです。

―――― 確かにあまりにも大きな違いがある2人がくっついていく、その軸が殺人だったりするのが不思議で観ていて面白いなと思いました。

朝倉加葉子監督
ありがとうございます。

―――― 映像化する上で一番気にされたポイント、もしくは難しかった、やり易かったなどいくつかポイントがあったかと思うのですが、そこを教えていただけますか?

朝倉加葉子監督
原作の「穴殺人」は全8巻あるので本当に色んな事件が起き続けたり、かなり様々な変わった人物が登場するんです。でも、すごく普遍的な恋愛が貫かれていて。

自分じゃない他人、自分と他人って基本的にどんな方でも全く違うので、全く違う相手をどういう風に理解するのかは難しいことだとか。さらに、その相手と歩み寄り対話をするというのが実はすごい難しいことで、なおかつ、勇気がいることであるとか。それは恋愛の基本というか、恋愛に限らず、他人との関係性において基本だなと思うんです。

それが殺人をモチーフに、どちらかと言うと殺人をちょっと遊び場にして恋愛模様が進んでいく物語だと思ったんです。なので、恋愛ものとしてどういう風に成立できるか、それが多分一番の肝かなと思いました。

その恋愛ものというところに関しては、主演の2人の頑張りを丁寧に撮ることが出来れば、実写化としては大丈夫かなという思いで臨みました。

―――― 恋愛が殺人以上に大きなテーマとして、ラブコメディの世界観を生み出してくれています。2人の出会いは覗き穴から始まり、それが段々と共感を持つまでに至っていく、この歩み寄り方ってスゴイですよね。

羊とオオカミの恋と殺人

画像,羊とオオカミの恋と殺人

朝倉加葉子監督
なかなか見たことないですよね(笑)

―――― 極端な設定にせよ、「人を殺さないで」という愛情というか、他人への労りの気持ちみたいなものが2人の引力になっている気もしました。

朝倉加葉子監督
なるほど。色々な受け止め方があると思いますので、もちろんそれもあるかもしれません。

―――― 唐突ですが、多分、監督も色々な恋愛を経験されたのかなとも思ったのですが(笑)

朝倉加葉子監督

(笑)
まあ、普通です(笑)

―――― 冒頭で「これまでの作品の中で一番のエンターテインメント度を目指した」と伺いましたが、エンタメとしての位置付けと、恋愛についてみんなに考えてもらいたい、伝えたいといった切り口で言えば、監督としてはどんな想いが込められているのでしょうか。

映画『羊とオオカミの恋と殺人』朝倉加葉子監督

朝倉加葉子監督
そうですね、エンターテイメントは入口として必須なものだと思います。私自身も凄く好きですし、ホラー映画も基本的に私はエンターテイメントの究極の形だと思っています。

少し固い話になっちゃいますけど、私としては一番最初に掲げたテーマが「他者の受容」と「不寛容をぶっ殺せ」でした。つまり、多様性とその受容をテーマにおいて企画を作っていったので、他人をどこまで見つめてあげられるか、受け入れるというのもおこがましいかもしれないですけど、どういう風に寄り添えるのか、それをやりたいなと思いました。

―――― 介護疲れなど、とても切ない事情が背景にある殺人なども世の中にはあります。そうした心への歩み寄りは不寛容だったら当然できないし、どれだけ相手を受容できるかということに繋がっていきますよね。

朝倉加葉子監督
まさにそうですよね。

―――― 宮市さんは黒須君をなぜ好きになっていくのかが疑問としてありました。でも、今のお話を聞くと、黒須君は宮市さんに「殺さないで」と言うものの、止めるまでには至らない。そうやって受け止めてくれようとする彼に宮市さんの気持ちが入っていったのかなと。

朝倉加葉子監督
はい、私もそうだと思います。

―――― なるほど、すごく腑に落ちました。

朝倉加葉子監督
良かった(笑)

―――― 黒須君を演じた杉野さんって実際は凄くカッコいいですけど、カッコいいから好きになっていくじゃつまらないじゃないですか。だからこそ、宮市さんがどこで心を動かされているのかがとても気になったんです。

羊とオオカミの恋と殺人

朝倉加葉子監督
やっぱり自分が殺人鬼で殺人というのは人に受け入れられないものだ、というのは宮市さんはしっかりと自認していて、それでもやっている人なんです。

それを知ってもそばに居続ける彼に対して単なる好奇心もあるし、そこに多分黒須君の受容の力みたいな可能性をちょっと感じている、この人とだったら人間同士として付き合うことが出来るかもしれない、そんな予感があったんじゃないのかなと思います。

ページ:

1

2
友だち追加

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  2. 2.5次元俳優躍動!田園ボーイズ
    ニュース 人気 2.5 次元俳優×新進気鋭の脚本家軍団が織りなす、青春サクセスストーリー連続テレビ…
  3. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…
  4. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  5. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
  6. 画像,殺さない彼と死なない彼女,桜井日奈子
    君の隣で、世界は変わる。 ■イントロダクション 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明…
  7. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
ページ上部へ戻る