宮川大輔さん&池田鉄洋さんインタビュー!映画『ヤウンペを探せ!』

ヤウンペを探せ!,宮川大輔,画像,池田鉄洋

宮川大輔さん&池田鉄洋さん
映画『ヤウンペを探せ!』
【インタビュー】

哀愁漂う4人のおっさんたちが、憧れのヒロインのために、“ヤウンペ”を見つけ出そうと必死にもがいて…必死に暴れ回るヒューマンコメディ映画『ヤウンペを探せ!』が11月20日(金)より公開中です。

今回は、ジュンペイ役の宮川大輔さんとタロウ役の池田鉄洋さんに本作の見所をたっぷりと楽しく語っていただきました!!ラストの動画メッセージもお見逃しなく!

ヤウンペを探せ!,宮川大輔,画像

ジュンペイ役の宮川大輔さん

ヤウンペを探せ!,池田鉄洋,画像

タロウ役の池田鉄洋さん

―――― 宮脇監督からのオファーを受け、台本を読まれた時にはどう思われたのでしょうか?

宮川大輔さん
「なんやろ、これ」って思いました。読むだけじゃ分からへんというか、あんま考えるもんじゃないかな、みたいな。現場で池鉄さんとか松尾さんに「これどうなんですかねー?」って聞いたら、「そんなに考えるあれじゃないんじゃない」って感じやったから、みんな一緒のこと思っているなぁ、ほんなら楽しくやるだけやって、ちょっと気が軽くなりました。

例えば、【牛を見に行ってキラキラ】みたいなことが台本に書いてあって、「いやいや、これってイッテQの僕やんか!映画でどう見せるの??」って。それも、そんなことはどうでもええ、キラキラで笑っていただいたらそれでええ。だったら、そんなん考えないでおこう、みたいな感じになって楽しくなっていきました。

―――― 池田さんはいかがですか?

池田鉄洋さん
本を読ませていただいた時に「あっ、これは危ないな」というところがいっぱいありました。だけど、キャスティング表を見た時に「大丈夫だ」と思えたのは、“今までの経験を全て出し尽くしてなんでもやります!”みたいなタイプの人が多かったんです。ちょっと危険じゃない?みたいなことも軽ーくやれてしまうというか、「大丈夫です!やりますよ!」みたいなメンバー。池内さんだけ分からなかったんですけど、池内さんも「やれるんだ!?やっちゃうんだ!!」みたいな感じでした。

―――― 意外だったのは池内さん?

池田鉄洋さん
イメージを聞いたこともなかったし、映画の役を通して知っていただけだから、怖い人なのかな?と思っていたら、全然違いました。何考えているか分からなかったです(笑)

宮川大輔さん
分からなかったですね。だから、この4人の中で一番おかしい人。本当にそれぐらいの謎ですよ、未だに。

―――― そんな池内さんと榊英雄さん演じる刑事との掛け合いも(笑)

宮川大輔さん
榊さんもエグかったですよね(笑)スゲーなと思いましたけど。

―――― わざとらしいのに、わざとらしさが出ない演技と表現したらいいのでしょうか、不自然さを全く感じず凄く面白かったです。

池田鉄洋さん
誰かが出過ぎている感じがないから、皆濃いけど馴染んでいるんです。不思議な映画です。

―――― アドリブ的な要素も随分あるのかなと感じたのですが?

池田鉄洋さん
ハプニングとか間違えたとしても、全部みんなが拾ってくれる安心感がありました。

宮川大輔さん
ありましたねー。

池田鉄洋さん
だから、変なアドリブをしたというよりも何か起きたからそれに対して反応した、というのが多かったので、無理がないですよね?

宮川大輔さん
そうですね。

―――― 宮川さんの芸人さんとしてのボケとツッコミの得意技が底流に流れていたからこそ、みなさんが安心して演技に臨めたということでしょうか?

