山西竜矢監督「本当に好きかどうか証明する術はない」前原滉さん「自分に近いところがある」天野はなさん「ラストどう受け取ってもらえるか楽しみ」

映画彼女来来,画像,天野はな,前原滉,山西竜矢監督

映画『彼女来来』【インタビュー】
山西竜矢監督×前原滉さん×天野はなさん

6月18日(金)から新宿武蔵野館ほかにて公開の映画『彼女来来は、“恋人が別人に入れ替わる”という奇妙な恋愛物語。

大切な恋人・茉莉が姿を消し、同じ名前を名乗る全くの別人・マリの登場に怒りを露わにする主人公の紀夫。しかし、そもそも紀夫と茉莉はお互いが何に惹かれ、本当に愛し合っていたのか…。一方、突如登場したマリに対して、怒る理由や嫌いな理由って何だっけ!?当たり前のようで何となくの状態から成り立つ関係性は、実は私たちの身近なものなのかもしれません。

とても親近感を抱けるはずのテーマながら、あまり意識はしないし誰も取り上げないようなことを物語として生み出したのは、演劇ユニット ピンク・リバティの代表をつとめ、劇作家・演出家として評価を高めてきた山西竜矢監督です。そして、主人公の紀夫を演じるのは、個性派俳優として期待される前原滉さん。失踪する最愛の恋人・茉莉を『あなたの番です』の奈緒さん、突如現れる謎の女マリを『そして、ユリコは一人になった』の天野はなさんが演じています。

今回は、山西監督がどんな発想で本作制作に至ったのか、喧嘩シーンの多い前原さんと天野さんはお互いのことをどんな風に思っているのか、作品を観て感じたお三方への興味をストレートにぶつけてみました!

映画彼女来来,画像,山西竜矢監督

山西竜矢監督

映画彼女来来,画像,前原滉

紀夫役の前原滉さん

映画彼女来来,画像,天野はな

マリ役の天野はなさん

―― 結局、紀夫は“記憶の中の恋人”茉莉を追い求めているように見えて、紀夫にとって茉莉は依存する対象にしかすぎなかったのかなと思ってしまう。受け止め方によっても違うと思いますが、なぜこのストーリーを作ろうと思ったのですか?

山西監督
家に帰ったら、自分の恋人がパッと別の人に変っていたらどうなるのだろう?みたいな単純な思いつきが一番最初にありました。

物語全体の設計でいうと、自分は恋人に「君だけだよ」みたいなことを言うタイプの人間なんですけど、それを今の恋人にしか言ってないかといえばそんなことはなくて、前の恋人にも、その前の恋人にも言ってたことにフッと気付いた時があって。“気持ち悪いな”と思ったんです。勿論、その都度本気で言っているんですけど。

でも、それって別に僕だけじゃなくて、結構色んな人が当てはまるんじゃないかと思うんです。恋人に限らず、例えば友達に対しても、親友と思える対象が年を経るにつれて変わっていくのも同じようなことですし。そういう変わっていくことの残酷さというか、気味の悪さみたいなものを映像に映せたら、物語に出来たら面白いなって。

その二つのイメージが合致して、ある日急に以前のパートナーに会えなくなり、それと同時に見知らぬ人がずっと一緒にいようとしてきたら・・・というストーリーになっていきました。

映画彼女来来,画像,山西竜矢監督

―― 最初の茉莉と次のマリと、どちらも得体が知れないように思えてきて、一体紀夫は誰が好きなんだろう?みたいになりました。また、タイトルですが『来来』じゃないですか。ちょっと中国語っぽくて面白いのもありますし、『来来』だから二人が来るのをかけてるのかなと?

山西監督
正直にいうと、響きが良いのが一番にあったんですけど(笑)

この映画は廻っていくイメージがあったんです。展開もループしていきますし。そもそも、生活をすることって、廻っていくことな気がするんです。例えば、今回僕は前原さんと天野さんと一緒に映画を作っているけど、その前は違う座組で演劇を作っているわけで、それもある種の繰り返しじゃないですか。

まだ、大して生きているわけではないですけど、それは最近よく思うんです。それで、ずっと廻っていくイメージがタイトルで表現出来たらいいなと思い、最終的に『彼女来来』になりました・・・。

まあでも、響きが一番の理由です(笑)

―― 非常にいい響きだと思います。例えば、茉莉とのシーンで、川に鞄が流れて「高級そうな鞄」って茉莉が言ったのに対して、紀夫は「いや、合皮じゃないかな」って言いますよね。茉莉が言っているんだから、高級ということを前提にして会話をすれば茉莉の世界観を受け入れるみたいなことになると思ったんですけど、紀夫は紀夫の世界観を生きますよね。彼女とは何なのか?人を受け入れるとは何なのか?っていうことについて、監督は何か思いや考えがあるのかなと思ってお聞きしたかったです。

映画彼女来来,画像,山西竜矢監督

山西監督
細やかなところまで見ていただいて有難うございます。確かに、そういう細々した台詞にも自分なりの意識はあったんですけど、自分がセリフを書く上で大事にしていたのは、結論が分からない会話を書くことです。ふれてくださっている川辺のシーンでも、その鞄が実際に高級なのか、そうでないのかは結局分からない。

他にも、冒頭の紀夫と茉莉の旅行の行き先の話も、どこに行くか決まらないんです。曖昧なんですよね。そういう答えの出ない会話を、できるだけ脚本のすべての段階で書きたくって。

―― それはどういった狙いだったんでしょうか?

