清水尋也さん「同世代だから刺激をもらった」

清水尋也,画像

映画『青い、森』主人公・波役
清水尋也さんインタビュー

11月にスタートした東京での上映が好評となり、その後全国順次公開中の映画『青い、森』で幼い頃に両親を亡くし、育ての親だった祖父をも失った主人公の“波”を演じた清水尋也さんに本作の撮影を振り返っていただきながら、お気に入りのシーンや公開中の映画『佐々木、イン、マイマイン』の内山拓也監督に対する熱い(?)想い、さらには清水さんの役者としての原点や役者の醍醐味などたっぷりと語っていただきました!

清水尋也,画像

映画『青い、森』主人公:波役の清水尋也さん

清水尋也,画像

清水尋也,画像

―――― 不思議な世界観を感じるとても良い作品で演技もマッチされていて惹き込まれました。完成した作品をご覧になってどんな感想を抱かれましたか?

清水尋也さん
内山さんと井手内さんが最初の顔合わせの時から「こういうメッセージを込めたい。良い作品にしたい」という作品への想いを熱心に真摯に伝えてくださったので、それに応えたい気持ちがありました。リハーサルからフィーリングみたいなものは上手くハマった感触があったので、撮影前から良いものになるだろうなって。完成した作品は想像を遥かに越えましたね。とても良かったです。

演じている時はカメラを意識しないで芝居をするので、自分がどういう風に映っているか気にかけないのですが、出来上がった時に“波”の存在が志村(役:門下秀太郎さん)と長岡(役:田中偉登さん)にとって凄く神秘的で大切なものに映っていました。

僕たちは友達という設定なので立場は対等なんですけど、三人が一緒のシーンがあったからこそ“波”が失踪してからの二人の芝居に繋がっているんだなって思うんです。だから、“波”が居なくなって二人が色んな事を考えてもがいていく、言い合ったりするシーンが個人的にすごく好きです。最初に観た時にあの二人のお芝居に感動しましたね。“うわぁ、凄いな”って。同世代だから刺激をもらったし、強く惹かれました。

―――― そこにはいない“波”を挟んで一つですもんね。そういった意味をきちんと受け止めることが出来ましたし、3人一緒の回想シーンなども含めて、全体として非常にまとまっているなと感じました。

清水尋也さん
三人のシーンでワチャワチャしたり色々あったんですけど、そこが多分いい作用をしたと思います。僕は純粋に二人といる時間を楽しんでたし、“波”の感情的には裏で色んなことを考えてるんですけど、結果として凄くいい形に現れたと思います。純粋に仲が良かったんで。

―――― 三人とも年齢も近いですよね?

清水尋也さん
門下が僕の一つ上ぐらいです。年上なのにタメ口なんですけど(笑)。偉登は同い年ですね。しかも、偉登は中学生ぐらいから知っていたんで。

―――― ピッタリのキャスティングだったのですね。

清水尋也さん
そうですね。最初は「久々!」って感じでした。

―――― 事前に関係性を作らなくても現場ではあの三人一緒のシーンを撮ることができたのですね。

清水尋也さん
現場前ではリハーサルの一回ぐらいしか会っていないと思います。基本的に僕はあまり役に対して、自分で作り込まないタイプなんで。台本は通しで1、2回しか読まないし、物語と自分の役の立場を把握するために読んで、後は前日に台詞を覚えることしかしないです。

現場に行けば、物だったり、人だったり対象があるので、そういう意味では基本的に映画は一人で芝居をするものではないですし。例えば「ごめんね」って台詞が書いてあっても、どのテンションで「ごめんね」を言ってくるかはその場にならないと分からないし、こっちもそれを聞いた時にどう思うか分からないので、基本的には作っていかないです。彼らとの芝居も、現場に行って向こうがどういう風に出てくるか、その時に自分がどう思うかを一番大切にしたので、本当にその場でって感じでした。

三人のシーンは細かく書いてあったわけじゃなくて、設定として【ここを歩いている】とあるだけで、その時に話してる内容も全部僕たちのアドリブというか、その場で出来ているものです。そういった部分が多かったので、三人のシーンは割とお互いのフィーリングを重要視した部分が強いと思います。

 

―――― 例えば、アドリブで覚えているシーンがあればお聞かせいただけますか?

