ラッパー・狐火に映画撮影の洗礼!?映画『GEEK BEEF BEAT』公開記念単独インタビュー!

   
映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

ラッパー・狐火に映画撮影の洗礼!?
映画『GEEK BEEF BEAT』
公開記念単独インタビュー!

孤高のポエトリー・ラッパーの狐火(きつねび)さんの、書き下ろし曲満載で送るルーズでハートフルな家族の成長物語、映画『GEEK BEEF BEAT』が新宿K’s cinemaにて本日3月21日(土)~3月27日(金)に1週間限定で公開中です!

今回は、宮城の片田舎で妻の雪子(役:内田慈さん)と中学生になる娘の花(山口まゆさん)と3人で暮らす東野春男36歳を演じた主演の狐火さんに、撮影の思い出や鳥皮ささみ監督や共演者の皆さんとの楽しい?!エピソード、そして本作品の見所などたっぷりとお話を伺いました。

映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

主人公・東野春男役の狐火(きつねび)さん

―――― 鳥皮ささみ監督は、MOOSIC LABの直井卓俊さんから狐火さんのご紹介を受けたと仰っています。そもそも狐火さんと直井さんとはどの様なご関係なのですか?

狐火さん
松居大悟さん率いる劇団ゴジゲンの中に奥村徹也さんって方がいらっしゃるんですね。その奥村さんが2018年のMOOSIC LABに参加した際に、アーティストとコラボする企画なのでどうしようか?ってなった時に、松居さんが僕のことを紹介してくれて、一緒に『cat fire』という短編映画を作らせていただきました。

全然評価は良くなかったんですけど、それが映画の初主演で、その時に直井さんが観てくれて、僕は自信も何もなかったんですけど「良かったら今年もやってみませんか?」みたいに言われて。で、紹介されたのが鳥皮ささみ監督だったんです。

―――― 共演されている内田慈さん&山口まゆさんに鳥皮監督の印象をお聞きすると、明確なイメージを持って撮影に挑んでいるのではないかといった感じを受けます。狐火さんから見た鳥皮監督の印象はいかがですか?

狐火さん
『cat fire』はドキュメンタリーに近い形で、台本も少しはあったんですけど、ほとんどない感じだったんです。今回はガッツリ台本もありますし、ここはこうして欲しいといった演技指導もすごく入っていたので、、、そうですね、、、確かに何度も何度もやらされましたけど、、、でも僕が素人だからとか、そういう足らない所があるからだなと思ってやっていました。

ただ、宮城県で5日間撮影しているんですが、その最終日の早朝5時くらいですかね、田んぼの真ん中200メートルぐらいの距離を往復6本全力で走るっていう、ほんとは一本で良かったんだと思うんです。けど、「もう一本行きましょうか」、「もう一本行きましょうか」って、結局6本ぐらい走った時に、ちょっと貧血で倒れて肩を怪我してしまった時に“あれ?でもこんなに走る意味あったのかな?”ってちょっと思ったフシはありました。

何があっても初めてのことで、鳥皮さんも長編監督が初めてなので、お互い何が正しいのかわからない状態で撮影したんです。でも多分、内田さんと山口さんがやられているのが正しいとは思うんですけど。

―――― “走るシーン”はやはり最後の方が使われたんですか?

狐火さん
いや、序盤の勢いがあった時と貧血で転んだものと、貧血で転んだあとにもう歩くことしかできないシーンなど、ちゃんと3回使って頂きました。

その時は「俳優さんって大変なんだな」って思ってたんですけど、撮影が終わり内田さんに「こんなことがあったんですよ」って話をしたら、やっぱり「それは、ひどい!」って(笑)「監督ひどい」って(笑)。

映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

―――― (笑)ところで、作中の歌詞は鳥皮監督から指示があったのですか?

狐火さん
そうですね、撮影前にシチュエーションだけが最初に渡されて、「曲は好きに書いてもらっていいです」ということでした。出来上がった曲を観ていただいて、直しがやや入ったりはしましたけど、そこまで大胆な直しではなく、基本的には自分で書かせていただきました。

―――― 撮影中は、監督の家で皆さん食事を頂いたそうですが、飲んだりした時の面白い話やその他エピソードはございますか?

