画像,キャスト,朗読劇,TEGAMI 2,諸塚香奈実,小林みくり,上原歩子,江守沙矢,只埜なつみ,後藤夕貴,あゆみ(あゆみくりかまき),琴海りお(Origamillio(n)),岩崎真奈,黒川鮎美

“気持ちを伝える”この簡単なようで難しいテーマを、ハートフルタッチで描く、愛の物語朗読劇「TEGAMI~2~」が2月20日(木)~24日(月)にオメガ東京で上演されました。
アイドルから女優として活躍中の諸塚香奈実さんが前作に続き、主人公、木島礼子を演じ、諸塚さんと共にアイドルグループ、チャオ ベッラチンクエッティのメンバーとして活動、グループ解散後、ソロでの活動開始、今年、雑誌「美人百花」の専属読者モデルユニット、“美人百花Flowers第1期生”としてモデル活動をスタートするなど、活躍の幅を広げている後藤夕貴さんがWキャストを務めました。
諸塚座長のAチーム、後藤座長のBチームで上演される本作には総勢10名の女優、アイドル達が挑戦。あゆみさん(あゆみくりかまき)、小林みくりさん(littlemore.)、琴海りおさん(Origamillio(n))、上原歩子さん(主演舞台「白と黒の忘年会」)、江守沙矢さん(ひとり芝居【汝-おんな-】)、只埜なつみさん(舞台「A Day in the Life」)、岩崎真奈さん(映画「ロバマン」)、黒川鮎美さん(主演映画「私のいない世界」)など個性豊かなキャストが集結しました。それでは、先日2月17日(月)に行われた囲み取材のレポートをお届けします。

画像,キャスト,朗読劇,TEGAMI 2,諸塚香奈実,小林みくり,上原歩子,江守沙矢,只埜なつみ,後藤夕貴,あゆみ(あゆみくりかまき),琴海りお(Origamillio(n)),岩崎真奈,黒川鮎美

Bチーム座長 後藤夕貴さん、Aチーム座長 諸塚香奈実さん

―――― 司会:はじめにAチームの諸塚さんから自己紹介をお願いします。

諸塚香奈実さん
「TEGAMI~2~」Aチームの木島礼子役をやらせていただきます、諸塚香奈実です。
私は前回「Greif~TEGAMI~」も木島礼子をやらせていただいて、前回は礼子がラジオパーソナリティとして、みなさんの手紙をラジオ内で読むという番組をしてたんですけれども、今回はラジオパーソナリティになるきっかけのお話です。つまり、前作の過去の話という形になっているんですけれども、やはり手紙の良さだったりとか物語を観た後にとても温かい気持ちになれる作品になっていると思います。
みなさん是非お楽しみにしていて欲しいと思います。

後藤夕貴さん
「TEGAMI~2~」Bチームの木島礼子役をやらせていただきます、後藤夕貴です。
私も前回の「Greif~TEGAMI~」に参加させていただいたんですけれども、その時はもろりん(諸塚さん)と同じチームで、木島礼子に手紙を送る側の役で、今回は1個昇格ということで初めて座長をやらせていただきます。
1枚の絵ハガキをきっかけに物語が進んでいくんですけれども、手紙という大切なテーマを胸にみなさんに温かい気持ちになっていただけたらなと思っております。

画像,キャスト,朗読劇,TEGAMI 2,諸塚香奈実,小林みくり,上原歩子,江守沙矢,只埜なつみ,後藤夕貴,あゆみ(あゆみくりかまき),琴海りお(Origamillio(n)),岩崎真奈,黒川鮎美

Aチーム(左から 只埜なつみさん、小林みくりさん、諸塚香奈実さん、江守沙矢さん、上原歩子さん)

小林みくりさん
「TEGAMI~2~」Aチームの里村凛役をやらせていただきます、littlemore.の小林みくりです。今回初めて朗読劇に出演させていただきます。去年、舞台も初めて経験させていただいて、今回は声だけで皆さんに物語を届けるというのは難しいのですが、私なりに里村凛を演じていきたいと思います。頑張りますのでよろしくお願いいたします。

江守沙矢さん
吉岡冴子役、江守沙矢です。
普段の私は舞台よりも映像のお仕事が多くて、先日放送された大河ドラマにも出演させていただきました。朗読劇は初めてで、全く自分の体を動かさない状態で本を読むというのがお芝居の中でも別物だと思っていて、難しさと面白みを凄く感じています。
お話はとっても悲しかったり温かかったり、感情の起伏が私の中でとっても激しいですけど、見た人はきっと全部を通してスッキリして帰られるような素敵な作品になっています。是非、お楽しみください。

