リズと青い鳥
Pocket
LINEで送る

本日4/21(土)から全国公開となる映画『リズと青い鳥』。小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化した本作品は、吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美の2人の少女の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリーです。TVアニメ版第二期の『響け!ユーフォニアム2』に引き続き、本作で鎧塚みぞれ役を演じた声優の種﨑敦美さんと、傘木希美役を演じた声優の東山奈央さんに本作品の魅力をたっぷりと伺いました!種崎さんと東山さんの溢れんばかりの作品愛をお届けします。

傘木希美

鎧塚みぞれ

アフレコ後に映画が出来上がって、二人が改めて感じたこととは!?
[東山さん]
映像と音楽がマッチする点がTVアニメ『響け!ユーフォニアム』の特徴ですが、更に今回は、映画のためだけの劇伴(げきはん)がすごく聴きどころがあったと思います。フィルムになって初めて感じたのですが、「足音」と「音楽」が融合しているところが凄くステキです。みぞれと希美の足音は違っていてバラバラなのに、重なり合ったり音楽と波長が合ったりするんです。感動して、とてもわくわくしました!

※劇伴:劇中伴奏音楽(主題歌以外に劇中で使われる音楽)

[種﨑さん]
私も音楽が一番にきました。他には、アフレコの時には制作途中の映像で、‟リズと青い鳥”そして‟みぞれと希美”の物語が並行して進んでいくわけですが、その時の絵本の世界観が凄いんです。みぞれと希美の現実世界と全然テイストが違っているのに、それでもストーリーは一緒に進んでいきます。映像が完成したことでその世界観はよりハッキリと分かれるのだけれど、それでも同じ様に進んでいくところに、伝わってくるものが増えたというのでしょうか、大きく感じました。
あとは、チョコチョコと絵の具を落としたような色が、滲(にじ)んでだんだん広がっていく感じがたまらなく良いですね。

※アフレコ:映像に合わせて後から音を合わせてレコーディングする方法

今回主演としてお二人が最初に話をいただいた時の感想と台本を読んだ時の感想は?
[東山さん]
台本を見た時は「ついにこの日が来たんだな!」という感じです。みぞれと希美はTVアニメ版の2期からの参加になります。一度は仲たがいしていた二人がまた親しい友達関係に戻り、雨降って地固まるといった形で丁寧に描いてもらっていましたので、二人の物語としてはそれが全てだと思っていました。
それが今回、一本の映画として、(監督の言葉をお借りすれば)もっともっと二人の解像度を上げるような描き方をしていただいて、今まで見えてこなかったもっと細やかな感情が見えてきて、希美に関しては最初に台本を読んだ時は凄く驚きました。TVの時は底抜けに明るくて、天真爛漫で他人からは憧れの存在、そんな女の子だと思っていたんです。それが、音楽の才能について悩んだり、みぞれへの友達としての大切の仕方がちょっとすれ違っている部分が見えてきて、そのまっすぐだけではない人間味に最初は凄く驚いて、心を解きほぐしていくのに時間がかかりました。皆さんには、そんな生の感情に触れていただくことで、希美のことをもっと好きになっていただけるのではないかと思います。

[種﨑さん]
今回みぞれと希美の物語が創られると聞いた時は純粋に嬉しくて、またみぞれを演じられる!と思いました。TVシリーズよりも前の過去のお話なのか、シリーズ後の続編のような位置付けなのかワクワクがあり、結果、このタイトルになって、どんな物語なのか台本を見たら、アニメでは見られなかった二人の瞬間・会話・一緒に居る所が繊細に細かく描かれていていました。ト書きも凄く細かく描かれていて、とても助かりました。また、ユーフォの久美子というキャラクターはモノローグとナレーションは結構あるんですが、この作品には一切モノローグがありません。セリフがそんなに多くはなくて、言っていることと思っていることが違っていたりするのに、モノローグが無くて、画面全部というか、芝居や絵だけじゃない全部からそれを感じ取る作品にしよう、ということなのかなと思いました。

