茜結「諦めない気持ちは大事」映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結「諦めない気持ちは大事」
映画『おかざき恋愛四鏡』インタビュー

独自の感性や視点を持つ新人クリエイターを発掘する映画製作プロジェクト《シネマ イン ソムリエ》の第五弾として公開されている映画『おかざき恋愛四鏡。4本のオムニバス映画とブリッジドラマから構成されている本作は、実力派俳優、女優、グラビアアイドル、歌手、アイドル、舞台俳優など様々な分野で活躍するキャストが集結しています。

今回は、本作のオーディションでグランプリを受賞し、全4作の出演を勝ち取り、各作品で様々な女性を表情豊かに演じられた茜結(あかね ゆい)さんにお話を伺いました。昨年放送された有吉反省会でのカミングアウトの数々も話題になった茜さんの役者としての素顔をお楽しみください!取材にご同席していただいた川井田育美監督(『はちみつイズム』)からみた女優・茜結さん論(?)も必見です!

茜結「諦めない気持ちは大事」映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結(あかね ゆい)さん

―――― 今回、岡崎市を舞台に選ばれた経緯を教えてください。

川井田育美監督
オーディションをして4本のオムニバスをやることと、監督も決まっていたんです。プロデューサーからは「製作費を4等分して好きなところで撮っていい」と言われて、場所も東京でもいいし、決まりはありませんでした。その時に、たまたま岡崎市からメールのご連絡があり、「うちの街で映画を撮りませんか?ロケハン代は出します」って、「じゃ、行こう!」って。

―――― ちなみに、タイトルの「おかざき恋愛四鏡」も語呂が珍しいと思ったのですが、このタイトルはどのように決められたのですか?

川井田育美監督
プロデューサーが「“おかざき”は入れよう!」と。“恋愛四鏡”は皆で考えた時に『セイブ・ザ・ガール』の市原監督からのアイディアとして候補になり、「それがいい」という事になりました。

―――― 鏡が映し出す四つの恋愛物語を見たら元気になれるかもしれないという設定ですよね、ありがとうございます。
そして茜さんの場合は、全ての4つのストーリーに全てご出演されていらっしゃると思うので、それぞれの物語において印象に残ったことをお聞きします。
1本目の作品が『セイブ・ザ・ガール』でマルチ商法の創設者・マナミ様役です。マナミ様から見た下々の風景、その一角にある消えそうな恋。それについて役者としての茜さん、役としてのマナミ様の感想をお聞かせください。

 映画『おかざき恋愛四鏡』

マナミ様(茜結さん)

茜結さん
(笑)
元々、悪役をやったことがなかったのですが、台本を読ませていただいた時から台詞の言い回しとかが何となく自分の頭の中でイメージが湧き易いというか、分かり易い悪い奴だなって(笑)。パーティーシーンと控室に入ってのシーンとでは、キャラクターがガラっと変わるので、悪さが沢山出せてとてもやり甲斐がありました。

―――― マルチ商法の教祖様から見ると、世の中はこういう風に見えるんだよね、って感じですかね?

 映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
でも、監督とお話をさせていただいた時に、悪いというよりは、ここまでの地位になるまでの間にこの方も凄い努力をしてきたという裏があるので、完全な悪というよりも、「楽(らく)して稼げるなんて絶対にあり得ないぞ、バカ」って、そっちの方が強かったです(笑)。

―――― そういう意味で「簡単に稼げるわけないじゃん」って言葉があったわけですね。

茜結さん
「努力しろ!」と(笑)。

―――― 一方で、教祖様からは見えなかったと思うのですが、ストーリーの一角に消えそうなちっちゃな恋愛がありました。この恋愛についてはどういう風に見ていらっしゃいましたか?

おかざき恋愛四鏡

茜結さん
真っ直ぐすぎる彼女(美玲:吉岡志峰さん)が、最終的にはまた引っかかるっていうのは意外でした。次は引っかからないで欲しかったなっていう気持ちはあります。

―――― 個人的には男子に観せたいと思いました。
男子の優しさ、純粋なところ、情に流されやすいところって男は皆持ってるわけです。若い時は、女子のことも人間そのものも知らないので、ああいう風になっちゃうから、よく見とけよみたいな。男子に対してはどうですか?

おかざき恋愛四鏡

茜結さん
可哀想過ぎる(笑)
一生懸命に彼女を変えてあげようとしていたのに、彼女の方がもうちょっと変わって欲しかった、悲しいですね。

―――― 彼女みたいに、一途とは違って走り出したらその方向しか見えない女子っていませんか(笑)?

茜結さん 映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
若いのか、のめり込んだらそれしか見えなくて。でも、私もちょっと騙されたら気付かない方のタイプなので、こうなっちゃう可能性もなくはないと思いました。

個人的には騙すよりは騙されるタイプです。信じ込み過ぎてしまう性格なので、気を付けたいと思います(笑)。

―――― 騙すという意味では、今回の教祖様役はほんとに希少価値だったんですね?

