芸能界の実体験描いた映画『蒲田前奏曲』瀧内公美さん&安川有果監督インタビュー

瀧内公美,安川有果監督,映画『蒲田前奏曲』

瀧内公美さん&安川有果監督インタビュー
映画『蒲田前奏曲』「行き止まりの人々」

4人の監督の作品を長編として仕上げた新しいタイプの映画『蒲田前奏曲』が9月25日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、キネカ大森他全国の劇場で公開中です。

本作の第3番「行き止まりの人々」でセクハラや#metooという難しいテーマに挑戦された安川有果監督と黒川瑞季役を演じた女優の瀧内公美さんに、出演の経緯や本作の見所を語っていただきました!

瀧内公美,映画『蒲田前奏曲』

瀧内公美さん

安川有果監督,映画『蒲田前奏曲』

安川有果監督

―――― #metooを題材にした作品を創るにあたって、色々な職場を描くことが出来ると思いますが、今回はなぜ同じ業界、芸能界を舞台に選ばれたのでしょうか。プロデューサーの松林うららさんと会話されたことも含めて、狙いや意図をお聞かせください。

安川有果監督
松林さんの方から一人の女優をテーマにいくつかのテーマを設けた作品をやりたくて、その中で#metooをテーマにした作品を私に担当してもらいたいというオファーがありました。

元々描きたいテーマではありましたが、もうちょっと温めて練りに練ってから創るのかなと思っていましたし、短期間に短編で撮るとなると果たして描ききれるのかなという不安がありました。

でも、話が来たということはやるべきってことかなって(笑)。やるか、やらないかと言われたらやる方を選ぶタイプなので、やってみようと思いました。

芸能界の設定に関しては、松林さんが女優としての実体験を基にされています。

安川有果監督,映画『蒲田前奏曲』

―――― 瀧内さんにも松林さんからご相談があったとのことですが、そもそも瀧内さんと松林さんの接点は?

瀧内公美さん
この作品です。
短編集の『21世紀の女の子』にお互い参加していましたが、違う作品でしたので、ちゃんと直接お話をさせていただく機会は『蒲田前奏曲』が初めてでした。

―――― セクハラや#metooの問題を演じることになりましたが、瀧内さんは元々問題意識を抱いていて、同意できるような部分があったのでしょうか。

瀧内公美さん
逆です!

全くないから、私が参加していいのか凄く不安でした。そういう意識のない人間が、こういった根深い問題に携わるというのは、難しいですよね。

勿論、松林さんは実体験であると公表なさっていますけど、そのお話も聞かせていただきましたし、『21世紀の女の子』に安川監督も参加されていて、試写で観た時に「もし、次回作品があればご一緒できたら嬉しいです」とお話しさせてもらって、この作品でお声をかけていただきました。

私が一番この作品をやってみようと思えたのは、「女性だから被害に遭ってますってことを訴えたいわけではないです」と監督が仰ってくれたからです。色んな立場の人間がいるわけだから、単に女性・男性の対立問題を描きたいのではないってところに、“ああ、良かった”と思って。

それを聞いた時に、うららさんの体験から膨らませたものを自分なりに理解して演じればいいのかなと思うと気持ちがちょっと楽になりましたし、監督とお話しできる環境があることに関して安心感があったので参加しました。

瀧内公美,映画『蒲田前奏曲』

―――― 瀧内さんは、疑問に思ったことは常に自然な形でコミュニケーションをとっていく俳優さんなのかな?という印象があります。

安川有果監督
疑問に思ったことは全部その場でぶつけてくださるんです、気持ちいいぐらいに!

―――― 一番なるほど!と思われた疑問のぶつけられ方をお聞かせいただけますか?