※ト書き:せりふ以外の登場人物の動作や行動を指示する部分のこと

TVシリーズと比べて二人のキャラや人間性が掘り下げられていますが、今回演じる時にあえて意識した点があれば教えて下さい!
[東山さん]
二人は親友だけど、お互い感じている‟好き”の気持ちが違っています。TVアニメでの希美は、みぞれのことは沢山いる友達の一人だと思っていたので、みぞれが自分をこんなにも特別に思ってくれていることに気付かなかったんです。だから自分が勝手に部活を辞めてしまったことで、みぞれを傷つけてしまいました。でも、今回の映画では、希美もみぞれに対してだけ持っている感情があります。それは、みぞれが自分を大切で好きだと思っている気持ちとはベクトルが違っていて、音楽に対する才能への嫉妬だったり、自分にとりわけ懐(なつ)いてくれる、この子は私の物ではないけど、自分から離れることはないんだろうなといった気持ち。希美の誘いにいつも一人でついてくるみぞれの意外な回答に希美がリアクションする辺りは希美のエゴだったりもするのですが、そういった気持の機微が見えてくるところがTVアニメとは違います。

[種﨑さん]
みぞれは希美とは違ってアニメの頃とそんなにブレていなくて、希美のことが大切でいつも近くに居たいという気持ちです。収録前に監督が長い時間をかけて話をして下さった中にも、「希美とお話をする瞬間や会話は、その時が最後でクライマックスのような、最終回の気持ちで」と言っていただきました。アニメの時も変わらずその気持ちでしたが、改めてそれをお聞きした時に、そっかこの作品はこういう作品にするのかと私が一番腑に落ちたのは、「全ての物は傍観者、風も木も空も二人を見守っている」という監督のお言葉です。みぞれ自体はブレていないのですが、傍観者から見られている側になるので、こちら側ではないんですけど作品としてそういう作品になるという意識は持っていようと思いました。TVシリーズでは部活動を描く中にいたみぞれですが、この作品は2人の女の子の物語です。描き方も当然描かれていることも凄く繊細で、細かい気持ちの変容が沢山積み重なって、という作品なので、ここをこうしようと細かく気を付けるのではなくて、全体としてそのスタンスで意識を持っていようと思っていました。

前半と後半にかけて心の機微が変わってくるという印象があります。前半と後半で意識した演じ方や、気持ちの入れ方について監督からアドバイスはありましたか?
[東山さん]
なにか大きなディレクションはなく、順調に進んだ印象がありましたし、それぞれの解釈でやらせていただいたと思っています。
『リズと青い鳥』ってほんとに静かな作品で、そういう意味で劇場に向いているというか、息ひとつ聞き漏らさず聴いていただきたい作品です。パッケージが出ても劇場で観てからの復習にして欲しいぐらい、まずは劇場で観ることを推したいです。全体的に何かがあって物事が急展開するのではなく、本当に静かな中で雪のようにしんしんと降り積もった感情に、最後は‟ああ、随分本当に遠いところまで来てしまったな”と思わせてくれる映画です。
また、アフレコの時、30分アニメの場合はCMの前後で二個に分けて撮るんですが、劇場版はシーン毎に撮らせていただいたので、‟今このシーンでこう思っている、次のシーンはこれが起こっている”ということを一つ一つ積み重ねながら大切に撮っていくことが出来たので凄くやり易かったです。