只埜なつみさん
光村たまき役の只埜なつみです。
私も初の朗読劇ということで、朗読劇の難しさを体感しているんですけれども、見た方にしっかり物語を想像して帰ってもらえるように心がけてみんなで稽古しています。今回は私自身よりも10歳年上の1児の母役を演じるということで、ちょっと違うものへの挑戦ということで頑張っておりますので、是非是非、見に来てください。

上原歩子さん
「TEGAMI~2~」佐藤はるか役を演じさせていただきます、上原歩子です。
私が演じさせていただく佐藤はるかは、木島礼子にお手紙を配達する郵便配達員の役です。プロデューサーさんからは、金髪ショートなちょっとオバチャン気質なテンション高めな女の子というご指示をいただきまして、普通のお芝居なら衣装や動きや表情でその役柄を表現すると思うのですが、朗読劇ということで、朗読だけ声だけで役柄を表現することの難しさを実感しています。毎日苦戦しつつも、楽しく稽古をさせていただいております。本当に心の温まる素敵な作品になっているので、是非、ご来場いただく皆様は、ハンカチを忘れずに劇場まで足を運んでいただけたら嬉しいです。

画像,キャスト,朗読劇,TEGAMI 2,諸塚香奈実,小林みくり,上原歩子,江守沙矢,只埜なつみ,後藤夕貴,あゆみ(あゆみくりかまき),琴海りお(Origamillio(n)),岩崎真奈,黒川鮎美

Bチーム(左から 黒川鮎美さん、琴海りおさん、後藤夕貴さん、あゆみさん、岩崎真奈さん)

あゆみさん(あゆみくりかまき)
里村凛役のあゆみくりかまきのあゆみです。
朗読劇は初めてなんですけど、声だけで表現することは舞台以上に緊張しますが、頑張ります。

岩崎真奈さん
吉岡冴子役をやらせていただきます、岩崎真奈と申します。
私も舞台は沢山経験があるのですが、朗読劇は初めてで、声だけでお客様に伝えるということがこんなに難しいんだと、稽古をしながら実感しております。私の役が私とは正反対の凄くカッコイイ大人の女性なので、少しでも近づけるように全力で頑張っていきます。この物語は本当に今、この健康な体に感謝をしてこれからも頑張って生きていこうと思えるような前向きな気持ちになれる温かいお話です。皆さん是非是非、観に来てください。

琴海りお(Origamillio(n))さん
佐藤はるか役を演じさせていただきます、現アイドルOrigamillio(n)の琴海りおです。
私も今回が朗読劇は初めてで、普段はアイドルをやっています。たまに舞台や映像にも出演させていただいているんですけれども、声だけで想像してもらったり、色んなことを演じたりするのが、スゴイ難しいことだと改めて実感しています。ご覧の通り、AチームとBチームが全く違ったキャストになっているので、同じ本でもAチームBチームで別のものが出来上がっているんだろうと私も楽しみにしています。
是非、皆さんもAチームBチームとも観に来ていただけたらなと思います。

黒川鮎美さん
光村たまき役を演じさせていただきます、黒川鮎美と申します。
私も朗読劇は初めてですが、今のご時世はパソコンやケータイで文字を打つことが主流になっているので、中々手紙を出す機会が少なくなってきていると自分自身でも感じています。文字の温かさや背景は、SNSでは伝わらない部分がかなりある。そういったところを観ているお客様に感じていただけたらいいなと思っております。

―――― 司会:AチームもBチームもそれぞれの空気感があると思いますが、稽古をしてきた中でなんとなくチームごとの特徴、空気というものはありますでしょうか。

諸塚香奈実さん
Aチームの空気感が私はすごく好きで、みんな初めましてなんですけど、割と自分のペースを崩さない、いい意味で(笑)。
お互い干渉し合うわけでもなく、ほどよい距離感。いい意味で、ですよ!(笑)

江守沙矢さん
(稽古中のエピソードは)この物語に大事な「コウスケ」という方がいるんですけど(登場人物ではない)、その「コウスケ」像をそれぞれ一致させた方が、私たちも朗読しやすいでしょうし、皆さんに伝えやすいということで、「コウスケ」像をみんなで話し合って決めたりとかしたことかな?(笑)
みんなが持ち寄った「コウスケ」像が違ったので、それを一つに擦り合わせて、「この人で決定だね!」となった時に一体感が生まれたと感じました。
正直、もっと時間がかかると思っていたんです。全員がバラバラの「コウスケ」像を出したのに、一つに決まるのがメチャクチャ早かった。みんな個性的で、それぞれの空気を持っているんですけど、波長が同じというか空気感が同じというか、「輪」が一緒なんです。だから凄くやり易いと思います。

上原歩子さん
まとまりがある感じもお芝居に出ていると思っていて、Aチームは居心地がよくて好きです。「コウスケ」になりきって読むシーンがあるので、「コウスケ」像を一致させたことによってそれぞれの「コウスケ」の表現の仕方にも注目して欲しいと思います。

江守沙矢さん
「コウスケ」がどんなイメージなのかを皆さんで当てて欲しいです!