清水尋也さん
旅をする途中でボールを投げ合ったり、車道の真ん中を三人が並んで「疲れたぁ」って歩いたり、牛舎みたいな所に入り込んでみたり。歩いていて監督が「ここいいじゃん!ちょっとここでも撮ろうぜ!」ぐらいのノリで撮ったところもあったし、移動しながらライブ感のある撮影でした。

会話した内容がどれだけ使われていたか覚えてないですけど、アドリブというか、本当に素で話しているような感じだったと思います。

―――― 一番楽しかったエピソードと言えば何でしょう。

清水尋也さん
何だろう…牛舎へ行った時に、メッチャ臭かった(笑)

楽しかったのはボール投げるところで偉登に当てなきゃいけないんですけど、結構当たらなくて。イメージでは。ポーンって投げてコンッみたい感じだったんですけど、使われているのはド・ストレートがパーンって当たって、偉登は「おいっ」って感じで。水遊びのシーンとかもワイワイやってました。

―――― 楽しそうだったので本気で遊んでいるのかなって。

清水尋也さん
本気で遊んでいました(笑)

清水尋也,画像 清水尋也,画像 清水尋也,画像

―――― 現場で感じたことを大切にするスタイルは、デビューの頃からそういう形ですか?

清水尋也さん
そうですね。

―――― それは手本にされた方がいたのですか?

清水尋也さん
手本は…いないです。

有難いことに最初か2番目に受けたオーディションでドラマ「高校入試」のレギュラーをいただいたんです。当時は中1だったんですけど、本当に何も分からない状態で現場にマネージャーも来なくて一人で行っていたので、現場のルールも知らなければ、誰がどういう立場で俳優がどう関わればいいかも全く知らなくて。なので、好きにやるしかないし、「ダメ」って言われたことは止めればいいって思って、周りを見て「これはしてはいけないんだ」とかを学びながらやっていました。

毎回芝居をする相手やロケーションは変わってくるので、自分で思い詰めて固めて演じるというよりも楽しくてやっているのが一番なので。だからこそ、毎回新鮮な感覚があるし、それがこの仕事の好きなところです。

―――― いつ頃からその感覚を掴まれたのでしょうか?

清水尋也さん
決定的な人生の変わり目は映画『渇き。』(ボク役)です。中島監督に「お前は台本に書いてあることしかやらないから面白くないんだ」と言われて。監督さんによって変わると思うんですけど、「台本に書いてあることは最低限。もっと余白の部分を考えて、自分がこうした方がいいんじゃないか、こうしたら面白いんじゃないかと思うことをどんどん試せ。違うと言われたことは止めればいいから」と。

その時に自分で考えて何かアクションしていくことの意味や楽しさを知り、その場で感じたままに、突発的なアクションを起こしていくみたいなことは、若干スリルもあると思うんですけどその場でしか生まれない充実感みたいなのがあって。

僕は映像が好きなんですけど、映像の良さはその場でしか感じ得ない感情をバッと表現し、その感情が一生残る。それが凄く尊くて好きなんです。『渇き。』のタイミングで芝居の奥深さみたいなものにも気付きましたね。

―――― いい時期に、中島監督に出会えて良かったですね。

清水尋也さん
『渇き。』も『ソロモンの偽証』も、オーディションだったんです。この二つの作品は節目になりましたし、周りの方々にも評価していただいたので、凄く自分の自信になっています。中島監督も成島監督もそうですけど、これまで一緒にお仕事をさせていただいた監督や役者の皆さんに本当に感謝しかないです。本当に出会いに恵まれていると思います。

―――― 本作の内山監督もスタイリストから映画監督になられて、一から作り上げたという意味では、フィーディングが合ったのではないでしょうか?

清水尋也さん
多分一番合いますね。僕はもう宣言していて、「一生、内山組のオファーは受ける」って決めているんです。「オーディションにも呼んでほしい」って。

リハーサルをした時に、不思議と内山さんの言っていることが全部分かるんです。内山さんの中で「A」と「B」の解釈があったとして、僕がパッと浮かんだ「A」をやるとします。内山さんに「そっちじゃない」って言われたら、「じゃあ、こっちか」って僕の中での「B」をやると大体OKなんです。そもそも、内山さんの「A」と「B」と僕の「A」と「B」が同じ可能性は100%じゃないし、「A」と「C」の可能性もあるわけなのに、そこが合っているから「そっちじゃない」って言われた時にどっちなのか分かるんです。そこの感性みたいなところが似ているのかなと。

