リズと青い鳥
Pocket
LINEで送る

高校生の青春を描いた武田綾乃さんの小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化した映画『リズと青い鳥』がついに本日4月21日(土)より全国公開となりました。この作品は、吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美の2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリー。そして、作品中に登場する童話の中の登場人物のリズと青い鳥の少女を一人二役で演じたのが、自身も女優とフィギュアスケート選手として活躍する本田望結さん。今回は映画の公開を記念し、本田望結さんにたっぷりこの映画の魅力や作品への想いを伺いました!
ーついに映画が出来上りましたが、今の感想は如何ですか?
今回は一人二役ということで、声を撮るまでに、違いをつけたり、声の替え方を沢山練習したりしました。でも、監督に直接お話をうかがうと、違いはつけず一人一人に完璧な色を付けないで欲しいということでした。きっと、聞いている方々からすると、リズと青い鳥の少女のどっちが喋っているか分からない様な感じになるのではないかと思って、私も凄く怖かったし、レコーディングの最中もほんとにそれでいいのかな?という不安もありました。本編を拝見し、途中‟みぞれ”がどういう風に演奏すればいいのか?と迷ってしまう、そんな不安な感情を表現するためにも一人二役だったのではないかと思っています。監督からは「どちらがしゃべっているのか?というくらい自然な感じの望結さんを」と言っていただいので、あまり違いはつかない形になったと思います。

本田さんが一人二役に挑戦したリズと青い鳥の少女


ーレコーディング中は東山さんや種﨑さんとはご一緒だったのですか?
レコーディングは全く別々で、私は一人で撮りました。先程、映画も観たばかりなんですが、まだ監督にしかお会いできていないので、早く皆さんにお会いしたいです!
ー脚本を読まれる前とご覧になった後では印象は違いましたか?
台本を読ませていただきましたが、映像がつくと全く違いますし、セリフだけでは伝え切れない部分がもちろんあると思います。そして今日初めて観て、ほんとに良い映画だなと。この映画に吸い込まれてしまう様です。周りの方の話が全く聞こえないぐらい見入ってしまう作品です。
とにかくこの作品に参加できてほんとによかったです!そして、監督の「そんなに差をつけないで」とか「自然な望結ちゃんで」というのがより分かりました。今は少し安心した感じです。私は女優で声優ではありませんので、皆さんが声優でない私を許して下さるかは不安ですが、それが今日観てみて、本当に素敵な映画だと思いました。

完成した映画を観てあらためて感じた出演の喜びを語ってくださった本田望結さん


ーこの映画に吸い込まれるという感じ、よく分かります!
一瞬、自分の声はどこだろう?と思いました。
出演させていただいている作品を観ると「あ、自分の声が来るな!」とか「大丈夫かな?」と結構思うのですが、この作品では初めから映画に吸い込まれてしまいます。
本当はずっと一緒に居たいのに「あなたはちゃんと羽ばたいていいんだよ」と青い鳥の少女に伝えるリズと、一緒にいたいけど好きだからこそ受け止める青い鳥の少女の気持ちが、微妙なズレを伴いつつも二人とも意見は一致しているというか、その感じがほんとに素敵だと思いました。
ー仕事とフィギュアスケートの両立は大変ですか?
そうですね、好きなことばかりなので凄く楽しいですし、もちろんスケートで技が出来なかったり、お芝居でなかなか納得いかないことがあったりする時には、苦しかったり、悔しかったり、嬉しかったりとか沢山ありますけど、「これが私にあってるのかな?」とか「ほんとにやめた方がいいんじゃないのか?」と思うことは一度もないです。
二つのことをやっているだけで、両立とか二刀流とかそういうことを言えるまでには至ってないと思います。私の中でそれを完璧にできていると思える方は、野球の大谷翔平選手です。勝手に先生だと思っているだけで、お会いしたこともなくて、私なんかが尊敬しちゃっていいのかという感じなのですけれど。でも、沢山の方に認めてもらうにはまだまだですので、スケートでも一番になれる様に、お芝居でもしっかり結果を残せるようにしたいなと思っています。そして、何となくですがこの作品は私にとってのスタートなのかもしれない、何かが変わるような気がしています。
どう表現したらいいのかわからないのですが、この作品に出会えてほんとに良かったなと改めて思いますし、一つの通過点としてこの場に居られてすごく幸せです。
ー「望結さんのお声が特徴的で素敵だ」と山田監督は話していました
声を入れて少し日にちが経ってから、取材のような形で「山田監督からご指名があったようですが?」と質問があって、そこで始めて知ったんです。その時もすごくびっくりして嬉しくて。でも、それを知らなかったからこそ、自然に山田監督とも話が出来たのかなと思って。それを初めから知っていると、変な緊張感というか、変なドキドキ感で「もっと頑張らないと」とか「こんな感じでいいのかな、監督にちゃんと応えられてるかな」とか逆に思ってしまって、監督のおっしゃっている自然な感じというのが上手く表現出来なかったんじゃないかなと思うと、後で聞いてよかったのかなと思います。
ー映画のシーンにちなんで、朝食はフレンチトースト派ですか?(笑)
あのシーンとても好きなんですよね(笑)。家であれば、お母さんが作ってくれたりして毎日違うんですけど、ホテルだと和食も洋食もどっちも取れる場所でとなると私、両方取っちゃう派なんですよね。ごはんと味噌汁に、パンとヨーグルトとか、和食か洋食かと言われると「どっちも!」と応えちゃいます(笑)
ースポーツしているので食には気を遣っている?
朝昼夜と何でも食べて、朝からガッツリいけるタイプだと思います。朝無理だという方もいらっしゃると思いますが、私は全然朝から夜ご飯メニューもいけちゃいますけど、一応夜6時以降は食べないようにしています。スポーツをしていますので、痩せすぎては駄目ですが太りすぎても駄目なので、不摂生には気を付けています。
ー楽器は何かやっていますか?
小さい頃ピアノをやっていました。家にピアノはあるんですが、全然弾いていないんです。フィギュアは結構楽器や音楽と仲良くならないと出来ないスポーツなので、そういう意味では音楽には繋がりは有るのかなと思います。でも、得意な曲というか、「これ弾けるんです!」というものを作りたいです。ピアノも一曲でいいから弾いてみたいと思います。
ーこの映画で音楽に親しくなれたのではないですか?
音がほんとに綺麗で、何かに吸い込まれるというのはこういう事なんだな、と改めて、、、いえ初めて思いました。この世界観の中には音が絶対に必要ですし。後半の演奏シーンがすごく好きで、台本を観た時から「このシーンは泣く」と思っていたんです。予想通り、その世界に入り込んで、私が一人教室に座ってみんなと演奏しているというくらい感情移入でき、この作品で曲というか音楽にも興味を持ちました。入学式や社会人になる方もいるし、これから新たなスタートをされる方達が沢山いらっしゃると思います。この映画を観ていただいて、学生さんでしたら、来年は吹奏学部に入りたいなと思ってもらえたら凄く嬉しいことですし、私も一人の観客として、音楽とか音に関わる仕事がしてみたいなと思いました。

