有澤樟太郎さん&伊万里有さん【インタビュー】連続テレビドラマ『田園ボーイズ』

   
『田園ボーイズ』有澤樟太郎さん、伊万里有さん

連続テレビドラマ『田園ボーイズ』
有澤樟太郎さん&伊万里有さん【インタビュー】

2020 年1月より、テレビ神奈川、TOKYO MX など全国 11 局他で放送された連続テレビドラマ「田園ボーイズ」で主演のシンジ役を務める有澤樟太郎さんとカタオカ役の伊万里有さん。お二人は大人気ミュージカル『刀剣乱舞』など舞台を中心に活躍されている実力派俳優です。今回の作品は『岬の兄弟』の松浦祐也さんや『痛快 TV スカッとジャパン』で大ブレイク中の木下ほうかさんとの共演にも注目です。

先月、5月23日からはついにBlu-ray&DVD-BOXの発売もスタートした『田園ボーイズ』の見所や共演キャストとのエピソード、プライベートのマイブームまでたっぷりお話を伺いました。

『田園ボーイズ』有澤樟太郎さん、伊万里有さん

有澤樟太郎、初主演に驚き!

―――― まず、最初に『田園ボーイズ』の企画書を拝見された時の感想を教えてください。

有澤樟太郎さん
僕が主演だとお話をいただいて、しかも連ドラ初主演ということで正直信じられなかったです。顔合わせに入るまで本当かな?と思っていたので、すごく嬉しかったです。

企画書の内容を読み、何かしら仕掛けがあるのだろうなと思いました。

『田園ボーイズ』有澤樟太郎さん

シンジ役の有澤樟太郎さん

―――― ガソリンスタンドのシーンから始まって、本当にあの町、あのガソリンスタンドにいるお兄さんようなリアル感を感じました。

有澤樟太郎さん
地方出身なので、そういうシーンはこだわりを持って臨みました。

―――― 伊万里さんはいかがですか?

伊万里有さん
最初に見た時はとにかく笑いました。
当初は樟太郎と僕しか聞いてなくて、他の配役は誰になるんだろう?と気にはなりました。頭の中で色々な想像をして、その後に配役を聞いて、絶対に面白くなるだろうと根拠のない自信がありました(笑)。特に脚本チームが凄いなと思いました。

―――― 有澤さんは地方出身とのことですが、今回の撮影場所は関東近郊だったのでしょうか?

有澤樟太郎さん
茨城です。通いだったので、毎朝6時半に都内を出発し、夜遅くに帰宅の日々でした。
オープニングにドローンで田んぼの引きを撮るシーンがあるのですが、操縦士さんもよく自分のいる場所がわかったなって。それくらいずっと同じ景色が続くんです。移動中も運転手さんもよく場所がわかるなと関心していました(笑)。

伊万里有さん
しかも、メッチャ道幅狭いよね、ここ通れないよって。

有澤樟太郎さん
撮影中もカエルの音と一緒に。
でも、ロケーションがいいので、それだけで楽しめました。

伊万里有さん
ずっと田舎に行きたかったもんな、僕ら毎日癒やされてました。

有澤樟太郎さん
偶然にも田舎を欲していた時期で。
ラジオをやっているんですけど、その中でロケはどこに行きたいですか?と言われた時に「田んぼ」と答えるぐらい2019年は「田んぼ」に行きたい欲が強くて、このドラマのお話をいただいてそれが一つ叶いました(笑)。

伊万里有、爆笑節約エピソード!

―――― それは懐かしさ、それとも故郷に戻りたいなっていう気持ち?

有澤樟太郎さん
東京だとなかなか見られないじゃないですか。兵庫へ帰る時に新幹線で田んぼ見ると、ここで一日過ごしたいなって。

伊万里有さん
僕の地元はああいうところで、レベルが違うぐらいの田舎なので実家に帰って来たなって感覚でした。
撮影中に良かったなと思ったのが、ビビるくらいお金を使わなかったので物凄い節約になりました。何もないから、何かを買うことすらできない。

『田園ボーイズ』伊万里有さん

カタオカ役の伊万里有さん

有澤樟太郎さん
マジで7~8月の領収書がメッチャ少ない!

伊万里有さん
使う場所が一切なかったです。

―――― 例えば、ロケバスで行って帰って来る時、お酒を飲むとかもあったのでは。

伊万里有さん
違うんですよ。疲れすぎて。次の日の朝6時半だから、逆算したら5時起きじゃないですか。家に帰宅すると24時なので、お酒を飲んだら起きられないんです。しかも、台詞も覚えないといけない、毎日毎日。そうなってくると24時間体制なんですよ。通称、監禁ですね、これは。

(爆笑)

―――― そうすると撮影が終わってホッとした気持ちもあるのではないですか?