宮川大輔さん
僕からすると松尾さんと池鉄さんがいてくれたことが作りやすかったし、面白かったです。アドリブを思いっきりかますようなこともなかった気が。でも、スムーズに通るような一言とか。僕はツッコミみたいな感じでやってましたけど、そういう一言でスッと通ったりとか、そんなのが多かったような気はします。

ヤウンペを探せ!,画像

池田鉄洋さん
そうか、宮川さんがツッコミを入れてくれるからやれたところもいっぱいあるんでしょうね。

―――― 大学時代と今のタロウ(役:池田鉄洋さん)を比較して、「変わり過ぎや」vs「過ぎてねえから」みたいな掛け合いもウケました(笑)

池田鉄洋さん
設定がね、「そりゃ、変わってるわ」と思って。

ヤウンペを探せ!,池田鉄洋,画像

宮川大輔さん
(笑)

―――― 4人の中で池田さんだけがタロウの若い時代とその後の大人時代とで演じる役者さんが変わっていましたが、皆さんと変わりなくできるはずなのにって(笑)

池田鉄洋さん
私から言わせれば、私が変わったことよりも若い設定の彼らの方がおかしいぞと思います。(今と)そんなに変わってねえぞって(笑)

ヤウンペを探せ!,宮川大輔,画像

宮川大輔さん
それは僕らも思いましたもん。僕ら絶対これ無理やん、開き直っていこうみたいな。

―――― 監督から“こう演じて欲しい”など、演技する上で特別なご指導はありましたか?

宮川大輔さん
監督に「これほんまにどうしたらいいんですかねー?」って聞いたら、「いやー、僕も分かんないっす」って(笑)
マジでみんながこの本をどうする?ってなったんじゃないですかね。どう撮っていったらええんやろ?って。

池田鉄洋さん
監督の凄いところは「こっちに向かえ」ではなくてやんわりと「皆さん集まってくださーい」という演出方法で、それって実は難しいんです。猛獣使いというか。それで完璧に出来上がっているのは監督スゴイ!もしくはたまたまなのかなって(笑)
優しい方だから、テクニックがあるのだと思います。

宮川大輔さん
細かいところは池鉄さんとかに聞くと僕は楽になりました。「ここはちょっとアレなんじゃない?」とか言われたら、「ああ、なるほど」って。だからこの4人で良かったなって。松尾君とかも「やっちゃいましょ!」って感じやから「おう、やろう!」って。

―――― 宮川さんはテレビのバラエティー番組でも大活躍ですが、映画で俳優として演じるのと、テレビなどでコメディに出演されるのとではどんな違いがありますか?

宮川大輔さん
映画の場合、自分一人のロケとは全く違う緊張感があります。

お芝居になると、「乾杯!久々やな」っていきなり一番仲のええ感じを出さなアカン、これも結構な無茶ですよね。
初めての人やったら「ああ、どうも、よろしくお願いします」って挨拶するのがテレビは当たり前ですけど、そうじゃないので変な緊張感があるんです。僕はそれが楽しいというか好きなんです。

他の役者さんは「こうやって作りはんねんなぁ」とか、それを間近で見られるので「うわっ、スゴッ!」とか、言葉にはしませんけど、そうやって観察している部分もあります。休憩中の過ごし方とか。

―――― 新しい世界観を受け入れて、楽しむことができたということでしょうか?

宮川大輔さん
楽しいですね、怖さもあるんですけど。
「コメディやし、自分が芸人やからこうしよう」とかそんな風に思ってはいなかったですし、面白い4人の一コマに自分がおりました。

ヤウンペを探せ!,画像

―――― 逆に言えば、その役柄とそのシーンに集中することができたということですよね。

宮川大輔さん
まあそうですね。ほんまそのままで、休み時間にみんなで喋っている感じが劇中に出てた。だから、仲良うなっていくうちに笑いを堪えるのがたまらん、しんどかったです。でも、(この作品は)笑ってもええ、それが楽でした。

―――― 池田さんは新しい発見という点ではいかがですか?

