草彅剛さん&真飛聖さんインタビュー!映画『ミッドナイトスワン』

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

草彅剛さん&真飛聖さん
スペシャルインタビュー!
映画『ミッドナイトスワン』

9月25日(金)より公開される草彅剛さん主演、内田英治監督オリジナル脚本映画『ミッドナイトスワン』

本作は、トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱え新宿を舞台に生きる草彅さん演じる凪沙(なぎさ)が、本作がデビューとなる服部樹咲さん演じる少女・一果との出会いを通じて変化を遂げ、本当の愛に導かれていく美しい物語。

今回は主人公・凪沙役の草彅剛さんと、一果にバレエを教える実花先生役の真飛聖さんにお話を伺いました。お二人にとってすごく大切な作品になったことがヒシヒシと伝わってくるインタビュー、早速ご覧ください!

草彅剛,映画ミッドナイトスワン

草彅剛,映画ミッドナイトスワン

真飛聖,映画ミッドナイトスワン

真飛聖,映画ミッドナイトスワン

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

草彅剛、人間愛に心打たれる!

―――― 凄く考えさせられるというか、心に“グサッ”とくるような作品でした。非常に難しいところもある作品だと思いますが、お二人がオファーを受けて強く心に惹かれた部分や、表現したいと思った部分がありましたら教えてください。

草彅剛さん
最初に台本を読んだ時から凄く感動して、これは良いなと(笑)

とてもいい作品なので、これをどうやって映像にするのかな?って。

僕も初めての役でしたけど、一果に対しての愛情がどんどん芽生えてきて、自分にとって一番かけがえのない存在になっていくところが人間愛に溢れていて、凄く心を打つなって思いました。

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

真飛聖さん
台本を読ませていただいて、剛さんがこういう風に演じられるであろうっていう私の想像が(膨らんで)。ご本人を前にして言うのも恥ずかしいのですが、(剛さんの)お芝居が大好きなので。

草彅剛さん
そうなんですか。僕も真飛さんのこと好きですよ。

真飛聖さん
本当に剛さんのお芝居が大好きだったので、台本を読んだ時に自分が活字から想い描く剛さんのこの役を考えたら、もう鳥肌が立っちゃって、これはもう剛さんにしか出来ないだろうし、その世界に自分も参加出来るのであれば参加したい、絶対に参加したいと強く願いました。

でも、目の前にして言うと嘘っぽいですね(笑)

草彅剛さん
真飛さんとはテレビドラマ「37歳で医者になった僕」で共演をして、その時の撮影が良かったんです、皆仲良くなって。真飛さんは(稲垣)吾郎さんとも舞台をやったりして。ここでまた一緒にお芝居が出来たのは、何かのタイミングなのかなと思って、何かありますよね??

真飛聖さん
ご縁ですかね、私も宝塚を卒業して初めてのドラマが剛さんとご一緒した「37歳で医者になった僕」でした。

草彅剛さん
(水川)あさみちゃんも「37歳~」に出演していて。

真飛聖さん
10年ぶりぐらいにまた皆で再会できました。

草彅剛さん
そうなんだよねぇ。

だから僕も真飛さんとあさみちゃんが居てくれたから出来た、心強かった。凄く優しい先生で、バレエ教室のシーンもいいシーンが出来たなと思って、本当に感謝しています。サンキューベリーマッチ!(笑)

真飛さんが居なかったらこの役を演じられなかったし、本当に感謝しています(笑)

ドラマ「嘘の戦争」はちょっと悪い女の役でしたから、アハハ(笑)

草彅剛,映画ミッドナイトスワン

真飛聖さん
何年か毎にご一緒で。

この映画の魅力はこれからたっぷりお話します(笑)止まらなくなっちゃうので。もう、大号泣!