一回夜通し喋ったことがあって、その時に生い立ちや家庭環境が似ていたり、人生に対する価値観とか物事の受け取り方に通じる部分があったり、そこでグッと距離が縮まりました。だからこそ、僕は全面的に信頼を置いているし、内山さんと一緒に作品を作ったら絶対にいいものしか出来ないという自負があるので、これから先も一緒に仕事をしていきたいと思うし、…兄貴って感じですね。

その後も含めて、実際に三回ぐらい仕事をしていますけど、毎回地獄を見ているんです。一生仕事するって決めたんですけど、二度と会いたくないって思う時もあります(笑)。

―――― (笑)とてもイイご関係ですね。

清水尋也さん
でも、たまに内山さんと仕事してゴリゴリにしごかれると、ちょっと気持ちいいんです(笑)「やってくれたな、今回も」みたいな。そういう意味でも定期的にお仕事した方がいいなって思ってます(笑)

―――― 本作における地獄はどのシーンでしたか?(笑)

清水尋也さん
僕が転がり堕ちて、寝っ転がって「ハァ、ハァ」言っているシーンです。予告編にも使われているんですけど、あの真っ最中に僕は気絶しかけているんです。

―――― 本当に転がったわけではないですよね?

清水尋也さん
実際には転がれないので、僕が寝っ転がってカメラを振って僕の体も振って撮ったんです。転がり堕ちている設定だから「ハァ、ハァ」言うし、「ワァーー」みたいな。それを何回もやって最後にバーンって堕ちて倒れて「ハァ、ハァ」言うカットを長回しで。実際は疲れてないんですけど、ずっと「ハァ、ハァ」していて急激に酸素を出し入れしたんで酸欠になっちゃって。芝居ではよくあって、ちょっと疲れたなぐらいで終わるんですけど、あまりにもそれが長くて途中で気絶しかけちゃって(笑)

―――― それは確かに大変なシーンですね(笑)ちょうど夏の撮影だから相当暑かったんですよね?

清水尋也さん
暑かったですね。山とかは割と日陰でしたけど、僕、虫が大嫌いなんです。流石に芝居中には文句を言えないんですが、寝っ転がってるシーンでもモゾモゾするんです。何かがいる感覚。しかも山の中だから大きいんです。…それも地獄でした(笑)

―――― (笑)井手内監督は優しい言葉をかけてくださった?

清水尋也さん
井手内さんは俯瞰で見ている感じですね。あの二人が一緒にいるのを見ると面白いです。まったりしているし、あんまり喋らないんです。二人とも自分のペースがあるというか、ぶつかり合っているのも見たことがなくて。現場で内山さんが「こうしてほしい」って言うと、井手内さんは黙って聞いているし、逆も同じで。何か不思議な感覚ですね、あの二人はどういう関係なんだろう?って。

―――― 現場に監督が二人いらっしゃるとやり難さはなかったですか?

清水尋也さん
全然!
二人がいい感じに噛み合っていたんで、大丈夫でした。目の前でぶつかっていたら、どうしよう?みたいな感じにもなるんですけど、役割分担をしていたのかどういう形でやっていたのか分からないですけど。

清水尋也,画像 清水尋也,画像 清水尋也,画像

―――― 出来上がった作品を観て、ご自身のカットでお気に入りの是非注目して観て欲しいシーンはどの辺りですか?

清水尋也さん
お気に入りは、トラックの荷台で話しているシーンが好きですね。特に大事だと思って気合いを入れていましたし、凄くいいシーンだったと思います。

―――― 映像も美しかったですけど、やっぱり現場より出来上がったものはさらに綺麗でしたか?

清水尋也さん
そうですね。僕は出演時間が三人の中では一番短くて、確か2日、3日で終わったので、他のシーンは全部知らなかったんです。観た時に自分の知らない二人の芝居を観れたから余計に感動したんだと思いますし、綺麗でした。

―――― フィルターがかかっているのかもしれませんが、『青い、森』が本当に印象的でした。どこでもない、日本でもないような。

清水尋也さん
神秘的でしたね。

若者がもがくというか、懸命に何かを探し求めるみたいな、シチューションとしては実生活ではなかなかないと思うんです。人が失踪したりとか。別にその対象って何でもいいと思っていて、夢なのか、はたまた物なのか、やりたいことなのか分からないですけど、そういう部分はたぶん若者に通じる部分があると思います。そういう懸命な感じが、題材としてはちょっと飛躍的な部分はあるけど、うまくいい質感、温度感で、リアルな画になっていると思います。