安川有果監督
現場では色々な提案をしてくださって、それが非常に面白い時間でした。

ディスカッションしながら創っていくような場面もあり、どんどん変化していくような現場だったんです。

ラストシーンもちょっと変えてもいいかなって気持ちが芽生え始めていたんですけど、瀧内さんが元のままでいいんじゃない?みたいな感じで提案してくださって、その理由も納得できるものでしたし、結果的にも凄く良かったです。

格好良く去っていくとヒロイックである一方で、それはそれで女性に役割を押し付けている感じがするので、曖昧な空気を残せたのはリアリティがあってすごく面白くて、本当に有難い提案だったと思っています。

安川有果監督,映画『蒲田前奏曲』

―――― クライマックスの話題が続いてしまいますが、瀧内さん演じる黒川が出ていくシーンは、声だけが入っていて、それが非常に印象に残っています。

安川有果監督
顔のアップがあったらカタルシスがあったのかもしれないですけど、それよりも取り残された男たちの哀愁っていうんですかね。男たちが揃っている最後のシーンでしたので、そちらを選択しました。

裏話をすると、ライブ感のある撮影だったので完璧には追いきれていないというのもあります。多少ネタバレに触れてしまっても充満している空気が面白いので、十分楽しんでいただけると思います(笑)

―――― 途中「宝塚じゃねぇんだから」と言われもして、それでも黒川として演じきるというのは難しかったのかなと思います。瀧内さんはどんなところにポイントを置いて黒川を演じられたのでしょうか。

瀧内公美,安川有果監督,映画『蒲田前奏曲』

瀧内公美さん
4編から成る『蒲田前奏曲』はうららさんが演じる蒲田マチ子という人間のことを追っていく作品です。

マチ子と黒川の設定は、今の経験者と過去の経験者。渦中の中にいる人と乗り越えたであろう人。そういう二人なら色んな化学反応が起きて面白いんじゃないかなと脚本を読んで感じました。

演じる上では怒りだったり、溜まっていた感情だったりを立ち姿だけでも説得力を持てるようにというのは意識しました。私自身はオーディション会場で黒川みたいな人を見たことはなかったので、どうリアリティを持って演じられるかは考えました。

前日にリハーサルをさせていただいて、形は作ったんです。一方で、当日制作サイドを演じる皆さんとお芝居していく中で生まれたエチュード(即興劇)の部分もあります。ただ、脚本に書かれていることの狙いからは皆さん外れないので、与えてくださったことに私がレスポンスして応えていくと、そこから黒川という人間が見えてくるものもありました。

『蒲田前奏曲』

―――― 瀧内さんのこれまでとは違う一面が見えたというか、劇中の世界に生きている黒川が面白くて、姉御肌だし、男としても頼りたくなるような、相談すればこちら側のストレスがなくなるみたいな、そんな感じも受けました。

安川有果監督
そういう人だからこそ、一瞬の揺らぎとかが余計に観客にとって刺さるというか。そんなギャップみたいな効果を生み出してるような気もしました。

―――― 監督と松林さんの間では本作に関してどんな会話をされたのでしょうか。

安川有果監督
やっぱり4つの作品の中でもこの題材を凄く重要に考えているということは仰っていました。

―――― やはりそうですよね。
色々な解釈が出来る第1番「蒲田哀歌」、第2番「呑川ラプソディ」から核心に迫っていき、本作「行き止まりの人々」を経て、第4番「シーカランスどこへ行く」で渡辺監督がユーモアも交えながら締めてくれているようにも受け取りました。

安川有果監督
いいバランスですよね(笑)

―――― プロデューサーでもある松林さんからは具体的な注文はあったのでしょうか。

安川有果監督
結構、私に委ねてくださったんです。「その題材を入れてもらえれば、安川さんの撮りたいようにやってくださればいいです」と。後は松林さん自身が色々な目に遭って考えたことがあり、この状況を変えたいと仰っていました。私も変えたいというところでは一緒の気持ちというか、もっと色んな監督や映画が出て来て、もっとバラエティー豊かな女性像、今までに描かれてないような女性像を映画の中で表現していきたい。そういう変えたいという部分でシンクロというか共通項がありました。

―――― 何かに対して課題を考えていると相手にも伝播する力があるのですね。瀧内さんから見た松林うららさんはどんな女優さんだと感じられましたか?