茜結さん
とても(笑)。

―――― 2本目の『うわさのわれわれ』はカウンター越しに見える恋愛にまつわる喜怒哀楽。バーを経営するママ(=茜結さん)から見ると、それらが手に取って見えるのかなと思います。それについてはどんな風な情景が見えていたんですか?

おかざき恋愛四鏡

茜結さん
彼女は自分の恋愛に関してはあまりうまくいかないタイプで、だけど周りの恋愛はよく見える。母性的ですし、姉御肌というか、心配性というか。自分のことになると分からないことでも、周りのことだと見えている感じの役でした。

―――― なるほど。非常によく分かり易いです。4作品の中でも『うわさのわれわれ』の大阪弁が印象に残っていて、「男はアホやで」という台詞がメチャメチャ響きました。

映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
本当ですか?言っていて気持ちがイイ台詞でした(笑)。

―――― 印象に残っているので素の茜さんにも一番近い役なのかなと思って観ていました。

おかざき恋愛四鏡

茜結さん
どうなんですかね(笑)、年齢的に自分には合った役だと思いました。

でも、作っていく時、私はもう少しキビキビしたというか、そういう感じの演じ方をしようと思っていたんです。大阪弁だと結構早口になりがちだったりするので、そこを監督と相談させてもらった時に、「ゆっくり喋ってください」と言われて、自分の思い描いている役とは違う感じに作っていただいたきました。

「その方が三人のキャラクターがそれぞれに出て、良くなるので」というお話だったので、私的には母性的だっり、包容力があったりとかは私の中でも一緒なんですけど、キャラクターとしては若干見た目の感じとかは雰囲気が自分の中で違かったので、作り込んだ部分もありました。完成した作品を観た時に、これまでこの感じの役は本当にやったことがなかったなって思えて、凄くいいキャラクターに仕上がったなって。

特に監督が色んなカットのところで私の表情だったり、声の出し方だったり、私の良さを引き出してくれて、いっぱいいいところ抜いてくださっていたので嬉しかったです。

―――― そして、3本目の『タイフーン・ガール』ですけど、相手を見る目のない姉・小島遊透子(=茜結さん)から見た妹ってどのように見えていたのでしょうか?ちょっと恋愛に対する嫌悪感を抱いてしまっているような妹でした。

映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
実際は、何でそんなに暗いの?というか、何でひねくれた考え方をするんだろう?みたいな。

―――― それは役柄としてですか?それとも茜さんとして?

茜結さん
どっちもです。「もったいないな」って、「もっと人生を楽しんだらいいのに」って見ていました。だけどやっぱり可愛い妹なので、役的には私のいない所でお姉ちゃんのことを心配してくれている妹なので、凄く可愛らしいなと思います。
個人的には、妹のやりたいようにやればいいから、私は私の道を行くよみたいな感じで自由奔放に楽しく演じることが出来ました。

映画『おかざき恋愛四鏡』

―――― そして最後、川井田監督の「はちみつイズム」は、漫画家を応援する編集長であり、漫画家に対しての応援を越えて、リアルな恋愛も応援する役柄でした。ヒロインの気持ちも大事にしてあげている編集長だったと思いますが、いかがでしたか?

映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
彼女(ヒロイン:雛子)は凄く頑張っていて、基本的に頑張っている子を応援したいという編集長の想いがありつつ、頑張り方の方向性が微妙にズレているというか。だから、もうちょっとこうしたらいいのになっていうヒントを与えながら、編集長らしくも編集長じゃないキャラクターとして演じさせてもらいました。

―――― 最後に雛子が締め切りに「間に合うのかな?」って心配している編集長の様子は、編集とか仕事というよりも、チャンスを掴んで欲しいという願いのようでもありました。

おかざき恋愛四鏡

茜結さん
そうですね、親身になって考えていますよね。

映画『おかざき恋愛四鏡』

―――― この4作品を1つの作品として捉えた場合ですが、どのように感想をお持ちになりますか?

茜結さん
私もそうですし、映画を観てくださった方もそうだと思うんですけど、本当に自分が持っている恋愛観とかで生きていると思うんです。だけど、そうではない世界が世の中には沢山あって、それが本当にいつ自分の身に降りかかってくるか分からないし、その時に、一体自分はどんな気持ちになるんだろう?っていう未知な世界が凄く沢山あると思うんです。この映画を通して色んな恋愛があって、考えさせられるというか、自分がもしこうだったらどうだろうとか、今後恋愛するにあたっても色々考えさせられる作品だと思います。

映画『おかざき恋愛四鏡』

―――― 色々な恋愛のパターンがあるので、それをある意味客観視出来るので面白いですよね。パンフレットでは、茜さんにとって「恋愛って何だと思いますか?」に答えていらっしゃいますが、ちょっと角度を変えて、茜さんにとって「人間の魅力」とは何でしょうか?