全員
確かに!

江守沙矢さん
だから私たちはあえて「誰がイメージです」というのを言わないでやりたいと思いました、今!「こういう人なのだろうな」というのを想像していただきたいです。

後藤夕貴さん
Bチームは、先ほどの自己紹介を見ていただいたらわかるように、すごく個性豊かで、人見知りの子もちょっと多いんですけど、、、ねっ(笑)

あゆみさん(あゆみくりかまき)
(笑)

黒川鮎美さん
人見知りって言って話しかけてもらおうみたいな感じだね(笑)

後藤夕貴さん
人見知りです!来てください!みたいな感じです。最初から(笑)
まあでもあゆみお姉さまがいますから(笑)

黒川鮎美さん
人任せにするんです、みんな!

後藤夕貴さん
そんなことはないんですけど、みんな引っ張ってくれるお姉さんがいるなという安心感で、「妹たちは鮎美お姉さんについていきます!」っていうような感じなんです。
練習中から凄く心配なことが一つあって、こちらのあゆみちゃんがすごく感受性が豊か過ぎて、ボロボロ泣くんです!だから、本番ではティッシュを持って行ってあげたいけど、持っていけない環境がすごく心配です。
みんなそれぞれの役を背負いつつ、自分の言葉にして落とし込んで、皆さんに伝えようという気持ちがあります。この物語を聞いていただいて、明日からも頑張ろうと思えるBGMのようになれたらと思っております。

黒川鮎美さん
後は、自分の役を考えるのは勿論なのですが、他のメンバーの役のことでも、「ここってこういうイメージですよね?」とか「このシーンってこんな感じのニュアンスなのかな?」と話す機会も多いように感じます。作品愛があり、それぞれ他の人のことも考えて動いているのかなって感じました。

(特に反応がなく一瞬沈黙となり…)

あれ?そんなことないか??

Bチーム全員
(爆笑)

あゆみさん(あゆみくりかまき)
自分に向けて言われていると思ってなくて…その通りだと思います(笑)

Bチーム全員
(爆笑)

―――― 記者:Aチーム、Bチームそれぞれの特色はどういうところですか?

諸塚香奈実さん
まとまり感というかちょっと落ち着いたしっとり感がAチームは強いかなと思います。

後藤夕貴さん
Bチームはあーちゃんいこう!あーちゃんが素直な気持ちを言います!
フォローするから大丈夫だよ。

あゆみさん(あゆみくりかまき)
元々、初めての人が苦手なんですけど、Bチームはみんなで集まるのが今日で2回目なんです。だから、正直まだぎこちないんです(笑)

Bチーム全員
(爆笑)

あゆみさん(あゆみくりかまき)
Aチームは、ずっとみんな集まっているからスゴイ仲良しだよって聞かされていて、だから(Bチームも)早く仲良くなりたいけど、自分もいけない日あるし来れない方もいるし、(このまま)本番に挑みます。

後藤夕貴さん
でも、まだ本番まで期間あるし。どんどんブラッシュアップしていけたらと座長は思います。集まった時の安心感はあるので、穏やかな、フワッとした空気感がすごく温かさを感じるチームだと思います。
Aチーム、Bチームそれぞれの良さをお客様にも両方観て楽しんでいただきたいです。同じ作品として見なくてもいいのではないかなというのもあって、Aチームの「TEGAMI~2~」、Bチームの「TEGAMI~2~」としてお客さんには楽しんでいただけたらと思います。

江守沙矢さん
一ついいですか?
Aチームは練習の中で違う役をみんなが読んだことがあったんです。それだけで、別人に見えてくるんです、同じ像でも。
だから、朗読劇の面白さってその人が動いていなくてその人の気持ちの乗った状態の声だけで物語が進むから、AチームBチームで同じ役や同じキャストがいても絶対に同じ人にならないと思うんです。そこが面白みだなと思っていて、是非両方見て欲しいです。

諸塚香奈実さん
両方の感想が欲しいです!

