小越勇輝さん、プレッシャーを力に【インタビュー】

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』
メディフィット定期の商品概要はこちら

小越勇輝さん、プレッシャーを力に!
映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』
主人公・正宗役【インタビュー】

人気シリーズ最新作映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』が11月13日(金)より公開。

歴代の作品では人狼ゲームに参加する女子が主人公を務めてきた本シリーズですが、今回は人狼ゲームの運営側に初めてフォーカスが当てられ、参加者側と運営側の思惑がぶつかり合う、二重構造の頭脳戦がスリリングに描かれます。

今回は、運営側の主人公・正宗役を演じた小越勇輝(おごえ・ゆうき)さんに本作主演のプレッシャーや意気込み、原作者でもある川上監督との作品作り、そして何度でも楽しめる本作の見所をたっぷりと語っていただきました!!

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

【写真:映画初主演の小越勇輝さん】

映画初主演の心境は?

―――― ドラマ「弱虫ペダル」の小野田坂道役とはとても雰囲気が違っていて凄いですね。

小越勇輝さん
「メイクや髪型、役の雰囲気とかで違うね」って言ってくださる方が多いです。

―――― 今回人気シリーズ最新作の主演が決まってどんなお気持ちで映画に挑まれましたか?

小越勇輝さん
嬉しさもあったんですけど、嬉しさより先に驚きがありました。僕自身が人狼ゲームシリーズを観ていた視聴者でもあったのと、共演した方たちが多く出演していたので、凄く驚きました。過去の作品では女優さんたちが主演で演じられていて、今回は男性が初の主役ということも驚きでした。

勿論、映画で主演というところも大きかったです。「本当に自分がやるのかな?」というところから、プロデューサーや監督に会って話が進んでいくにつれて、嬉しさと自分にかけるプレッシャーが大きくなっていきました。

―――― やっぱりプレッシャーはそれなりに??

小越勇輝さん
いやー、ありました。
ドラマや舞台の色んな作品で主演をやらせていただきましたけど、映画の主演は初めてでしたし、形が全然違うものだったので背負うものの大きさは感じました。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― 気持ちの部分でどうしても焦ったり、どうしようかと悩んだり、驚きも含めそういう複雑な気持ちで迎えられたということですね。

小越勇輝さん
背負うこと、不安やプレッシャーに感じるのは主演だからこそ当たり前だと思いますし、それがきっとパワーになっていくんだろうなと思っていました。でも、自分のことより周りの人に助けてもらった、支援してもらったという気持ちが大きいです。

―――― 主演をするにあたって、新しいイメージを作るために主役が果たす役割って何だろうとか色々な考えが頭を巡ったと思うのですが、ご自身の中で大事にしていこうと思われたことはありますか?

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

小越勇輝さん
「ブレないこと」ですかね。

撮影が始まるまでにどういう風に作っていくのか、どういう風に演じていくのか自分の中で考えていても現場で変わることもありますし、相手がいてお芝居することによって変わっていく部分もあるのでそこは臨機応変になるんですけど、自分がこの役を演じるに当たって正宗の心情、気持ちの部分は、ブレないようにしていこうと思っていました。

その芯をしっかりした上で、周りの役のお芝居で気持ちが動いていくのは良いことだと思うので、根本にある芯はハッキリさせておこうと思っていました。

―――― 作品は殺人ゲームの話ですけども正宗は意外と優しいというか、自分が過去に背負ってきたものについては守りたい、守ってあげたい、最後まで助けようとしていました。

小越勇輝さん
そうですね。自分が死んでも構わないって凄いことだと思って、彼女のことがそんなに好きなんだなって(笑)

家庭教師の教え子だったというだけで恋人関係でもないのに、彼女を命懸けで守る彼の気持ちはスゴイですよね。

彼からしたら何でもないただの仕事、最初はそういうつもりではないけど段々それが普通になっていって、優しい性格で人間らしくもあるので人が死ぬことに対して無感情なわけではないと思うんです。でも、ゲームを何回も見ていて、退屈というか日常になっていく中で自分の元教え子が参加していると気付いたことによって、刺激のなかったものが揺れ動いたというか、感情が動いていく様は凄く面白い。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

強さと弱さ

―――― ひょっとすると自分が生きている意味を見失っている中で、正宗にとってはやっと見つけた大事なものだったのかもしれないですね。正宗の人物像が伝わってきた気がします。
川上監督との会話で一番印象に残っているお話はありますか?