有澤樟太郎さん
逆に、非日常みたいな感じでした。ずっと田んぼにいたので、渋谷とか久々に行ったらこんなに人がいたんだって。

伊万里有さん
震えたもんね(笑)。
でも、新宿と横浜だけ1日ずつ撮影はあったよね。歌舞伎町のロケも早朝だったので、なんかまた雰囲気が違ったよね。

有澤樟太郎さん
早朝なのに人が多く、帰宅してない人たちが一番テンション高い時間帯でした。

個性的な共演キャスト 田中尚輝、松浦祐也、木下ほうかを語る

―――― 違う新宿の顔が見える時間帯なのですね。
冒頭に伊万里さんから他キャストの話題もありましたが、ヤスオ役の田中尚輝さんについてのエピソードなどはありますか。

田園ボーイズ

伊万里有さん
好青年やし、動ける!

有澤樟太郎さん
アクロバットダンスに特化していて、尚輝が出ている作品もアクション系が多くて。
尚輝としてはこういう動かない芝居は珍しいんじゃないかな。でも、尚輝の特性も活かされていて、ヤスオとして入っている意味を(本人は)絶対に分かっていると思います。

―――― 公式ホームページのコメントにも、新しい配役で「勉強させてもらいました」とあったので、そういう意味もあったのですね。

有澤樟太郎さん
最初は公務員姿、似あうのかな?って思ったんです。普段がダンサーっぽい雰囲気があるので。

伊万里有さん
最初のシーンがヘルメットとメガネ姿で(笑)。

有澤樟太郎さん
松浦祐也さんに関してはこの作品の支柱でした。私生活もカメラが回っている時も、素晴らしい方です。

伊万里有さん
昭和のまま生きている人みたい。ケータイもガラケーだし、LINEもしてないし。昭和のまま凍ったままこっちに来たみたいな。

有澤樟太郎さん
現場にタバコしか持って来ない。

(爆笑)

有澤樟太郎さん
いろいろなことを経験しているし、本当に立ち姿だけで様になっているよね。

伊万里有さん
経験してきた映像の話やプライベートの話、特に色んなバイトをした話がメチャメチャ面白かった。

―――― 例えば、何か一つエピソードを披露していただけますか?

伊万里有さん
ソーラーパネルを設置するバイトの話とか。泊まり込みでやらないといけない。それが大変だみたいな。男しかいないし、臭いから最悪だった。でも、超お金を貰えたみたいな。

有澤樟太郎さん
よく若手の役者は「やりすぎるまでやれ!」と言われるじゃないですか。そのお手本ですよね。監督に何回も止められて「松浦くんちょっとやり過ぎ」って。「ちょっと抑え気味でやってみようか」って。(監督からの)ダメ出しがそれしかないみたいな(笑)。

―――― ご自分でも色々なトライをされているのかもしれませんね。イケメン4人と書かれているので、どう触れようかなって(笑)。

伊万里有さん
昭和のイケメンですから!!

―――― また、「スカッとジャパン」等数々の作品でご活躍の木下ほうかさんも、色々な意味で面白い方だと想像しているのですが。

2.5次元俳優躍動!田園ボーイズ

木下ほうかさん

有澤樟太郎さん
すごい面白い方ですよね。秀逸というか、祐也さんとはまた違う面白さで。

伊万里有さん
シャキーン!としているよね。

豪放磊落(ごうほうらいらく)が祐也さんだとしたら、真面目でもないけど秀才、計算されたような人だなと。なのに、夜になると「飲み行くわ」って。

有澤樟太郎さん
芝居とカメラが回ってないところにあまり差がないので、ナチュラルだなーと思いました。一つ一つの言葉や台詞の言い回しが面白すぎて、例えば1話で被っている帽子をなぜか上に向けているんですけど、そもそもそういう帽子じゃないんですけどね(笑)。

「はい、本番行きます!」となった瞬間にカクって上を向いていて、それを見た瞬間面白過ぎて。

(爆笑)

有澤樟太郎さん
そうなってなかったのに。面白いことは何一つやってないってテンションでやるので、それが面白くて。

―――― 笑いのツボを抑えていらっしゃるんですね。

伊万里有さん
面白いことを分かってやってしまうと面白くないけど、何が?っていうそれが面白い。

刀剣乱舞で育んだ特別な関係

―――― お話聞いていると、共演するだけで俳優としての勉強が出来るみたいな感じが伝わってきました。ちなみに、お2人はリアルの世界では、先輩・後輩みたいなそういった間柄はどういう感じなのですか?