茜結さん
人間の魅力ですか…。

最終的には、自分をちゃんと愛する人が他人も愛するんじゃないかと思っています。
そして、幸せな気持ちや温かい気持ちは、自分の中で生まれるよりも人と繋がって人に与えられることの方が多いので、恋愛だけではないかもしれないですけど、相手からもらうものって凄く深いなって思います。自分はもらう側だけど、自分も知らず知らずのうちに相手に影響を与えているんだなということも感じたりします。

映画『おかざき恋愛四鏡』

―――― なるほど。恋は盲目ともいいますが、自分が見えない状況において相手を追いかけてしまうことがあると思います。改めて、自分が見えている状況とはどういう状況なのでしょうか?(笑)

茜結さん
私は自分が見えなくなるタイプなので何とも言えないです(笑)。
人の良い所を見つけるのが得意なので、別に恋愛感情じゃなくても「あっ、いいな」と思えたら(その人のことが)良くなったりするので、私に聞いてもダメかもしれない(笑)

―――― 恋愛関係においては自分が見えなくなってしまう、そんな自分を嫌だと思わずに受け入れることも自分が見えているってことなのかなと、お話を聞いていて感じました。相手から見れば、そういった気持ちを魅力的だと感じてくれるかも知れませんね。

茜結さん
新しい自分が発見出来たりとかしますもんね。

―――― 「人が人に喜びを与えられることが一番強い」という、茜さんが好きなお話に繋がるような感じを受けました。

茜結さん
まさにそうだと思います。
「最も多くの人を喜ばせる人が、最も大きく栄える」みたいな。

―――― 先日TVで、北野武さんと綾小路きみまろさんがお互いに切磋琢磨してきた駆け出しの頃の逸話が紹介されていました。一生懸命お客さんを笑わせようと思って、芸を真似てみたりして頑張っていたそうですが、そこにも通ずることだと思いました。

茜結さん
想いは絶対に伝わると思います。嫌いだった人でもアプローチされ続けたら、気持ちが変化したりするじゃないですか。本当にあると思うんです。

諦めない気持ちは大事だと思います!

―――― 確かにそうですね。ちょっと話は変わりますが、ご自身のキャスティングの経緯を教えていただけますか?

茜結さん
オーディションですね、グランプリを獲ったので。グランプリは4作品全てに出演出来る権利が与えられるので、出演させていただきました。

―――― 流石です!川井田監督とは元々ご縁があったのですか?SNS上では非常に親しそうなツーショットが紹介されていました!

映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
メッチャ見られてる!(笑)

この作品を通して凄く仲良くさせていただくようになりました。
監督の感性とかが凄く私は好きで、そして私も監督と似ている感性が沢山あるんです。衣装もそうですけど、自前が多いのですが、「この衣装でやりたいです」と言った時に監督も「メッチャいいじゃん!」って言ってくれることが多くて。台詞でも「こういう風に思っているけど、どうですか?」と伺った時も、私に合わせてくれていると思うんですけど(笑)、「あっ、それいいね」と言ってくれることが多いんです。好みが似ていると思うことがあって、そこからよくお話をさせていただいています。

―――― あえて意地悪な質問ですが、監督からダメ出しされたことはないですか(笑)?

茜結さん
ないですね(笑)

川井田育美監督
ないですかね(笑)
でも、最初は“厳しい”編集長さんを演じてくださったんです。ただ、茜さんのイメージとしても可愛いらしいイメージがあったので、「そういう風にやっていきたい」とはお願いしました。一見、バカッぽく見えるけど妙に仕事が出来る人、周りにも慕われている人、そういうイメージでした。

映画『おかざき恋愛四鏡』

―――― いきなり編集長が雛子の作品にダメ出しするところは結構厳しかったですけど、その子のことちゃんと見てくれている、信頼のおける編集長でしたよね。

茜結さん
役者としては色んなパターンを持っていて、監督に見ていただいた上で、どれがいいか?作品に相応しいか?それを演じるのが役者だと思うので。あの形に決まりました(笑)。

―――― 次回の川井田監督作品への出演も決まったようなものですね!

茜結さん
決まりたいです(笑)

―――― 今回の作品では色んな茜さんを見ることが出来たので本当に面白かったです。

茜結さん
ありがとうございます!

