Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!
Pocket
LINEで送る

チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ 動画インタビュー!
「闘志を持つ女性の役は新鮮だった」

「政界一の嫌われ者」から「伝説のリーダー」になったチャーチル、真実の物語。 ダンケルクの戦いの裏で下された、歴史的決断とは──。

■ リリー・ジェームズ オフィシャルインタビュー
(秘書エリザベス・レイトン役)

ー本作についてー
ジョー・ライト監督作品だからぜひ出たかったの。以前から彼の映画に出たいと思っていたのよ。監督と会って話した時、チャーチル役はゲイリー・オールドマン”と聞いてますます出たくなった。

もちろん脚本も本当に素晴らしかったわ。第2次世界大戦が舞台の映画よ。まだ、ウィンストン・チャーチルは首相に就任したばかり。映画の冒頭部分では、彼の実力は未知数の状態なの。そして、時代は“暗黒の時”へと突入していくのよ。

戦況は悪化の一方で、フランスにも侵攻が始まるの。エリザベスは兄がフランスに出征していたのでとても心配だった。戦地で無事なのかどうか、まったく分からない。チャーチルは就任後、数週間で様々な決断を迫られるの。

この映画は政治や歴史を題材としている作品よ。当然ながらかなり重い内容も入っているけれど、人間らしさをこめて描かれているわ。登場人物の結びつきを描くことはジョー・ライト監督が得意とするところよ。とても美しい描写だと思うわ。演技指導はもちろんカメラへの指示も巧みなの。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!

ー衣装やメイクについてー
メイクスタッフのおかげで役にぴったりのウィッグで変身できたわ。メイクや衣装を整えることは役作りの大切な要素よ。スタッフとの信頼関係さえあれば本当に特別な体験になるの。冒頭のエリザベスの服装は首相と仕事をする覚悟がある女性には見えないわ。心の準備ができていない感じね。

だから最初はソフトな印象のワンピース姿で、たくましく成長するとスーツ姿になるの。戦争中はニットやウールの服が多いわね。彼女が厳粛さを身につけたことを表しているの。とにかく大量の衣装を試着して、スタイルを決めていったのよ。衣装というのは作りの出発点になるわ。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!

ーゲイリー・オールドマンについてー
あれはシュールな体験だったわね。朝、仕事に行くとチャーチルがいる。ゲイリーは役ごとに完全に変身してしまうの。撮影中、素顔の彼にはほとんど会ってないわ。リハーサルにも特殊メイクで来ていたのよ。そして話し方も常にチャーチルそっくり!ゲイリー本人の顔や話し方を忘れそうだった。

ゲイリーこそ本物の俳優だと思うわ。特殊メイクなどの助けもあるけど、何よりも素晴らしい演技力を持った人よ。そして、とても心の広い人なの。共演中にも感激してしまったわ。演技は本当に大胆で見事。その上、とても楽しい人で私に優しく接してくれる。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!

ーエリザベスという役についてー
私の役もいつもとは違っていて楽しかった。恋愛の対象としては描かれていないのよ。彼女とチャーチルとの間には恋とは違う特別な絆があった。闘志を持つ女性の役は新鮮だったわ。この時代の政治について勉強したわ。チェンバレンからチャーチルに首相が交代するという激動の時代よ。学ぶのは楽しかった。

秘書は大変な仕事よね。首相が打つ電報の数は相当なものだった。陸軍将校を始めあらゆる要人に送るから、必死に名前を覚えたはずよ。そうしないと正しい人に電報を送れなくなってしまう。私も大変だったからエリザベスの気持ちが分かるわ。政治の世界は男性社会だしね。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!

これは誰もが知っている歴史を題材とした映画よ。まさに激動の時代を描いているの。私自身の個人的な感想としても本当に心を動かされるストーリーだった。あの時代に生きた人々は家族や家を失った大戦を二度も経験した人だっている。私の祖母にも戦時中の思い出があった。

フランスに住んでいた時、軍用トラックで移動していたら途中で爆撃を受けたそうよ。そんな話を自分の祖母から聞いた時には、本当にショックを受けたわ。そんなに昔の話じゃないし今だって戦争中の国はある。忘れてはいけないわ。私たちは、もっと過去から学ばなければ。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』チャーチルの秘書を演じたリリー・ジェームズ動画インタビュー!


アカデミー賞最有力!
ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<ゲイリー・オールドマン>ノミネート!

名優ゲイリー・オールドマンが伝説リーダー、ウィンストン・チャーチルを演じた真実の物語『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2018年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開)

【作品紹介】
「彼の決断が、歴史を変えた――。」

1940年、第二次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、ヨーロッパの運命は、新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に委ねられた。嫌われ者の彼は政敵に追いつめられながら、究極の選択を迫られる。ヒトラーに屈するのか、あるいは闘うのか―
―。

「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」(2013年PwCJAPAN調べ)に、スティーブ・ジョブズやガンジーを抑えて選ばれた伝説の政治家チャーチルは、最大の国難に直面したその時、いかにして人びとに勇気と希望を与えたのか?本作は、実話を基にチャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる

27日間を描く、感動の歴史エンターテインメント。

■ 予告編

■ 原題・英題
Darkest Hour

■ 監督
ジョー・ライト
 
■ 出演
ゲイリー・オールドマン
クリスティン・スコット・トーマス
リリー・ジェームズ
スティーヴン・ディレイン
ロナルド・ピックアップ
ベン・メンデルソーン

2017年/イギリス/125分 ユニバーサル作品

■ 配給
ビターズ・エンド/パルコ

■ コピーライト
© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

■ 公開日
2018年3月

■ 公開情報
2018年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

■ 公式サイト
www.churchill-movie.jp





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」


関連記事

コメントは利用できません。

大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  2. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …
  5. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  6. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…
  7. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る