『田園ボーイズ』有澤樟太郎さん、伊万里有さん

伊万里有さん
吉本の同期みたいな感じです。年齢は違うけど『刀剣乱舞』同じチームで、苦楽を共にしてきた感じです。

有澤樟太郎さん
いい意味で遠慮をしてない。野球をやっていたので、先輩にタメ口を使うなんてできない。タメ口でいいよと言われても、絶対無理ですとなっちゃうんですけど、数少ないタメ口を利ける先輩の一人です。

―――― そういう間柄って貴重ですよね。

伊万里有さん
僕は逆に、どちらかと言えば日本人よりも外人みたいな感覚なんです。いわゆる縦社会が嫌いなんです。下の子とかにも気を使わないで欲しいです。

―――― そういう意味だとピッタリいい感じで、だからこそ舞台や今回のドラマもうまく作っていけるのかもしれませんね。

有澤樟太郎さん
そうですね、本当に気は遣ってないですね。(笑)

―――― 主題歌は藤田玲さんが担当されています。藤田さんとも舞台での繋がりがあったのでしょうか。

有澤樟太郎さん
ミュージカル『刀剣乱舞』で共演して、劇中のミュージカル調の曲しか正直聴いたことがなくて、今回のようなポップス系の曲を最初に聴いた時は「これ本当に玲さんが歌ってるの?」みたいな。

―――― 私たちも藤田さんが歌っているとは気が付かないくらいでした!

有澤樟太郎さん
歌がうまいことはもちろん、田園の世界感にマッチした曲調でした。最初に聴いただけで「かっこいい、好き」って思いました。

マイブームは鬼滅の刃とサウナ

―――― もうちょっとお2人のことをお聞きしたいんですけど、『刀剣乱舞』は当然として、2.5次元にちなんで最近のマイブームをアニメで挙げていただくとすると?

有澤樟太郎さん&伊万里有さん
「鬼滅の刃」(きめつのやいば)ですね。

有澤樟太郎さん
長年、王道キングに君臨していた「ONE PIECE」をやっと上回る作品だと言われている「鬼滅の刃」です。

『田園ボーイズ』有澤樟太郎さん

―――― 初期からずっとハマっているのですか?

有澤樟太郎さん
何年も前から連載されている漫画なんですけど、あまりにも皆が面白いって言うから観てみようと思い、配信で視聴したら凄いハマっちゃって。4話まで観てて、有くんとたまたま仕事で「有くん、鬼滅の刃って知ってる?」みたいな話になって「4話まで観てる」「えっ、俺も4話まで観てる」みたいな。

伊万里有さん
まったく同じタイミングで。“一気見”しました。
その後足りずに、アニメだと途中なんですけど漫画は物語が進んでいるのでそれを読んで。
映画化も決定してるんで、それを早く観たいなって。

―――― 観たいですか?出演では?

伊万里有さん
そんな(贅沢な)ことは言いません。
なんか、こういう感覚を作品に抱いて欲しいなって気持ちはありますね。映画で観たいなって思うような気持ちに、僕らの作品を観てなってくれれば嬉しいよね。

―――― アニメの話を伺いましたが、その他のマイブームはいかがですか?

伊万里有さん
サウナですね。僕らもうヤバイですよ!

有澤樟太郎さん
びっくりしました、サウナに入って。今まで苦手だったんですよ。熱さに絶え切れなく、夜には汗かいちゃうし、サウナって疲れがとれるって言うけど逆に疲れるじゃんって。でも、正しいやり方で水風呂にも入って、そうしたらスカッとしちゃって。頭はフラフラするんですけど、気持ち良くて、身体はなんかアニメで言ったら限界突破したみたいな気持ちになっちゃって、これはハマるなと。

伊万里有さん
僕らは『刀剣乱舞』の舞台をやっているんですけど、本番終わったら夜に皆で銭湯へ行って、サウナ→水風呂→サウナ→水風呂。後は外気浴をして、外はマイナスの宮城県でみんな素っ裸で(笑)。
逆にサウナがなかったら、もう無理です。体と心の切り替えができないです。

―――― 最初7分、水風呂1分、7分休む。そのパターンは?

伊万里有さん
僕は8分です。合計で15分水風呂に入っています。

―――― 結構、水風呂が長いですね。

伊万里有さん
オーバーヒートさせている体だからこそ、それだけ入らないとなんです。

有澤樟太郎さん
とにかく全部の自律神経が整って、次の日朝早かったんですけど、全然起きるのが苦じゃなくて、目覚ましなしで起きられるぐらいで凄いなと実感しました。

―――― お疲れも溜まっていたと思うんですけども、伊万里さんに誘われてハマったことになるのですか(笑)?