トランスジェンダー役に初挑戦!役作りは演技をしないこと

―――― 草彅さん演じる凪沙は一果との出会いで様々な感情を抱くことになり、真飛さん演じる実花先生は温かく迎えなくてはけない繊細な役でした。役作りについて、難しかった点やご苦労された部分があればお聞かせください。

映画『ミッドナイトスワン』

草彅剛さん
内田監督からは一果役の(服部)樹咲ちゃんに対して色々な演出がされていて、彼女も今回が初めての演技で緊張されてたんだけど、カメラの前に立って一果を見た時に、その役そのものだと。これは僕があまり演技をしても良くないなと思って、彼女の目をしっかり見ようと。僕が演技っぽくしてもわざとらしくなっちゃうんじゃないかと思って、役作りは演技をどれだけしないか。そこまで自分を持っていけた、環境がそうさせてくれた。だから、どう演じようかとか考えずに、一果のことを愛おしく想えてくるというか。それは監督の狙いでもあったのかな、と。

繰り返しになりますが、演技をしないことが一番の役作りみたいな感じでした。

映画『ミッドナイトスワン』

―――― それでもトランスジェンダーの役ということで、所作や仕草は事前に勉強をされたりしたのでしょうか?

草彅剛さん
始まる前にはトランスジェンダーの方に会いました。監督からも資料をいただいて、事前に勉強はしたんですけど、実際に撮影現場へ入ると周りの方はそういう方だったりして、雰囲気にどんどん呑み込まれたというか。

映画『ミッドナイトスワン』

真飛聖、少女・一果の必死さに共鳴!

―――― 共演されたアキナ役の真田怜臣さん(トランスジェンダーとして性別を超えて活躍中)とは役作りなど、お話されましたか?

草彅剛さん
(トランスジェンダーのことについて)詳しく話してはないんですけど、バレエを踊るシーンを練習して、一緒に居ると空気を感じ取れて、それは役にも影響して上手く出来たかなと思います。

映画『ミッドナイトスワン』

真飛聖さん
私はバレエの先生役で、母性というか一果に対して愛情を捧げて、自分の人生をかけるじゃないけど“この子、見つけた!”みたいな感じで出会い、そこから実花が彼女に没頭していくところが描かれているので、シンプルにバレエの先生をするのではなく、ちゃんと気持ちを動かしながら。

樹咲ちゃんは初めてだから初々しさがあり緊張もしてたけど、彼女の必死さが一果と重なって、それに対してどうにかこの子を育てたいって言い方はおこがましいですけど、実花として育てたいと思いました。役作り云々ではなくて、彼女といることで自然とそういう気持ちが湧きました。

監督からは「ナチュラルで、ナチュラルで」って。姿勢はバレエの先生っぽく、歩き方にも気をつけましたけど、ナチュラルな感じでいて欲しいと言われたので、話し方のトーンとかを工夫したり。強めでハキハキと物申す役が多かったので、その辺りは難しいなと思いました。ただ、一果や凪沙といると自然に実花として居ることが出来た、それが演じる上では大きかったと思います。

映画『ミッドナイトスワン』

草彅&真飛の溢れるミッドナイトスワン愛!

―――― 真飛さんから見て凪沙役の草彅さんはどのように映っていたのでしょうか?

真飛聖さん
剛さんが日に日に綺麗になって!

草彅剛さん
本当?

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

真飛聖さん
もう、本当に語り出したら時間が足りないんですけど(笑)

こんな感じかなって想像はしていたのですが、初めて会った時から全く違和感がなかったです。どんどん美しくなって、所作とかも女性より女性。スゴイ研究されたのかなって。私の勝手なイメージですけど、剛さんは憑依型というか役に入られるというか。なので、形云々ではなく、凪沙としていることで動きも自然となっていったんだろうなって思いました。本当に素敵でした。

草彅剛さん
ありがとうございます、照れちゃうな(笑)
真飛さんも素敵でしたよ。皆素敵だったからねー。
皆輝いてた。だから、いい映画だと思う。スゴイなぁと思って。

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

―――― お二人からお話が挙がった一果も素晴らしかったですよね。

草彅剛さん
一果とりん(役:上野鈴華さん)の少女2人の関係性も良かったです。キスシーンとかもスゴイな、監督スゴイなって。ちょっとドキッとしちゃうけどね、まさかあんな感じで。

(この映画)イイと思うよね!?

―――― メチャクチャ良かったです。

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

草彅剛さん
大体、自分が出てる作品はイイと思っちゃう(笑)

でも、自分の贔屓でいいよね??自分の作品を褒めてると何を言ってるんだ!?みたいになっちゃうからちょっと控えてるんだけどさ。面白いよね、ネッ?

エンターテインメントとしてもちゃんと成立してるし、ただ単に悲劇で悲恋みたいな感じじゃなくて不思議なんだけど、ちょっとクスッと笑えるところもあるじゃないですか。最後はド・ストレートにハッピーエンドじゃないんだけど、凄く希望が見えるというか。

なので、この映画を推していきましょう!推していこう!自信持って、沢山の人に観て欲しい!!