小越勇輝さん
(監督は)原作者だから「変わり過ぎなければ台詞も変えていいし、とにかく好きにやってくれて構わない」ということは最初に仰っていただきました。いやいやって(笑)

監督が描いているものをどう表現出来るかは自分の中で課題でした。ただ、最初にそういう言葉をいただけたことは安心というか自由度、気負わずに「これはこうしなきゃいけないんだ」っていう決まったものではない、自由に表現できる幅を与えていただけたかなって感じました。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― 逆に「こういう風にして欲しい」とリクエストされたことって何かありますか?

小越勇輝さん
どうしても現場に入らないと見えないものもあるので、物語が進むにつれて気持ちもより入っていきますし、夏目柚月を守りたい気持ちが強いがゆえに、その守りたい気持ちが強さになっていきがちというか。強さが前面に出て来ているところで、強すぎず弱さというか、強さもあるんだけど弱さも見える部分も大事にしてほしい、という話はありました。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― 精神的な弱さも持ちながらやった方が後半のシーンにも結びつきやすいのかもしれませんね。
ゲーム参加者の9人とは会話するシーンがほぼなかったと思うのですが、現場の雰囲気はいかかでしたか?

小越勇輝さん
一緒にいるシーンがほぼなくて、いたとしても参加者は気絶していることが多いので、運営側のいわゆる大人チームと人狼ゲームをやっているチームではカラーが全然違いました。

運営側チームはやはりちょっと落ち着いた雰囲気もあり、人狼ゲームの参加者側は若さもあるのですぐに仲良くなっていって「ああ、若いな」って(笑)

「そんなにすぐ距離って縮まるんだな」って。

―――― 運営人として見ていらっしゃるみたいな感じですね。

小越勇輝さん
本当にそういう感じでした。運営人として見ている感じもありますし、親心じゃないですけど「可愛いな、今日もワチャワチャしてるな」みたいな感じで(笑)

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― 小越さんからも見てもそういう気持ちになられたんですね。中島さんとも「若いね、あの子たち」みたいな話をされましたか?

小越勇輝さん
「若いね」って話もしてました。ただ、中島くんは「凄い人見知り」だと彼自身言ってたんですけど(笑)、多分僕が本当の人見知りなんで、僕から見ると中島くんはまだ色んな人と馴染めるタイプなんです。彼は人狼チームに行ってもすぐ馴染めると思います。僕の方が「どう入ろうかな…」って探っちゃうタイプなので。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― 人狼ゲームに参加されている9人の演技については、色々な角度からご覧になられていたとは思うのですが、その辺りはどう感じていましたか?

小越勇輝さん
運営チームと参加者チームで同じお芝居をするシーンがなかったので、ちゃんと見たのは完成してからでした。それぞれのキャラクターの個性が凄く立っていて、色んな学校から一人ずつ拉致して来た感じのメンバーが集まったんだなっていうのはスクリーンから伝わってきました。僕が普段やるような人狼ゲームとは違って命がかかっているので、その緊張感は伝わってきました。

小越勇輝さんの素顔!

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

小越勇輝さんフォトギャラリーをチェック!

―――― プライベートで人狼ゲームはやられているのですね。

小越勇輝さん
人数がいないと出来ないので頻繁にはやらないんですけど。人狼ゲームを本気でやってる方たちもいますけど、僕なんて本当に遊び程度でしかやってないので、考えすぎもしないんです。何となくやって「えっ、難しい、何だろう?まぁ、何とかなるか!」ぐらいの気持ちでやっています。

この映画は何とかなるかで済む話ではないし、「生き残んなきゃ!」っていう緊張感があると思うので、表情一つ逃せないし、発した言葉も逃せないし、間違った発言も出来ないしという意味では緊張感はスゴイと思いました。

且つ、今までは人狼ゲームの部分がメインだったのでその緊張感が主だったと思うんですけど、今回は運営人側にスポットが当たっているので、人狼ゲームと運営人側の2つの緊張感やドキドキ感を楽しめる作品だと思います。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― ちなみに、小越さんが今までの人生の中で緊張した瞬間はどういう時ですか?