瀧内公美さん
謙虚な方ですよね。

「私なんて全然」みたいに引っ込み思案なところもあるんですけど、こういう作品を作り上げる、自分がご一緒したい作家に声をかけて制作費を集めてキャストを集めてと、とにかく行動に移している。それには相当の体力と精神力と熱量が必要だと思うので、ギャップのある女優さんだと思います。

安川有果監督
確かに、謙虚な瞬間と行くと決めた時の堅い意志と。

―――― 最後にこの映画の見所をお二人からそれぞれお伝えください。

安川有果監督
#metooという重い題材を扱っているのですが、男性が加害者で悪、女性は被害者と決めてしまうとそこから発展しない部分があるので、もうちょっと解きほぐして、考える余地というか、どうすればいいのだろうということを考えるきっかけの映画にしたいと思ってこの作品を監督しました。

男性の中にもちゃんと意識がある人もいますし、女性が女性を抑圧することだってあるし。そこに目をつぶらずに描きたいという思いもあったので、全部が達成出来ているかは分からないですけど、そういう意識は常に持ってこれからも作品を作っていきたいと思っています。

見所は俳優さんのその場で生まれた空気が封じ込められていると思うので、役者さんのぶつかり合いを楽しんでください。

瀧内公美さん
第3作品目に関してだと、二ノ宮隆太郎さんが演じる荒川が発している言葉がこの作品の伝えたいことだと思うので、その点にも注目して観ていただければ嬉しいです。

全体ですと、4人の作家が4つのテーマを元に、この物語の主軸となる蒲田マチ子を多面的に描いています。いろんなジャンルの作品が詰め込まれているので、一本一本見応えのある作品です。是非、劇場でご覧ください。

―――― ありがとうございました!

瀧内公美さん&安川有果監督動画メッセージ

瀧内公美,映画『蒲田前奏曲』

瀧内公美,映画『蒲田前奏曲』

取材場所協力:ENBUゼミナール
(瀧内公美さん)メイクアップアーティスト:藤原玲子
(瀧内公美さん)ヘアスタイリスト:YAMA
(瀧内公美さん)衣装協力:Ray BEAMS


出演 : 伊藤沙莉 瀧内公美 福田麻由子 古川琴音 松林うらら
近藤芳正 須藤蓮 大西信満 和田光沙 吉村界人 川添野愛 山本剛史
二ノ宮隆太郎 葉月あさひ 久次璃子 渡辺紘文
監督 ・脚本 : 中川龍太郎 穐山茉由 安川有果 渡辺紘文
企画 : うらら企画
製作 : 「蒲田前奏曲」フィルムパートナーズ
(和エンタテインメント ENBUゼミナール MOTION GALLERY STUDIO TBSグロウディア)
特別協賛: ブロードマインド株式会社 日本工学院
配給: 和エンタテインメント、MOTION GALLERY STUDIO
2020年 / 日本 / 日本語 / 117分 / カラー&モノクロ / Stereo
『蒲田前奏曲』︎© 2020 Kamata Prelude Film Partners

上映劇場は公式HPをチェック!kamataprelude.com

9月25日(金) よりヒューマントラストシネマ渋谷・キネカ大森にて他全国順次公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜
    ハチャメチャで可笑しくて、最高に懐かしい 「名古屋発・笑って泣ける最強の青春ドラマ」が遂に映画化!…
  2. 画像,ウェン・ムーイエ(文牧野),ニン・ハオ(寧浩),シュー・ジェン(徐崢),ワン・チュエンジュン(王伝君),ジョウ・イーウェイ (周一囲),薬の神じゃない!,映画,中国,金馬奨,主演男優賞
    中国で500億円もの記録的大ヒットを記録! 金馬奨・主演男優賞等の映画賞を受賞! 映画『薬の神じ…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. 画像,本気のしるし,森崎ウィン,土村芳
    その女、出会ったことが事故だった-- 深田晃司監督が描く、弱く不器用な男女の転落劇 映画『…
  5. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  6. 82年生まれ、キム・ジヨン,画像
    全世界の女性たちが共感 私たちはジヨンの人生を通して違和感と痛みの正体と、未来への希望を知る 映…
  7. 映画「クローゼット」
    孤独を抱え、SOSを出せない⼤⼈たちの必⾒ドラマ 「私の人生、もう詰んだ!」若い女性が歌舞伎町…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る