―――― “このシーンが泣ける!”というよりも、観ているだけで自然と涙が出てきました。何気ない仕草一つにも。

草彅剛さん
それが言いたい!そうそう、それ感じ取ってくれました?

―――― ハイ!何気ない言葉や姿が何と言えばいいのか、凪沙なんです。
実花先生役の真飛さんから見た凪沙はどういう人物に見えましたか?

真飛聖さん
実花から見た凪沙さんは、嘘をつくことを止めた、自分の心に正直に生きることを決めた。そして、一果と会ったことでさらにそれを深く感じて一生懸命に生きたいと願う。

以前は自分が女になりたくて、自分のために仕事をして資金を集めていた。なぜなら、子供の頃に海へ行って自分が着る水着に違和感を感じたり、家族も含め周りにも色々と言われたりしたことで自分のことを否定的に捉えてしまい、だからこそ自分のために生きてきた。

そんな凪沙が自分に正直に、女性としての姿で生きていこうとしていく。

ある日出会った一果との出会いによって、自分だけから相手に対しての愛というか、やりたい、こうしたいという欲というか愛ですよね。愛の形が芽生えてきたことに戸惑いもありながら、それに正直に生きていく凪沙が実花には見えたんです。だから、真っ直ぐな目をしていた。バレエの費用の話もしますけど、お金がかからないと言ったら嘘だし、そういうことも正直に言えてしまう、この人には嘘はつきたくないと思ったし、嘘をつけないと思った。

一果との出会いで人を思いやる気持ちがプラスされたことで、とても素直に“ポンッ”と人間として一段上がったというか、さらに人生の輝きが増したんじゃないかなって。諦めかけてたけど、こんなにも素敵なことがあるんだという生きる希望に知らず知らずのうちに出会い、最後はその希望に気が付いて幸せに満ちて、ああいうシーンに繋がっているんじゃないかなって思います。

実花として凪沙が満たされていることを感じました。

映画『ミッドナイトスワン』

映画『ミッドナイトスワン』

映画『ミッドナイトスワン』

―――― 一方の、凪沙も学校の先生への態度と実花先生に対する態度は違っていて、実花先生には「ちょっと待ってください、必ず払いますから」と素直にお願いもしています。実花先生を凪沙はどう感じていらっしゃいましたか?

草彅剛さん
優しい先生だったから、多分凪沙は実花先生のことを好きだと思います。

一果にはバレエは絶対にやり続けて欲しくて、そのために実花の指導は絶対に必要だと思うから、だから、多分仲良くなったんじゃないかな。

優しくて、でも厳しいところもあって、あんまり凪沙は社交的じゃないんだけど、どこか実花先生には頼っている。安心もしてたんじゃないかなって。

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

真飛さんがまた素敵な笑顔を僕にくれるので(笑)

いや、ほんと良かった。殺伐としてるシーンが多かったので、だからこそ日常みたいなところが。あそこのバレエ教室に行くことが凄く…。あの帰り道に一果と踊ったりしているから、映画の中でも温かくなるシーン、唯一心が穏やかになれる。

実花先生が「お母さん」って言ってくれた(笑)

面白いよね、嬉しいんだよね。イイシーンだよね、あそこ好きなんだよ。あんな笑うことは他にはないもん凪沙は。爆笑してるからね(笑)

ズバリ、見所は?

―――― バレエ教室のシーンについて溢れんばかりの想いをお話いただきましたが、お二人が一番印象に残ったシーンを教えていただけますでしょうか。

草彅剛さん
タイトルバックが結構好きです。

頭と最後に黄色い文字で入っている【ミッドナイトスワン】です。

元々の台本では文字が黒でした。その時からカタカナで書かれた【ミッドナイトスワン】が凄く素敵な字だなって。
それが、一果が田舎からバスで出て来て、レインボーブリッジのところでちょうどマジックアワーのせいか夕暮れで、そこに黄色い【ミッドナイトスワン】が入るところと、最後はなぜか一果と座っていて、そこに【ミッドナイトスワン】が入る。
あれが象徴していて、始まりと終わりというか。だから、タイトルバックが好きです。

プロデューサーの森谷さんが台本にも渾身の気持ちを込めて書いたらしくて、そういう風にスタッフの方もただならぬ覚悟と決意があるみたいで、だからこそ(この作品は)上手くいったのかなって。

真飛聖さん
シーンじゃなくて、タイトルバックなんですね!?(笑)

草彅剛さん
僕は真飛さんの笑顔が好きですよ。

真飛聖さん
私のシーンじゃなくて??