小越勇輝さん
僕は緊張しいなので、何でも緊張するんです。だから、撮影に入る前や舞台に立つ時もそうですし、今日こうやって取材する前にも緊張します(笑)
緊張はいつも側にいますけど、その緊張感が自分の力になってくれる感じはあります。

―――― 素晴らしいですね。人狼ゲームとゲーム繋がりで、お好きなゲームはありますか?

小越勇輝さん
普段はあまりやらないんですけど、昔から必ずやっているのは「キングダム ハーツ」です。プレステ2から始まったディズニーとFINAL FANTASYがコラボした作品なんですけど、ディズニーも好きなので発売されると必ずやっています。

最近もゲームを買ったんですけど、やり始めて数十分とかで酔っちゃって。これはダメだなと思って途中で止めました(笑)

ズバリ、注目ポイントは?

―――― 映像がどんどん進化していきますものね。劇中でお好きなシーンはどこかありますか?

小越勇輝さん
琥太郎と一緒にいるシーンですかね。

運営の部屋って仲間ではないというか、チームという感じの一体感でもないし、気を遣っていたり周りの目を見ている感じがあります。だけど、琥太郎といる時は少しホッと出来る部分というか、もちろんどうしたらいいか?を投げかけているところもありますけど、投げかけられるのもお互いの信頼関係があるからこそだし、同級生というか仲のいい彼と一緒にいる時の正宗の普段の感じというか、ちょっと心許してるところが観ていてもホッと出来る部分かなって感じます。

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

―――― 琥太郎と正宗の繋がりは確かに見ていて感じることが出来ました。
色々な見方ができる作品かと思うのですが、結論が分かった上でもう一度観ても色々な発見があると思います。映画を観るファンに向けて「ここ注目して!」というポイントをあげるとしたらどこになりますか?

小越勇輝さん
本当に色んな見方が出来ると思います。

参加者たちの中でもこの人が怪しいな、この人どういう役なんだろうって予測していく面白さもあります。

運営チームに関しても正宗がどう守っていくのかもそうですけど、正宗や琥太郎それぞれに繋がりがあって、「えっ、その裏でどういう関係だったんだろう?」とか「何でこういう風になったんだろう?」っていう面白さもあると思います。

運営人側が参加者たちを監視して動かしているように見えて、実は運営人たちもある意味ゲームの参加者だったんじゃないかっていう「えっ、そっちも?」みたいな見方も出来ると思います。

人狼ゲームを今まで観ていた人は「運営人ってどういう人たちなんだろう?」って気になっていたと思うんですけど、今回運営人にスポットが当たって、最後になると「えっ、さらに上ってどうなの??」みたいな妄想も広がっていったりすると思います。

1回観て気になったところを2回目観て「ああ、こういう感じなんだな。でも、もう一回観たら違うところも見えるかも」って何回も楽しみ方があると思います。

―――― ありがとうございました!

小越勇輝さんから映画ファンへ動画メッセージ!

小越勇輝,画像,映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

・デニムジャケット ¥40,000-
・シャツ ¥26,000-
・パンツ ¥26,000-
全て(FACTOTUM)(03-5428-3434)

スタイリスト:小田優士
ヘアメイク:小竹珠代

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』

キャスト:小越勇輝、中島健、ウチクリ内倉、坂ノ上茜、桃果、山之内すず、福崎那由他 ほか
配給:AMGエンタテインメント
©2020「人狼ゲーム デスゲームの運営人」製作委員会

11月13日(金)より
シネマート新宿・心斎橋ほかにて公開

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ホテルローヤル,画像
    孤独を抱える人々は 「非日常」を求め、扉を開く― 映画『ホテルローヤル』 原作は、2013年に…
  2. タイトル、拒絶,画像
    新進気鋭の山田佳奈監督による、 女たちの本音に寄り添った先鋭的なオリジナル作品。 映画『タイトル…
  3. 水上のフライト,画像
    ”実話”から着想を得た感動の物語 映画『水上のフライト』 11/13より公開する『水上のフライト…
  4. 脳天パラダイス,画像
    バッキバキに脳が“ととのう” 最狂昇天トランス映画爆誕!!! あらゆる厄を吹き飛ばす、 脳天直…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 今最も旬な俳優・藤原季節主演✖業界大注目の新鋭・内山拓也監督による20年代の青春映画 誰の心の中に…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る