木下ほうかさん「映画は自由に作るべき」

『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像

現代のタブー“不倫”を大胆に描く『裸の天使 赤い部屋』
主演・木下ほうかさん【インタビュー】

文豪・江戸川乱歩の短編小説を現代にアレンジした「赤い部屋」シリーズ。その第2弾『裸の天使 赤い部屋』は、不思議な少女に出会った会社社長が体験する愛欲地獄を描くエロティック・サスペンス。

今回は、本作で主人公・松永を演じた木下ほうかさんにお話を伺いました。とにもかくにも不思議な少女・文子役を誰が演じ、作品に向き合ってくれるのかが不安だったと語る木下さん。初対面こそ最悪の印象だったようですが、共演し、完成した作品を観て中山来未さんを絶賛!!

そして、現代の日本社会最大のタブーの一つとなっている“不倫”について、「映画は自由に作るべき」と語る木下さんが切り込みます!インタビュー後半は動画になっていますので、是非、最後までご覧ください!

『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像

―― 早速ですが、本作のオファー受けるに至った決め手を教えていただけますか?

木下ほうかさん
窪田監督とは何度も一緒にやってますし、信頼もあるし、誰がどう見ても悪い役ではないので。ましてや普段は本当に憎まれ役とか嫌味な役ばかりで。この役は結構穏やかだし、加えて純愛っていうか恋愛モノは皆無ですから。まあ、皆無ではないけど、ほぼないし。そりゃ、やりますよね。断る理由がない。

―― 撮影前、窪田監督とはどんなお話をされましたか?

木下ほうかさん
幾つかシナリオについての修正とか、意見をしたぐらい。それよりは主演として言わせてもらうこととして、ヒロインの相手役は一体誰を連れて来るんだっていうことが一番の興味と不安でした。

中山来未のギャップを絶賛!

―― その相手役を務めた中山来未さんですが、彼女の魅力と演技についてどんな会話をされたのか、印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

木下ほうかさん
とにかく第一印象が非常に悪くて。。。

本当に目も合わさないし、緊張してるし…。たまたま初対面の時に子供染みた服を着てて、「どっから連れて来たん?(笑)」って感じだったんです。リハーサルをした時にも、あんまり演技も安定してなかったんですが、その後皆で飲み食いして、大分脅しをかけて。「キスシーンあるけど、普通のキスシーンじゃなくてベロベロいくよ。(台本に)書いてること以上のことが起きるよ」って一種の罠をかけて。本人は「やれる」と言うけど、それでも僕は疑ってました。

数日後に連絡があって、本人が自主的にリハーサルしたいと言ってるということで、稽古場を自腹で用意して、しかもちゃんとした防音の。そんなところでやらなくてもカラオケルームで十分なのに(笑)でもそれぐらいの意欲を見せて、徐々に良い印象になり、驚くことに現場に入ったらまるっきり不安が解消して。

こういう役をやる時は女優って大体不安がるし、制限も多いし、色々大変なんですけど、この人はそういうのが全く無くて。むしろ、撮影が始まったら急に「どこからでもかかって来い」みたいな。「最初から(その姿勢を)見せてよ」って(笑)。撮影は凄くスムーズでしたし、特別気を遣わずとも元気にやってくれました。ビックリしました、ギャップに。

―― 流石に15万人から選ばれただけのことはあるのですね!

木下ほうかさん
やっぱりその辺の強さが備わってる人です。

普段は凄く人見知りをして無口ですが、カチンコが鳴るとコロッと変わるところを見ると、向いてるんでしょうね。現場へ行ったらちゃんとやるし、実際脱ぎだす時も躊躇なく、そういうのは実際少ないケースです。

―― 肝が座ってる?

木下ほうかさん
いや、肝が座ってるタイプでもない。変化するというか、切り替わるというか。恐らく、カットがかかるとまたこんなん(下を向く素振り)なるんですよね。でも、そんな人は結構多いし、例えば、芸人とか面白くて明るい人ほど普段はメッチャ地味で無口な人が多いから、そんなのに似てる気がして。その方がいいんですよ、やる時やってくれる方がいいわけですから。だから、どんどん印象も良くなり、ましてや出来た作品を観た時に、この人で良かったなと凄く思ったし。どっちかって言うと心配で相手役のことばっかり考えてた。裸ってそれだけ重いらしいですね。

映画は自由に作るべき

―― 海外の作品も含めてエロチシズムという観点では、ほうかさんご自身はどのような印象をお持ちなのでしょうか?

木下ほうかさん
特にどの作品ということではないですけど、欧米の映画はそういうシーンが当たり前に出てきて、当たり前に丸映しだし、そういうのはスゴイ憧れてる。隠す理由とかセックスシーンがないことが、演出の好みや方針なら分かるんですけど、そうじゃなくて、何かの力が働いて制限があるのだとしたら、歪というか。極力映画は自由に作るべきだし、残酷なシーンであろうが、差別的なシーンだろうが、見たくないシーンでも何だっていいはずなのに。別に無いなら無いで、そういうのでもいいですけどね。

それがどっちつかずというか。結構突っ込んでる割にはぬるい。そういうのが一番嫌いですね。ソフトはソフトでいいんですけどね。
そういう意味で言うと、昔の『愛のコリーダ』じゃないけど、やるならとことんというのが今ないから。ただ、アダルトの子がやるとかじゃなくて、一般女優がやるといいな、と。

―― ほうかさんご自身が、演じられた松永のような立場だったらどうされますか?

木下ほうかさん
実際未婚だし、全く立場が違うけど、一人の男に秘密基地があって、そこでああいうことが起きたら、僕だとしたら当然進んでそうするだろうし。この松永の(ような既婚者の)環境だとしても、多分それは自分の欲望がそういう気持ちに勝つでしょうしね。要は、この人バランスとってやってるわけじゃないですか、家庭も当たり障りなく。つまり、ここで一番大事なことはバレないってことなんです。バレなきゃ続けられたでしょうし、それは何ら不思議ない、違和感ないですから。但し、相手が魅力的じゃなきゃダメです(笑)

昨今こういうの一番叩かれちゃう。この映画の面白さは年の差とか浮気というか不倫っていうのを映画だからこそ大胆にやれたこと。それをちゃんと演じたこの相手役はイイと思ってます。

木下ほうかさん動画インタビュー!

木下ほうかさんフォトギャラリー!

『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像 『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像 『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像 『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像 『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像 『裸の天使 赤い部屋』主演・木下ほうかさん,画像

キャスト

木下ほうか
中山来未
柳憂怜 
波岡一喜 
草野康太
仁科貴

スタッフ

原案:江戸川乱歩「畸形の天女」 
監督・脚本・編集:窪田将治
配給:キングレコード 
2021年/日本/カラー/71分
©2021「裸の天使 赤い部屋」製作委員会
公式サイト http://hadaka-tenshi-movie.com/
公式ツイッター @ EroticaQueen21

4月2日(金)よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショー
名古屋シネマスコーレにて4月下旬公開
大阪シアターセブンにて上映決定!

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  3. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  7. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る