狐火さん
撮影の時は監督もみんなもイッパイイッパイだったので、お酒を飲んだりとかはありませんでした。

でも、もしかしたら内田さんからお話をお聞きになっているかもしれませんが、宮城でレンタカーを借りて監督が運転し、その後東京でも撮影があってやっぱり監督がレンタカーを運転しているんですけど、僕が見ているだけでも3回はぶつけました(笑)

よほどイッパイイッパイだったんだと思うんですが、路肩の石とか、都内でも壁にすっちゃったり。僕と山口まゆさんと内田慈さんと監督が4人で乗っていて、監督に運転していただいたんですけど、コンビニに入って「何か買いましょうか?」って時に、監督がドライブのまま車を下りたので、車がまっすぐ走って縁石にぶつかるみたいなこともありましたし、それも5回ぐらい(笑)

映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

―――― ストーリーの中でも、“こんなものを車に装備すれば事故が無くなる”ってシーンがありました。撮影している監督が事故っていたんですね(笑)

狐火さん
実は、最終日もパトカーを呼んで終わっていて、監督だけ事情聴取を受けいて、みんなは帰っていきました。レンタカー屋さんのブラックリストに載っているかも(笑)。

それと、スタッフさんが少なかったこともあって、監督のお母さんが大活躍。みんなの分のお弁当を買って来てくれたり、お夕飯もそうですし、監督の9割はお母さんで持っていたというか(笑)、監督の悪口みたいになっているけど、ほんとにお母さんに良くしていただきました。

―――― 予算が問題で運転手がいないのであれば、是非映画ログスタッフを呼んでいただければと思います!代わりにメイキング動画とかを優先的に撮らせていただきます(笑)

狐火さん
最終的に僕も運転手になりました。よく考えたら免許を持っている人が車の数と合っていなかったので、「僕、持ってます!」ということで。鳥皮監督の車に乗るの怖かったので、自分で運転しました(笑)。

―――― 面白いですね(笑)ではここから、内田慈さんと山口まゆさんの印象をそれぞれを教えていただけますか?

狐火さん
山口さんは最初本読みの時に顔合わせをさせていただいて、その次に会ったのが宮城県の撮影の時だったのですが、そこで花(役:山口さん)に急に怒られるシーンを撮るんです。

―――― 花からオルゴールを投げつけられてました!

映画『GEEK BEEF BEAT』

狐火さん
そうです!考え過ぎちゃダメかも知れないんですけど、撮影していない時でもなんか僕、山口さんから無視されているような気が・・・(笑)分かんないですけど、それくらい迫力あるような、凄いなと、メチャクチャ自分は嫌われてるってほんとに思ったんです。

(山口さんの)泣きながらの演技とかも、監督が何度もやらせて。その時はオルゴールを、台本上だと“僕に当てる”って書いてあったんですけど、実際用意されたオルゴールがこのくらいの木箱だったんですよね。当たったら危ない感じ。監督も「実際、当てたら怪我するかもしれないので、布団の上に投げつけましょうか」っていう話があったんですけど、まゆさんは一回目、僕の脛(スネ)に当ててきました。ムチャクチャ痛かったんです(笑)

―――― あれですか?あれを?布団から跳ね返ってってことですよね?

狐火さん
いや、そのまま当たったんです(笑)。でも、まあ感極まって間違えてしまったのかな?と思ったんですけど、その後に、鳥皮監督から「じゃ、もう一回いきましょうか」ってなった時も、全く同じ場所にオルゴールが飛んできました。

―――― あ~、それはわざとだ(笑)

映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

狐火さん
わざとかぁ(笑)

分からないですけど、女優さんって凄いなぁと思いました(笑)。コントロールも全く同じところに来たんです。ウソッ!て思ったんですけどね。
でも、最後田んぼの真ん中で仲良く歌うところが凄く楽しかったです。それで、仲良く終わることが出来ました(笑)。
僕は独身ですし、父親でもないんですけど、父親にさせてもらったようなところもあるので、凄く引っ張ってもらったような印象です。

そして、内田慈さんは同い歳だったんです。何も知らない感じで撮影に入っていった訳ですけど、色んなことを最初から教えていただきました。
台風の影響で初日に音声さんがいなかったんです。そこで自分が「音声さんっていないもんなんですかね?」とか聞いたら「普通はいますよぉ」って(笑)。当たり前のことから教えていただいて、ちゃんとオカシイことはオカシイって監督にも。自分には何がオカシイのかさえ分からなかったので、逆に内田さんに言って頂いて。僕が車の運転をしてたら、それも「オカシイ!」って監督に言って頂いて、ほんとに引っ張ってくれましたし、とても優しく落ち着いて現場を見てるような方でした。

最初は正直メチャメチャ怖い方なのかなと思ってたから(編集部:お互い同じことをおっしゃってました)ちょっとうろたえていたんですけど。

―――― さすがベテランのオーラを感じる方なんですね。実際に雪子(役:内田さん)の様な奥さんがいたらどうですか?