伊万里有さん
樟太郎は最初そうだよね、無理やり(笑)。

有澤樟太郎さん
お酒も無理やり、サウナも。先輩の言うことに間違いはないと思いました。
『田園ボーイズ』の撮影終わりに2回お風呂入れさせてもらったことがあって、最高やったよね。

伊万里有さん
ヤバかった。血糊まみれで…。

―――― そんな展開が待ち受けているんですね!

有澤樟太郎さん&伊万里有さん
全く言えない(笑)

有澤樟太郎さん
それがもう最高でした。

―――― また、皆で入るからこそ一致団結じゃないですけど思い出にもなりますよね。

有澤樟太郎さん
しかも、特別なご厚意で閉店後に入れてもらったんです。

伊万里有さん
最高やったな!
地方行った時の地方のサウナはいいですよ、撮影行く前に調べちゃいます。

―――― 話題をストーリーに移していきたいと思います。ホストクラブが出ますが、ホストに関して勉強される機会はあったのでしょうか。

伊万里有さん
どちらかというと、勉強って感覚じゃないかなって思います。ホストの方ってその人次第じゃないですか。後は、テレビでローランドさんとかが出演されているので、そういうのをヒントにこんな感じなのかなみたいな。

『田園ボーイズ』伊万里有さん

有澤樟太郎さん
ホストクラブの人たちって独自の世界観がありますよね。接客に命を懸けているというか。実は、今回僕はホストクラブに行かせてもらって本物のホストの人たちと触れ合う機会があったんです。皆さん凄くて、プロフェッショナルだなって。僕たちは役者の仕事に魂懸けていますけど、ホストの方たちもその仕事に懸けている。人を盛り上げること、人を楽しませることに。

伊万里有さん
その撮影には僕は居なかったけど、コールだっけ?

有澤樟太郎さん
凄いんですよ。「飲んで、飲んで」みたいな。
僕、学生時代に街を歩いているとよくホストの方に「やってみない?」っと声をかけられたこともあります。

―――― 意外と「似合ってるね」と良い反応があるかもしれませんね(笑)。我々も入ったことがないし、なかなか縁がないので分からない世界なんです。

有澤樟太郎さん
ハマっちゃう人はハマっちゃうんだろなって凄く感じました。

―――― やっぱりプロというか、極めるというのはある種の魅力があるんですね。

有澤樟太郎さん
少なくとも僕が現場でお会いしたホストの方々は、中途半端にやってない。ガチな感じでバチバチしていて。最初は怖かったんですけど、お話したら柔らかいし、みんないい人達だなって。僕たちも生半可な気持ちでホスト役はできないなと思いました。

ホスト×田園に感じる旬

―――― 今度は「田園」について、田園ボーイズもいれば田園ガールズもいると思います。今回のドラマを通じて新しい想いというか、田園や地方についてお2人に芽生えた感情はありますか。

有澤樟太郎さん
それこそ1話のカタオカの台詞にもあるんですけど「東京の時代は終わると、これからは地方の時代になる」と。今もふるさと納税とか地方活性化が進んでいますし、実際に東京より住みやすい街って沢山あると思うんです。

田舎でホストを目指すみたいな、古いというかアナログな話ではあるけど、やっていることは結構新しいなと思いました。

―――― ホストに置き換えられるというか、若い人たちに夢が与えられるような地方にしていこうというコンセプトがあるような気がして、凄く見応えがあると感じます。

有澤樟太郎さん
この作品を通じて色んなものが取っ払われて、ホストを活性化に使う案もありじゃないかなと思いました。

―――― むしろ光が当たることによって暗いイメージが消えていくことも効果としてあるかもしれません。

伊万里有さん
僕は、日本の47都道府県全部行っているんです。

それこそ田舎の良さ・都会の良さ、田舎の短所・都会の短所は重々感じているんです。利便性はやっぱり東京はいいかもしれないけど、田舎の方がストレスフリーだったり。例えば、この間長野へ行った時に、長野は幸せ指数が高い県なんですけど、その理由も分かったし。

僕らのファンの方でも地方の方が沢山いらっしゃって、その人たちからの手紙に私の地元はこうなんですと言われた時に凄い共感するものがあって。今の時代はぶっちゃけネット社会だから、どこにいてもやりたいことが出来るんだろうなって最近思うんです。だから、共有し合えたら一番いいのかな。

僕らが東京で舞台をやれば見に来る人は来てくれるだろうし、僕らも逆に地方へ行ける機会が沢山できたら、その場所に何か貢献出来るのかなと思います。

―――― まさに皆さんの『刀剣乱舞』のお陰で「刀剣女子」も凄いことになっています。

有澤樟太郎さん
凄まじいですよ。博物館にあんな人が並ぶなんて、モナリザでも来てるのかと思うぐらい(笑)。

ファンへメッセージ!