池田鉄洋さん
私は宮川さんと初めましてなんですけど、宮川さんがかなりお芝居に出ていたことは知っていますし、怖い先輩方と一緒にやってきたという体験談は知っているんです。坂本あきら先輩を怒らせたとか(笑)

宮川大輔さん
(爆笑)
それは怒られた(笑)
舞台中にね、浣腸したらメチャクチャ怒られたんです。当たり前やっ!て言う話なんですけど(笑)

ヤウンペを探せ!,宮川大輔,画像

池田鉄洋さん
すっごく優しい人なんです。昔、「こち亀」の舞台で共演していて、あのホトケの坂本さんを怒らせた!!って。

宮川大輔さん
それを池鉄さんに言うたら、「そりゃそうだよ!意味なしの浣腸でしょ?そりゃ怒られるよ」って。

池田鉄洋さん
宮川さんは怖い先輩方とも共演されていて役者としての経験は絶対に豊富なんです。松尾君も私もさんざん出過ぎて怒られてきた役者なので、

ヤウンペを探せ!,池田鉄洋,画像

宮川大輔さん
(笑)

池田鉄洋さん
「もう出なくても良いよね、大丈夫だよね」っていう自信がようやく出てきたんです。

この作品の現場では、「僕、もういいんで任せます」みたいな「出ます?」「じゃあ、出ますよ」みたいな、水面下で(言葉に出さなくても)、次は誰が行くか?の計算が結構見えて把握できたんです。

だから居酒屋のシーンもそういう意味ですっごい楽しかった。脚本上の面白さもあるんですけど、役者同士の経験のパスの出し方が超楽しかったです。それがずっとクスクス面白いんだと思います。

―――― その中に一凛の花として蓮佛さん(ミサト役)が登場されますが、蓮佛さんの印象を教えていただけますか?

池田鉄洋さん
何回も共演しているんですけど、ずっと綺麗なんです。飾っていなくて話しやすい方なんですけど、女神感があって触れちゃいけないぐらいの綺麗さがあるんです。それがこのヤウンペのヒロインとしては素晴らしい!ベストキャスティングだった気がします。

ヤウンペを探せ!,画像

―――― 「メェメェ」のシーンなんかも見ている方としても可愛いなって。

宮川大輔さん
あれで自然にこう“ニッカー”ってできるんです。女神でした。

池田鉄洋さん
だから4人が誰も一歩踏み出せないのが凄くリアルに感じられます。彼女に手を出したらいかんぞ!みたいな感じになる。

―――― キャスティングとしてピッタリだったのですね。
このシーンは面白い、好きだというシーンをそれぞれ教えていただけますか?

宮川大輔さん
個人的に一番面白かったのは、スーパーマン姿の池鉄さんが子供のお母さんに「乳首立ってるやん」とか「なんなん気持ち悪っ!」みたいなのとかメッチャ面白いです。淋しさとか哀愁があって、ああいう瞬間ってお笑いでも大事なんです。

ほんで、池鉄さんのシーンはずっと雨降ってはるんです。雨男なんです。

―――― (笑)ずっと降っていましたよね、わざとですか?(笑)

宮川大輔さん
わざとじゃないんです!タイトなスケジュールで撮りきるしかないのですが、ずっと雨なんです。だから、寒いんで、(乳首が)立つんです。池鉄さんのシーン全部面白いです(笑)

―――― 「乳首立ってるやん」はアドリブだったのではないですか?(笑)

ヤウンペを探せ!,画像

池田鉄洋さん
アドリブなんですけど、言われた瞬間に本当に子どもの前で申し訳ないという気持ちになるんです、乳首なんか立たしちゃって(笑)だからリアルなんです。

―――― 登場のシーンもトンネルみたいな所から滑りながら出てきて、その時にタイミングよくお母さんに言われちゃいますもんね(笑)

池田鉄洋さん
撮影前にビッチョビチョだったから、スタッフさんが全部拭いて、でもまだ降ってくるから拭いて拭いて。それでも本番で滑って冷たいなって思っていたら怒られて、「ごめんなさい」って謝る(笑)

ずっと雨で本当に申し訳ない気持ちもあったし、牧場のシーンも私が出てくると白い霧がブワーッ…。目の前の風車も見えてないですもん。

宮川大輔さん
(爆笑)