狐火さん
雪子は結構変わってますもんね。どうなんですかね、、、本作みたいに劇的なことはなく、一生が終わるかもしれませんね。

初日と二日目は内田さんと山口さんに(雪子と花に)ひたすら罵倒され続けたので、意外と疲れました。撮影に入るまでは、台本を読んでる上でも、そんなに傷はつかないだろうと思っていたんですが、いざ始まってみれば、、、ボロボロになりました(笑)すごいなと。

映画『GEEK BEEF BEAT』

―――― さすが俳優さんですね、リアルなんですね。

狐火さん
しかも鳥皮監督が何回もやらせるんで、僕の台詞というか頷くぐらいしかない所なんですけど。音声さんにも途中から「頑張ってください」と励まされながら、ずっと耐えるみたいな。結構体力を吸い取られました。

―――― また、本作では春男(役:狐火さん)の頭の中に脳内ラップが流れています。この様な現象は現実に起きるものですか?

狐火さん
実際は結構起きます。

『GEEK BEEF BEAT』の中の役柄と日常とが割と近い部分があったりします。言いたいことをパッパと言えるタイプではないので。やっぱり仕事中に上司に怒られたりとか、嬉しい時は全然起きませんが、怒られたりする時は、脳内ラップじゃないですけど、一回休憩室に行って、頭に浮かんだことを書き留めたりします。今、37歳なんですけど、27歳から毎年その年のリアルを歌わせて頂いているんですけど、34歳までは上司の悪口を。

映画『GEEK BEEF BEAT』

―――― 上司に対する直接的な悪口ではなく、客観的にも納得できるような歌詞になっていらっしゃるんですよね。

狐火さん
そうですね、さすがに上司の悪口だけストレートに書いても僕と上司しか分からない話になってしまうので(笑)。皆さんが分かりやすいような歌詞になっています。

―――― そして、脳内ラップで意識が飛びながらも春男さんはひたすら我慢しています。鳥皮監督からはどういった演技指導があったのですか?

狐火さん
そうですね、「唇をひたすら咬んでいてください」って。咬み方も「唇を前に出す咬み方でお願いします」って言われました。「それ以外の咬み方は逆にやめて下さい」と。昔からのクセ感を出したかったそうで、唇を咬み間違えるだけで怒られました。咬むだけのシーンを何回もやりました。

―――― 監督に対するラップができそうですね(笑)。ラップについてですが、通常の音楽の歌詞はポエムっぽいと思うのですが、ラップの歌詞はズバリ言葉をリズムに載せている感じがします。

狐火さん
一般的にラップは韻を踏んだりとかがあると思いますが、自分のラップは詩の朗読に近い様な形です。一番やりたかったのが、言葉遊びではなくて、伝えたいことをシンプルに伝える手法という感じで考えてます。

最初はずっと韻を踏んだラップをしてたんです。24歳の時に地元の福島県から東京に出て来たんですけど、それまでは今の「フリースタイルダンジョン(テレビ朝日)」とかがあって、ラップバトルとかが流行っているんです。そういうラップをずっとしてたんですけど、東京では上には上が沢山いらっしゃいます。自分だけのオリジナリティーを出さないと、どっちにせよ生き残っていけない。そこで始めたのが、韻をふむことを無視した、伝えたいことだけをシンプルに、色々な言葉を使って伝えていくような感じです。

映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

―――― この映画を通じて初めてラップはこういうものなんだと感じました。
校内放送での春男の叫びに「なにこの歌?」「お父さんあの歌なに?」と妻の雪子は反応しています。雪子には歌として聞こえているところがポイントで、ラップとはこういうものだと監督が伝えてくれたと思っています。

狐火さん
多分監督の唯一の優しさだと思います(笑)

でも、そうかもしれない。あそこに行くまでの3曲は、最初に監督に言われていたんですけど、「割と韻を踏んでラップ・ラップっぽい感じで韻を踏んでやっていって欲しくて、最後の校内放送だけは、今の狐火さんの状態で、こう、、、詩の朗読に近いこう感じでやって欲しいんです」と言われました。

そういう、、、何か汲んでくれたんだと思います。

―――― 監督はラップにお詳しいんですか?

狐火さん
どうなんでしょう?よく分かんないんですけど、直井さんに紹介してもらってから僕のことを調べてくれたんじゃないかな。だいぶ調べたんだと思います。

―――― 隠れてライブに来たりは?

狐火さん
いや~、一度も隠れて来てくれたのは見たことないですね(笑)。

―――― ストーリーがシンプルな割にはコミカルに描かれていて面白くて、なお且つそこに狐火さんのラップが軸として存在感を醸し出しています。そういう点で監督は随分と練りに練って考えているなと感じました。

狐火さん
僕も撮影は辛かったですけど、全て終わった後に完成したものを見たら、やっぱり頑張って良かったなって思えるようなものになっていました。
監督はだいぶ先をみながら、車の運転もされたんだと思います(笑)。

―――― (笑)校内放送のシーンはやはり何パターンか撮られたのですか?曲があったりとか?