草彅剛さん
いやいや、真飛さんの笑顔が作品を救ってくれてるね!
「真飛の笑顔がミッドナイトスワンを救った」
あまりにも暗くなっちゃうから、真飛さんが居ることでどうにかバランスを保っているというか。

真飛聖さん
嬉しい、気付かなかった!

草彅剛さん
みんな悩みを抱え過ぎちゃってるから、唯一ですよ。「光」なんです。

ミッドナイトじゃなくて、ミッドナイトを照らしてくれている一つの「光」ですよ!一輪の花というか、だからこそ観られるわけです。そうしないとあまりにも閉鎖的になっちゃうもん、ずっと。

だから、見どころは「(真飛聖さんの)私の笑顔!!」それでいきましょう!

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

真飛聖さん
ヤダー!

草彅剛さん
本当に(真飛さんの)私の笑顔ナシでは窮屈になっちゃう。真飛さんのパァーンとした明るい笑顔が見どころだと思います。

―――― バレエの指導をしている時の「もっと高く高く」とか先生の指導も良かったです。真飛さんはいかがでしょうか?

真飛聖さん
私は、凪沙が「(バレエ)教えてよ」、一果が「嫌だ」、凪沙は「いいから教えてよ」のシーンが号泣ですね!

草彅剛さん
ほのぼのとしたシーンでしたね。

真飛聖さん
サッカーボールを持ったお母さんと子どものシーンで凪沙が少年に近づいていくんですけど、あそこでまず泣けるんです。そこから「何で私だけ…」と帰っていく、そこでも涙。(完成した作品を観て)多分ほとんど号泣していました。

自分が出演している映画で号泣するってなかなかない。だって客観的に観るじゃないですか。自分の演技に対して粗も探してしまうし、ストーリーも知ってるし。“こんなにも心を揺さぶられるの!?”って感じでした。自分が想像していた剛さんが演じる凪沙を台本で読んだ時も想像しましたけど、遥かにというか、こんな繊細に、こんなに心を刻んでいくんだぁと思って、ずっと泣いてました。

だから一つのシーンを選べなくて、凪沙のシーンがどの表情も、一果に傾ける表情も、本当に「素晴らしい」という言葉だけで片付けちゃいけないって。

―――― 演じていらっしゃるのは重々分かっているのですが、草彅さんが見えなかったです。全部凪沙、一貫して凪沙でした。

草彅剛さん
そう言っていただけると、嬉しいです。一番の褒め言葉です、お小遣いでも渡さないと。駄菓子とか、酢こんぶでも持ってくれば良かったなぁ(笑)

真飛聖さん
(笑)

―――― 素敵な作品と楽しいお話を有難うございました!

草彅剛,映画ミッドナイトスワン 草彅剛,映画ミッドナイトスワン

草彅剛,映画ミッドナイトスワン

真飛聖,映画ミッドナイトスワン

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

草彅剛,真飛聖,映画ミッドナイトスワン

映画『ミッドナイトスワン』
9月25日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー


スタイリング/細見佳代(ZEN creative)(草彅)、津野真吾(impiger)(真飛)
ヘアメイク/荒川英亮(草彅)、藤原リカ(Three PEACE)(真飛)

映画『ミッドナイトスワン』予告動画

出演キャスト
草彅剛
服部樹咲(新人) 田中俊介 吉村界人 真田怜臣 上野鈴華
佐藤江梨子 平山祐介 根岸季衣
水川あさみ・田口トモロヲ・真飛 聖

監督/脚本
内田英治(「全裸監督」「下衆の愛」)

音楽 渋谷慶一郎
配給 キノフィルムズ

公式HP:https://midnightswan-movie.com/

©2020 Midnight Swan Film Partners

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 星の子、画像
    芦田愛菜、6年ぶりの実写映画主演! 『日日是好日』の監督・スタッフがこの秋に贈る、圧倒的な感動作 …
  2. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…
  3. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  4. 浅田家!,画像
    「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」 彼が選んだのは、“家族”だった―。 映画『浅田…
  5. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る