―――― 最後の質問なんですけど、全体を通してこのドラマを通しての見所を映画ファンやドラマファン、そしてお2人のファンに向けてのメッセージも含めて、ポイントを教えていただけたらと思います。

有澤樟太郎さん
今ドラマでも地方局のドラマが熱いと言われていますし、僕の父も結構テレビを観るんですけど、『田園ボーイズ』の話をした時も「メチャクチャいいじゃん、楽しみにしてる」って言ってくれたんです。

内容的にも地方の話だし、地方とホストというプラスマイナスみたいなところも楽しめるし、今回は本当にたくさんのサプライズが用意されているので、まずは1話を是非観て欲しいです。

今後いろんな大きな展開をしていけたらいいなと思いますし、皆さんの声があれば(続編の)2とか3もいけると思うので、そうなるためにもまずはドラマを成功させたいなと思うので、皆さんに観ていただきたいと思います。

関連記事:有澤樟太郎、伊万里有、田中尚輝、松浦祐也出演「田園ボーイズ」劇場版全国ロードショー決定!

伊万里有さん
撮り終えて、まだ僕も1話しか観てないですけど、地上波のドラマを超えるような作品になっているんじゃないかなって思うんです。

それこそ、番組でいえば「水曜どうでしょう」(北海道テレビ放送)とか予算は少ないかもしれないけどこんなに面白い作品が出来るみたいな。どこかしら懐かしくて、熱量がもの凄くある作品が出来たと思っています。

地方の人も結構観られると思うので、樟太郎も言ってくれたように、まずは1話を観てくれたらこれから先も観たいなって。しかも、全6話って意外と観易いです。すぐに観られると思うし、熱量もあるし、そういう点では“負けねーぞ”って想いがあります。

―――― ありがとうございました!

『田園ボーイズ』有澤樟太郎さん、伊万里有さん

特典映像200分!!ドラマ「田園ボーイズ」Blu-ray&DVD-BOX 発売中!
『劇場版 田園ボーイズ』2020年全国ロードショー決定!!

※なお、本インタビューは2019年12月に行っております。


田園ボーイズBlu-ray-BOX

田園ボーイズ DVD-BOX

監督:西海 謙一郎、近藤俊明、山口雄也
脚本:大歳倫弘(ヨーロッパ企画)、黒木久勝、畑中みゆき、近藤俊明
出演キャスト:有澤樟太郎 伊万里有 田中尚輝 松浦祐也 / 三津谷葉子 松金よね子 藤吉久美子 木下ほうか

主題歌:「Jealous Beat」
(AMG MUSIC) 歌:藤田玲 / 坂本和弥 作詞・作曲:こんどうたかふみ

製作:「田園ボーイズ」
製作委員会 企画:AMGエンタテインメント 制作プロダクション:ラインバック 制作協力:ドルチェスター 企画協力:ヨーロッパ企画

公式サイト:http://denenboys.com/
公式twitter:@denenboys

(C)2020「田園ボーイズ」製作委員会

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    再上映中!! 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』 代筆を通し…
  2. SKIN,画像
    白人至上主義者として生きてきた男の、過去との決別。 人は、生まれ変わることができるのか。 映画『…
  3. 映画,一度も撃ってません
    先日、石橋蓮司(いしばしれんじ)、大楠道代(おおくすみちよ)、岸部一徳(きしべいっとく)、桃井かおり…
  4. 内藤瑛亮監督 8 年ぶりの新作映画『許された子どもたち』
    あなたの子どもが人を殺したらどうしますか? 映画『許された子どもたち』 少年犯罪を映画化 …
  5. 画像,ホワイト・クロウ
    おすすめ映画!バレエ編 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 『ボリショイ・バレエ 2人のスワン…
  6. 画像,映画,あらすじ,ストーリー,はちどり,韓国,キム・ボラ,パク・ジフ,キム・セビョク,イ・スンヨン,チョン・インギ
    ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞! 韓国の単館公開としては異例、 公開1か月で…
  7. MOTHER マザー,画像
    母と息子。ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作 映画『MOTHER マザー』 長…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

ページ上部へ戻る