狐火さん
いや、実際の中学校を朝8時くらいにお借りして、そうですね、アカペラのパターンだけを5回ぐらい撮りました。最初から監督の中ではアカペラで行くと決めていたと思います。

―――― なるほど。それでは最後に反抗期の子どもさんを抱えた全国のお父さんへの励ましのメッセージを込めていただきつつ、ラップファン・映画ファンへのメッセージをお願いします!!

狐火さん
(全国のお父さんに…)結婚して娘がいたらあれですが、そうですね、、、

自分の父親が65歳ぐらいなんですけど、今回、曲を作る上で自分が子供の頃にお父さんがどうだったか?を照らし合わせて最後の放送室の内容とかは創らせていただきました。

子供の自分と今の自分を照らし合わせていくと、意外と大人になってからも父親がしてくれたことはとっても覚えていたり、それこそ肩車をしてもらったり、父親の伸長では見えないものを子供には見せてあげようという気持ちだったりはずっと色褪せずに残っているものだと思います。いつか、こう、、、口に出さなくてもなんていうか、実は子供はずっとそういう気持ちを覚えていて、表面的には反抗期だったり、あまり会話が無かったりするけれども、そういう想い出は絶対に残っているとお伝えしたいです。
それは、映画を通してもそうですし、自分の実体験を通してもそうなので、長い目で優しく見守ってもらえるとうまく行くのかもしれないと思います。

映画の見所は、自分ではほんとにここ数年で一番頑張ったというくらい、経験したことのないことの連続の中、5日間宮城県で撮影させていただきました。その後東京でも2日間ぐらい妄想ラップのシーンを撮ったりしましたけど、終わった時はやっと終わったという気持ちでした。でも、ちょっと経つと、撮影していた宮城県で映画の中の自分が今も生活しているんじゃないか、という変な気持ちになります。ここで終わってしまうのはちょっと名残惜しい気持ちもあります。他にも田んぼの真ん中を走って転ぶシーンも映像に残っています。

上手く表現できないですけど、みんなで何かを創る、普段は一人でラップしているので、監督のお母さんが作ってくれたご飯を食べたり、こういうことなんだなという雰囲気が映画の中に凝縮されて出ていると思います。自分はたまたまラップという手段があったから、今回の様な終わり方が出来ていると思うんですけど、何かしら誰にでも挽回する手段はあると思います。

メチャメチャ元気になるような映画じゃないけど、少しだけ元気になって頂けたらなと思います。

映画『GEEK BEEF BEAT』狐火

―――― 楽しいお話、ありがとうございました!!

3月21日(土)~3月27日(金)1週間限定公開!!
新宿K’s cinema

予告動画

あらすじ・ストーリー

東野春男36歳、宮城の片田舎で妻の雪子と中学生になる娘の花との3人暮らし。
口下手なためか家でも職場でも邪険に扱われている春男の唯一の楽しみは『ラップ』現実では言えないことは脳内でラップにして鬱憤を晴らし続ける春男のありふれた(?)毎日。現実で飛び交う罵声罵倒!加速し続ける脳内ラップ!迫り来る家族の危機!
笑いあり、涙あり、ミュージカルあり?!ラップで(きっと)解決する(かもしれない)家族の物語が幕を開く!!!

キャスト

狐火、山口まゆ内田慈、蒼波純、亀岡孝洋、植田祥平、久我真希人、古木将也、森田ガンツ

■監督・脚本:鳥皮ささみ

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』
    あなたの子どもが人を殺したらどうしますか? 映画『許された子どもたち』 少年犯罪を映画化 …
  2. 画像,ホワイト・クロウ
    おすすめ映画!バレエ編 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 『ボリショイ・バレエ 2人のスワン…
  3. 画像,ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    再上映中!! 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』 代筆を通し…
  4. 映画,一度も撃ってません
    先日、石橋蓮司(いしばしれんじ)、大楠道代(おおくすみちよ)、岸部一徳(きしべいっとく)、桃井かおり…
  5. 画像,映画,あらすじ,ストーリー,はちどり,韓国,キム・ボラ,パク・ジフ,キム・セビョク,イ・スンヨン,チョン・インギ
    ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞! 韓国の単館公開としては異例、 公開1か月で…
  6. MOTHER マザー,画像
    母と息子。ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作 映画『MOTHER マザー』 長…
  7. ルース・エドガー,画像
    人間の謎めいた本質、アメリカ の理想と現実をえぐり、 全米で絶賛されたサスペンスフルなヒューマン…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

ページ上部へ戻る