後半のあの演奏シーン、そして音楽について熱い想いを語ってくれました


ースケートと映画の時とでは音楽の受け止め方に違いはありますか?
スケートですと、自分に曲がついてくるのが一番いい感じなんじゃないかと思います。曲があってそこに自分がのる訳ですが、見ている方にとっては滑っている人に合わせて曲がついていっているくらいが一番綺麗に見えるんじゃないかなと思いました。逆に、この映画ではのめり込むことができました。
ー後半に変化する二人の気持ちはどう理解したらいいのでしょう?
その気持ちは難しいものだと思うのですが、やっぱり好きだからこそ分からなかったり、分かっているつもりでも分からなかったり、逆に言わなくても分かってるでしょ?みたいになっちゃうところが人の気持ちって難しいですね。また、みぞれがハグを求めた時に「今度ね」というシーンがあるのですが、きっと、希美にも大きな理由があるのかもしれないし、何か用事があってそう言ったのかもしれませんよね。本心は分からないですけど、二人にしか分からない気持ち、それを支えようと一緒に頑張ってきた人達っていいですよね。
ー女の子が好きっていう気持ちはある?
ありますよ!何々先輩が憧れとか、大好きとか、女友達みたいな感じで、私も憧れる方とか、もちろん女性でも沢山います。むしろ逆に中学生ぐらいは男性が好きと言うよりも女性への憧れの方が強いのではないかと思います。もちろんかっこいい女性の先輩に対する憧れもあると思いますけど、ほんとに親友みたいな感じの可愛らしい女の子に対する気持ちのほうが強いかもしれません。
ーみぞれが希美の肩に頭を傾けるシーンについて
ずっと一緒に居たいという感じでしょうか。男の子とは違うかもしれませんが、女の子だとちょっとの好きぐらいの気持ちで普通にそんなことができちゃったり、それをされても何とも思わないのが女の子だと思います。


ー本や映画などで好きな作品を教えて下さい
「100万回生きたねこ」でしょうか。絵本はとても好きです。この本は、感情面で好きと言えるかどうかは違うかも知れませんが、とても大事にしている本で猫の気持ちが伝わってくるというのでしょうか。家に置いてあって、つらかったり、人間関係で上手くいかなかったりとかする時にこの本を読みます。


編集部より

本田望結さんの話は、自分の思いにとても素直だと感じました。一人二役が皆さんにどう観られるのかが少し不安だという率直な気持ちは、純粋な気持ちを丁寧に自分の言葉でお話してくださったのでしょうし、何より演者としてのプロ意識の表れだとも思いました。スケートに女優業にと幅広く活躍されているせいか、その感性の深みには驚かされました。
望結さんのこれからの活躍を応援しています!!


※英語版「リズと青い鳥」はこちらから(Liz and the Blue Bird)
http://tokushu.eiga-log.com/anime-movie/5583.html
【イントロダクション】
少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。
高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』がアニメーション映画化。みぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取ります。制作は、映画『聲の形』で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション。

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

そして、監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・西屋太志、音楽・牛尾憲輔ら、映画『聲の形』のメインスタッフが集結。繊細な人の心を映し出してきた制作陣による、――誰しも感じたことがある羨望と絶望。そしてそれらを包み込む、愛。この春、あなたの心に「響く」一作をお届けします。

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
【あらすじ】
あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。

だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

「なんだかこの曲、わたしたちみたい」
屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。
「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。
■ 予告編

■ 原題・英題
リズと青い鳥
■ クレジット
「リズと青い鳥」
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:高橋博行
撮影監督:高尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹
■ コピーライト
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
■ 公開日
2018年4月21日
■ 公式サイト
http://liz-bluebird.com/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  2. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  3. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  4. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  5. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  6. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る