池田鉄洋さん
申し訳なさ過ぎて、せめて俺が終わったら晴れてくれないかなと思ったら見事に晴れて。私はそのまま帰るために駅に着いたんですけど、駅で雹(ひょう)が降ってきて、ダダダダー…って

ヤウンペを探せ!,池田鉄洋,画像

宮川大輔さん
(爆笑)

池田鉄洋さん
駅に天窓があったんですけどちょっと壊れたんです。

―――― そんなに凄いことになっていたのですね。川沿いのシーンからずっと雨で、特別な演出で何か意味があるのかな?と思って気になっていました(笑)

池田鉄洋さん
あそこは景色のいいところなんです。湖だけど富士山がバーッと見えるところで。
でも、タロウはそうあってほしい気がして、タロウがどんどん酷い目にあうと楽しくなってくるので、自分に笑いの神様が下りて来てくれたのかなって。

―――― そんな池田さんの好きなシーンはいかがでしょうか?

池田鉄洋さん
宮川さんが酔っぱらっているシーンも子供の風船が割れた後のシーンも全て、芸人じゃなく、役としてかなり真剣にツッコんでいるのが面白くて。やっぱり宮川さんのツッコミはちゃうんです、全力なんです。酔っ払って倒れるシーンも多分怪我していたんじゃないかな?

宮川大輔さん
いや、怪我は全然大丈夫でした。

池田鉄洋さん
だとしたら受け身がスゴイ。バッターンって倒れて、ブワーッと。

―――― 本当に酔っぱらっているのかと思いました(笑)

宮川大輔さん
台本には【ベロンベロンになっている】と書かれていて、結構台詞もあったので、台詞は喋らなあかんしと思うとやっぱり酔いは足にきているのかなって。そっちでいかなしゃあないな、みたいな。

池田鉄洋さん
志村けんさんと舞台をやったことがあって、志村さんは全然手を抜かないんです。酔っ払いの演技も凄いし、笑いを突き詰めた人って笑いに対して凄いですから。

宮川大輔さん
いや、おこがましいですよ(笑)志村さんはそうですけど、僕はそうやるしかなかったんです。

池田鉄洋さん
吉本興業が制作のコメディで宮川さんが関わっていらっしゃる作品に、役者として演じる時に身が引き締まる思いはします。それは経験上コメディをなめたらおしまいだと思っているから。この作品は新しいコメディ映画になっている、ずーっとクスクス面白いから、珍しい作品。

―――― 本当にどのシーンも面白かったです。中国人のホステスさんがイチゴのフルーツに“ペッ”って唾をかけたりして(笑)

宮川大輔さん
あれは(桜井)ユキちゃんのね。僕は座って倒れ込んでいたので分からなかったんですけど、皆がゲラゲラ笑っていて、「唾かけてんのかーい!」みたいな。

ユキちゃんも動揺しつつ、「とりあえずやります!」って。みんながそんな感じでしたから楽しかったです。

―――― (笑)お話を聞いていると現場に行きたくなっちゃいます。
楽しい作品とお話を有難うございました!

宮川大輔さん&池田鉄洋さんから動画メッセージ!!

上映館は公式HPでチェック!

yaunpe.official-movie.com

キャスト

池内博之 宮川大輔 松尾諭 池田鉄洋 蓮佛美沙子
赤楚衛二 門脇佳奈子 村松利史 栗原類 川畑和雄 渡部陽一 ソンモ 永嶋柊吾 ついひじ杏奈 大江駿輔
川島海荷(友情出演) 桜井ユキ 榊英雄 桂三度

主題歌

大野莉昂「描きかけの夢」/劇中歌:ソンモ「I’m lovin’you~泣いたらいい~」

監督:宮脇亮
脚本:髙石明彦、渋谷未来
制作:吉本興業 読売テレビ
配給:吉本興業
製作:「ヤウンペを探せ!」製作委員会
2019/日本/カラー/ビスタ/86分
Ⓒ2019「ヤウンペを探せ!」製作委員会

11月20日(金)よりシネリーブル池袋ほか全国順次公開中!

ヤウンペを探せ!,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  3. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  7. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る