杉野遥亮さん&福原遥さん【インタビュー】映画『羊とオオカミの恋と殺人』公開記念

―――― 「この世界の端っこの人たち」と朝倉監督から伝えられて、どんなことを意識して演技をされましたか。

杉野遥亮さん
それって割とリアルに近い形で、等身大で演じるということかなという風に解釈しました。

―――― 福原さんはいかがですか?

羊とオオカミの恋と殺人

福原遥さん
私も監督に言われたのは、「宮市さんは一番綺麗に映したい」と伝えていただきました。

大人っぽい表情だったり、可愛らしい表情だったり、宮市さんという人を魅力的に映したいと言われていたので、そこは殺人鬼っていう信じられない・共感できない部分もあるんですけど、そっちじゃない宮市さんは普通の共感できるような宮市さんにしたいなっていうのはあったので、喜怒哀楽をつけてみたりとか、可愛らしい部分をいっぱい出そうと思って意識はしてました。

殺すシーンも、汚らしくは見せたくないということを監督とお話しさせていただいていたので、舞うようにと言うか、綺麗な宮市さんを全面に出そうって思ってました。

―――― すごく鮮やかでした、殺人シーン。

福原遥さん
本当ですか!良かったです。(笑)

杉野遥亮さん
いっぱい練習したもんね。

福原遥さん
はい、3ヶ月ぐらいです。

―――― アクションとダンスのミックスしたような殺人シーンの振り付けは青木尚哉氏からのご指導だったということですが、一番大変だったことはどの辺りでしょうか。

画像,羊とオオカミの恋と殺人

福原遥さん
靭(しな)やかさだったり、コンテンポラリーダンスみたいに体で色々表現する、殺す側の人とも上手く息を合わせないといけないダンスだったので、それは何回も苦戦しながら練習して。レッスンの時も心を一体にしましょうみたいな(笑)

―――― 殺す側と殺される側が!本当だったらないですよね(笑)?

福原遥さん
ないです(笑)
見せる時はそうしないとタイミングがズレてしまうので、結構最初は相手役の人との距離感に慣れながらダンスの練習をしていました。

―――― 殺される側も綺麗に殺されてたんですか?

福原遥さん
そうです。本当に殺される側の方が大変じゃないかぐらい、協力して一緒にやってくれました。

杉野遥亮さん
そのシーンの時僕も横で見てました。

福原遥さん
本当に見てた?(笑)

杉野遥亮さん
半分寝てたかな(笑)

だけど、本当に言った通りで凄い大変そうだなと思って、時間かかったよね、あそこのシーン。遅い時間まで続いていて、タイミングとかも難しいだろうなって思って見てました。

福原遥さん
難しかったぁ、、、
(杉野さんは)寝てました(笑)

杉野遥亮さん
寝ていたり、見ていたり(笑)

―――― 今回の作品は一見理解し難い恋愛で、奇妙な恋愛観がポイントになっていると思うんです。お二人は黒須君と宮市さんが「愛」をどういうものだと思っているという風に理解し、演じましたか?

画像,羊とオオカミの恋と殺人

杉野遥亮さん
演じている時は、僕も探り探りだったような気がします。

出来上がったものを観た後は、そんなに難しいことじゃないなというか、究極のラブストーリーと書いてあるけど実は普遍的というか、日常的に転がっている関係性のお話だったりするかなって思いました。

(現実に)自分が置かれてる状況とかタイミングとか経験値によっても変わってくるんじゃないかなって思ったら、逆に映画みたいで面白いなと思います。

―――― 宮市さんはどんな風に「愛」を考えてらっしゃると思いますか?

福原遥さん
「愛」っていうものを最後まで知らない。何だろうな、、、知ってないんだろうなって思ってました。

普通だったらそれは「好き」って感情なのに、自分で「好き」って分からないから、自分の中で困惑して自分と戦っている感じを演じていて凄く思ったので、「愛」というものを初めて黒須くんに教えてもらうというか、そういう感覚なんだろうなって思います。

ページ:
1

2

3
友だち追加

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  2. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…
  3. 画像,風の電話,モトーラ世理奈,西島秀俊
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  4. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  5. 画像,草間彌生∞INFINITY
    激動の1960年代ニューヨーク。 彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━。 イントロダ…
  6. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  7. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
ページ上部へ戻る