―――― 記者:諸塚さんは前回と同じ役ということですが、今回パワーアップしたところがあったら教えてください。

諸塚香奈実さん
前回の礼子は、番組内で人からもらった手紙を代弁して、こういう方たちがいますというのを届ける役でした。
今回は自分がもらった手紙(自分に届いた一通の手紙)で物語が始まっていって、自分がラジオパーソナリティになりたいという夢を叶えるきっかけとなる、前回の礼子の過去のお話なので私も知らなかった過去の礼子の部分を知ることが出来ました。こういう経緯があってラジオパーソナリティになったんだというのを今回の本を通して知り、前回の礼子に繋がった部分もあるので、私自身も2役をやったことによって新たな発見があったと思っています。

―――― 記者:苦労した点はありますか?

諸塚香奈実さん
苦労したこと、、、!(困った様子)
でも、朗読劇だということ自体が大変でした。礼子は主人公ですけど、色んな事実を知らなくて、色んな人と出会ってそこで色んな事を知っていくという役なので、最初と最後の感情が全然違うというか、最初から最後までの感情の繋げ方が難しくて大変でした。感情をどう出せたら礼子の気持ちが伝わるのかな?ということを毎回思いながら稽古させていただいています。

―――― 記者:後藤さんは初座長ということですが、座長をするにあたって気を付けたこと、まとめるのに苦労したことなどありますか?

後藤夕貴さん
私自身、人見知りでずっと末っ子的な環境で育ってきたので、引っ張らなきゃって思うと空回りしてしまうタイプなんです。今回のBチームの中でも年齢的にもちょうど真ん中あたりなので、お姉さんには甘えられる時には甘えようと思って、そんなに座長だから!というのを自分に言い聞かせ過ぎず、でもチームの雰囲気とかは良くしていきたいと思っているので、「いついつご飯いこうよ!」とか言ったりして、場の雰囲気が和やかになるように意識しているんですけど。

岩崎真奈さん
いつも和やかにさせてもらっています(笑)

後藤夕貴さん
なんか言わせたみたいじゃん!(笑)

黒川鮎美さん
いや、甘え上手だから、そこがなんかうまいなって思います。

―――― 司会:最後に今までもらった手紙で一番思い出に残っているエピソードがあればお聞かせてください。

諸塚香奈実さん
お仕事柄、ファンの方から手紙をもらうことがすごく多くて、毎回読ませていただいています。以前12年間やっていたアイドルグループの中で挫折しそうなことって本当に沢山あって、色んなアイドルが出てきて、私は本当にこのままでいいのかな?みたいな瞬間がある時に、当時は“もろりん”って呼ばれていたんですけど、「もろりんが歌ってくれる歌が好き!」とか「もろりんをずっと応援していきたい!」とかファンの方からのメッセージは今に至るまでの励みになっているというか、自分を見てくれている人がいるんだ、応援してくれている人がいるんだって思えるから今もこうしてこの場にいれるのかな、と思うとやっぱりファンの方からの手紙は私の中でもとてもパワーをもらえるお手紙です。

後藤夕貴さん
私ももろちゃんと同じグループで活動していたので、共感できる部分が沢山あるんですけど、元々歌を歌っていたので、「私たちの歌で、元気をもらいました!」とか「これからも歌い続けてください」とか、沢山パワーをもらったお手紙があります。
あと、スゴイ印象に残っているのが、「色々とくじけそうなこともあったけど、これから就職活動頑張ります!」という前向きなお手紙をいただいたことがあって、自分たちが発信していくことで、前向きになってくれる方がいるんだなというのを改めてお手紙を通して実感できたんです。これからも皆さんに何か前向きに進んでもらえるような活動をしていきたいと思って、そのお手紙は凄く印象に残っています。

諸塚香奈実さん
私もう一つ思い出しました!
ファンの方からなのですが、巻物で手紙をもらったことがあります。今の時代に巻物ってあるんだって。結構大きかったのですが、びっしりと書いていただいていて。個人としての諸塚香奈実を大事にして応援してくださっている方で、手紙の内容も「いい人見つけてね!」とか、「いい人がいたら私は応援するから結婚して幸せになってほしい!」という内容の手紙をいただきました。その巻物がすごく印象的で、筆書きで字もすごく綺麗でした!

―――― ありがとうございました。

画像,キャスト,朗読劇,TEGAMI 2,諸塚香奈実,小林みくり,上原歩子,江守沙矢,只埜なつみ,後藤夕貴,あゆみ(あゆみくりかまき),琴海りお(Origamillio(n)),岩崎真奈,黒川鮎美

Bチーム座長 後藤夕貴さん、Aチーム座長 諸塚香奈実さん

キャスト

Aチーム:諸塚香奈実、小林みくり、上原歩子、江守沙矢、只埜なつみ
Bチーム:後藤夕貴、あゆみ(あゆみくりかまき)、琴海りお(Origamillio(n))、岩崎真奈、黒川鮎美

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  2. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る