―――― 当初、作品を観た時に『セイブ・ザ・ガール』の教祖マナミ様と、『うわさのわれわれ』のバーのママが同じ茜さんだとは気が付きませんでした。

茜結さん
『タイフーン・ガール』のお姉ちゃんの役と『はちみつイズム』の編集長が若干似ているから、私的には変えたい気持ちもあり、少し手厳しい編集長にしたんです。説得したり、恋愛に対してアドバイスする時に、そこで優しい編集長を見せるためには、ちょっとスタートは厳しめな感じに見せておきたいなっていうのがありました。

―――― 今後の女優道、どういう女優さんを目指されていかれるのか。どう自分を見せていかれたいのか。その辺のところをお聞きしたいです。

茜結さん
大阪では舞台を中心に活動していて、映像の仕事をするために東京に出て来て大きな役をいただいたのは今回が初めてでした。今後、自分の思った役作りとかもあるんですけど、監督と喧嘩したりとか、よく聞くじゃないですか。でも、私はどちらかと言うと監督の要望にすぐに応じられるような役者でありたい、柔軟性のある役者を目指していて、「こっちも出来るけど、こっちも出来るんだよ」っていう、そういう一つではないその場その場で対応できる役者として、今後も活躍していきたいと思っています。

―――― いろんな役に対応出来る役者としての幅、映像でも舞台でもと、応援しています!
最後に作品の魅力、オススメのポイントなど、映画ファンに向けてメッセージをいただけますか?

映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん
恋愛オムニバス4作品がそれぞれ色々な恋愛の形で、どれも正解も不正解もなく、自分にいつ起こるか分からない、そういう物語なので、それを通して恋愛観だったり、今後の自分を見つめ直すじゃないですけど、そういうのを感じてもらえたり。恋愛も若い時の考え方と大人になってからの考え方が変わると思います。だから、思い出したりもしてもらえたらいいなと思います。どれか必ず響くものがあるんじゃないかなと思います。

―――― 「恋愛に対してもっと前向きになろうよ」というメッセージも感じました。

茜結さん
恋愛は本当に人生を豊かにすると思うので、どんな恋愛でもするべきだと思います。

私も夢を持って、(恋愛で)成功したいので頑張ります!(笑)

映画『おかざき恋愛四鏡』

茜結さん:(恋愛で)成功したいので頑張ります!(笑)

―――― 監督の方から茜さんの魅力について一言お願いします。

川井田育美監督
このオーディションまで茜さんのことを知らなかったのですが、出来上がった時に本当に違う人に見えました。オーディションでもお芝居は上手な方だなと思っていたんですけど、上手くそして使い分けが出来る役者さんはそれほど多くはないと思うので、どんな役でも出来ることがこの映画で皆さんに伝わりますし、色んな役が出来る役者さんでいて欲しいと思います。

年齢も先日公表されて(笑)、そういうことも含めてよい方向に向かっていくのかなと思います。年相応の役も出来ますし、お若く見えるので若い役も出来ると思います!

茜結さん
嬉しいです!

―――― 最後に監督からもメッセージをお願いします!

川井田育美監督
監督それぞれが別々のものを作り、切り取った写真を並べても全然違うので、オムニバスの良さがすごく表れている作品だと思います。色々な恋愛の形と、色々な作品へのアプローチを楽しんでいただきたいです!!


プレゼントキャンペーンのお知らせ!

茜結さん直筆サイン入りパンフレットを1名様にプレゼント!
@eiga_log_plus をフォロー、ツイートをRTで応募!締切は3/25(水)23:59
■twitterにてご応募ください
1.映画ログプラス公式アカウント @eiga_log_plus をフォロー
2.対象ツイートをリツイート
応募期間:3/20(金)~3/25(水)
\皆様、奮ってご応募ください!/
※対象ツイートのRT締切:3/25(水)の23時59分
※当選者には3/26(木)以降DMをお送りします
※当選後、DMが届く前にフォローを外すと当選権利が無効となります
※ご応募の際にいただいた個人情報は、キャンペーンの抽選及び当選者への連絡にのみ使用します。

 

映画『おかざき恋愛四鏡』
センチュリーシネマ(名古屋パルコ東館8F)にて2020年3月20日より公開中!

映画『おかざき恋愛四鏡』予告動画

©おかざき恋愛四鏡
公式HPはこちら

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,いざなぎ暮れた。
    ■イントロダクション 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するため製作された…
  2. 画像,一度死んでみた
    ■ストーリー 父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。売れない…
  3. 画像,踊ってミタ
    ■イントロダクション 主人公の三田を演じるのは、幅広い役を演じて評価を高め、若手実力派俳優として注…
  4. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  5. ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』 希望で魂を満たす奇跡の感動! 息を吞む…
  6. 画像,GEEK BEEF BEAT
    ■イントロダクション 演劇界の異端児・鳥皮ささみが初監督!主演・音楽に孤高のポエトリー・ラッパーの…
  7. 画像,もみの家
    ■イントロダクション 本作は、昨年ブルーリボン賞、報知映画賞などで新人賞を多数受賞した注目の若手実…

Facebook

ページ上部へ戻る