本当にあの二人のお陰です。純粋に一観客として観た時に本当に素晴らしかったと思いました。有難いことにポスターに自分の顔を使ってもらって、名前も一番上に書いていただいているんですけど、二人を観てほしいです。

―――― “波”が「物事には全て裏側がある」って突然スッと入って来る、あの時はドキッとしました。それまでの“波”とは違ったので心の闇、切なさというか悲しさみたいなものがパッと姿を見せた感じがして印象的でした。

清水尋也さん
スピリチュアルじゃないですけど、SFっぽさを感じる部分があって。感情とかで括れないような部分がこの世にはあると思っていて、そういう神秘的な掴みどころのない感じ、手の届かなそうな領域で何か話をしている感覚があって。“波”がそこの象徴的なものになっていると思います。

でも、急にあの感じで出てくるから最初は“おっ!?”と思ったんですけど、画を見てみると成立しているし、逆にいいエッセンスになっているのかなって。急にパッと“波”の顔が見えるからこそ、二人はずっと引っかかって離れないみたいな。回想でもあのシーンが出てくると思うので、フックになっていて良かったと思います。

―――― SFにも色んな設定があると思いますが、どんなSFチックな世界感がお好きですか?

清水尋也さん
最近では『TENET テネット』を観ました。クリストファー・ノーランの作品が好きで、特に『インセプション』が好きです。ちょっと有り得そうな感じが好き。

あと時間とか、パラレルワールドにくすぐられちゃうんです。パラレルワールドとか宇宙人とか好きです。そういう話を友達とずっとしちゃうタイプ。飛躍しすぎていない「この技術、もしかしたらいけるんじゃないか」っていう、手の届きそうな感じが凄く男心をくすぐります(笑)

―――― ホラー系のヒューマンドラマ『ミスミソウ』、ラブストーリー『甘いお酒でうがい』、内山監督とのミュージックビデオKing Gnu「The hole」では同性愛を演じていて、本作でも青春の何とも言えない一瞬を上手く捉えていて役の幅がどんどん広がっているように感じます。今後挑戦していきたい役という点ではいかがでしょうか?

清水尋也さん
…特にないですね。

自分に何が合うかは自分では分からないし、どちらかと言うと「自分でこの役をやりたい」というより、「この役は清水君にしか出来ないからお願いしたい」って言ってもらえるようになりたいです。いただいた仕事は有難いことでしかないので、それを常に全力で。

得意を作っちゃうと不得意が出来るので、どんな役を振られてもやる自信はあるし、やりこなす自信があると胸はって言えるようにやっていきたいですね。

―――― 俳優としての素晴らしいスタンスについてお伺い出来たような気がします。
MV「The hole」のちょっと切なさそうに男性を見る仕草、あの辺も“うわっ”っと驚きました。今日の清水さんと全然雰囲気が違うなって感じていました。
話題は変わりますが、“波”は“現実を写しながらも裏側の世界も見たい”といった気持ちで写真を撮っていたと思うのですが、清水さんもカメラは趣味だったりするのですか?

清水尋也さん
撮るのは好きです。でも、絶対にカメラを持ち歩けないんです。荷物を持つのが大嫌いなので(笑)

―――― ケータイとか小物をポケットに入れるのはセーフですか?

清水尋也さん
ポケットに収まればOKです。最近は6個ぐらいポケットがあるズボンを選んでいます(笑)

―――― 素晴らしいお話をご披露いただき、とても楽しい時間でした。有難うございました!


第2回未完成映画予告編大賞 MI-CAN「平川雄一朗賞」受賞作品
星降る町の映画祭 2018 with CINEMA CARAVAN 正式出品作品

「喪失」を経て残された者たちが、それでもなお人を思い懸命に生きる姿・・・。現代を生きる“わたしたち”への物語。

映画『青い、森』予告動画

監督・編集

井手内 創
内山 拓也​

出演キャスト

清水尋也
門下秀太郎
田中偉登

主題歌

「青い、森、、」原田郁子(クラムボン)

映画『青い、森』全国順次公開中!

公式HP:https://aoimori.site/

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  2. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  3. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. ステージ・マザー,画像
    ごく普通の主婦ジャッキー・ウィーヴァーが “がけっぷち” ドラァグクイーンとゲイバーを再建!? …
  6. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  7. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る