[種﨑さん]
劇的に何かがあるわけではなくて、それぞれの心の中ではちょっとずつでもどんどん動いていってるんですが、外から見たら何も変わっていないというか、ほんとに心の中を表現している作品です。あえてこうしようと思たことはなかったです。人間の心理のままにお芝居をすれば合うという風に映像を丁寧に作ってくださっていて。希美と一緒にいれて嬉しい、会話をしていてこんなことがあって嬉しいなど、それも全部自然にお芝居が出来る様にしてくれていたので、特にこうしようと思わなくても作ってくれていました。アニメですがほぼ実写の様な感じです。心がウワッと動いて、ウワッと出したい!!って思っても、アニメのキャラではあっても、一人の人間のみぞれとして考えたらウワッとはやらない、やりたいけどやらないだろうと。出しすぎないようにというのとは違いますが、アニメだったらもっとウワッとやるところを人間ってそうでしょ?というところって、ほんとに心のままにやっていた気がします。
でも、(東山さんに語りかけて)お互い一か所ずつテイクがあったよね?それ以外はこれといったディレクションは特になかったんですが、それぞれそのシーンで、ここはこうしようと、良いものが出るまでやらせていただきました。

劇中で朝ご飯ネタがありましたが、お二人は朝ご飯は何派?
[東山さん]
朝ご飯はコーヒー!あとフルーツ(バナナ、トマト、キウイ)の盛り合わせ。何となくすっと食べられるものを選んでいます。フレンチトースト派って言ってみたい!

[種﨑さん]
絶対に食べるのはりんご。リンゴだけは欠かさず食べます!食べるにはバナナが一番楽かもしれないけど、やっぱりリンゴが好きなのかな?

管楽器のご経験はあるのですか?
[東山さん]
フルートをやっていました!!普通の中学高校って、リコーダーとかハーモニカ、ピアニカなんかをやりそうなものですが、なぜかずっと一つの楽器を選んでやっていく教育だったんです。フルートは優雅そうだったので選んだのですが、息が全部入らないので、下手だと凄く酸欠になってしまうんです。

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

[種﨑さん]
リコーダーしかやったことない(笑)。(東山さん:でもオーボエと吹くときのポーズは一緒だから!)ギターをやってみたことはあるのですが、Fコードがおさえられなくて、サヨナラしました。今は楽器をやっていないのですが、チャンスがあればドラムを叩いてみたいです!!

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」


《編集部より》

2つのストーリーのシンクロに引き込まれ、女の子の繊細な感情の揺れに同調し、音楽に気持ちをのせることがとても心地よい作品です。音と映像、そして劇中言葉少なに語る二人を演じる東山さんと種﨑さんの感性が創り出す心の世界は想像もできない程の広さをもって、我々に語りかけてきます。
この魅力的な東山さんと種﨑さんの作品への理解と深い洞察力があってこそ、劇中のヒロインの二人は命を与えられ、まるで本物の人物のように我々の目の前で葛藤や心の成長を見せてくれています。東山さんと種﨑さんのご活躍をこれからも応援しています!

【あらすじ】

あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。
北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。
高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。
「なんだかこの曲、わたしたちみたい」
屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。
「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。

■ 予告編

■ 原題・英題
リズと青い鳥

■ クレジット
「リズと青い鳥」
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:高橋博行
撮影監督:高尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

■ コピーライト
c武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

■ 公開日
2018年4月21日

■ 公式サイト
http://liz-bluebird.com/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

関連記事

コメントは利用できません。

『子どもが教えてくれたこと』

注目映画

  1. 映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    アカデミー賞最有力! ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<ゲイリー・オールドマン>ノミネート! …
  2. ■ ストーリー 錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「ゼニガタ」…
  3. 映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    私は、家族を焼き殺された。 卒業まであと2ヶ月、私ね、人を殺したの。 【イントロダクション】 …
  4. 映画『モリのいる場所』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    文化勲章を断ってしまった! 30年、ほとんど自宅から出ず、庭を愛した! 蟻は左の2本目の足から歩…
  5. スリー・ビルボード 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 第74回ヴェネチア映画祭脚本賞&トロント映画祭観客賞受賞!アカデミー賞受賞監督が、オ…
  6. 映画『ダンガル きっと、つよくなる』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    「神がかって面白い!」「オールタイムBEST1!」「嗚咽がとまらない!」 インド映画の世界興収№1…
  7. 映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。 高校生の青春を描いた武田…

予告編 夜間もやってる保育園

予告篇 ワンダーウーマン

予告編 あしたは最高のはじまり

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る