山西監督
単純に僕自身が、生活の中で分からないって思っていることがメチャクチャ多くて。

例えば、「なぜこの恋人と付き合っているか?」とか「なぜ一緒にいるのか?」っていう問いにも答えはないと思っていますし、さらに言うと、ある人がある人を本当に好きかどうかを証明する術はない気がしていて。先ほどから仰って下さっている、紀夫が一人目の茉莉を本当に愛していたのか、二人目のマリはどうだったのかについても、きっと見る人によって違って見えると思うんですよ。

そういう人間の生活に横たわっている「あいまいさ」みたいなものを表現したいという気持ちが、演出の大きな幹でした。セリフだけでなく、画の面もそうで、顔に影を落としたり、ピントを合わずぼやけさせたり。カメラマンの米倉伸くんが、そのニュアンスを見事に撮影に落とし込んでくれたんです。

―― まさに全体が映画的な表現なのですね。はっきりしないというか、自分と相手との境目みたいなところ、自分の中に受け入れる。受け入れてないじゃん、心いつも開いてないじゃんって逆に映画から伝わってくるんですが、改めて前原さんから見た紀夫ってどんな人ですか?

映画彼女来来,画像,前原滉

前原さん
自分自身と紀夫が似てると思っていて。

例えば、現場で俳優のお仕事をしている時に、人との関係性は基本的に良好でありたいと思っているんです。でも、そうありたいと思っていると、どこか自分の本心と反することをやらないといけなかったり。まあ、いけないというか、しようっていう自分がいたり。本当は一人で考えたいけど、同じシーンをやっている誰かが何かに対して凄く悩んでいた時に、「もっとこうしてみようか」ってやっちゃう自分がどこかにいて。余計なお世話かもしれないし、もしかしてそれで上手くいくか分からないですけど、でも確実にその人との関係は良好になっていて。ということを凄く考えるので、逆に一人になった時に結構脆かったりするというか。

映画彼女来来,画像

紀夫も仕事が出来て、「会社の次期エースだ」みたいな形になってるけど、そうじゃない部分に凄く脆さを感じて。例えば、冒頭のシーンで仕事の電話がかかってきて、そのあと茉莉に愚痴を言うんですけど、本当に仕事が出来る人は多分家であんなことを愚痴らないと思うんです。

山西監督
(笑)
家で愚痴を言う人を全部敵に回してる(笑)

前原さん
でも、その一つ一つを全部すくっていくと、紀夫って人間っぽいなと思うんです。そういう部分が自分にも近いところがあるなと思って。本当に細かいところですが、喫煙所での後輩との接し方も距離感が絶妙だなと思っていて、それも結構僕と近いところがあって、踏み入るまでに時間がかかるというか。他愛のない会話はすぐ出来るけど、本当の核心部分は別に話さなくてもいいかなっていう部分とか。

仕事の面では紀夫は出来る人なのかもしれないけど、人間的には脆いなっていうのは、演じていて自分と近しい部分が投影してみても思いますね。完璧な人間じゃないなって凄く思うのと、逆に言うとそれが普通なのかなと思います。

映画彼女来来,画像,前原滉

―― だけど、撮影の中で感情の起伏が激しかったですよね。大変だったのでは?

前原さん
喧嘩しているところが多いんですけど、順番に撮っていないんです。

昼間は茉莉を捜して、夜は家の中でマリと喧嘩してみたいな。紀夫が落ち込んでいく中で、何日か経ってから、最初の茉莉のシーンを奈緒さんと撮った時に凄く楽しくて(笑)その時は、天野さんはいないので、次の日に天野さんから「楽しそうだったらしいね~」みたいな(笑)

映画彼女来来,画像

―― 奈緒さんとは対照的に天野さんはワーッと言われ続けるので、流石に演技でも落ち込むんじゃないかなと思っていました(笑)

映画彼女来来,画像

山西監督
どうだった?やっぱり嫌だったの?(笑)

天野さん
嫌ではなかったですけど、あまりにも言われるから、“何でそんなに言われるんだろう?”っていう気持ちになってきちゃって(笑)
山西監督と会うと、奈緒ちゃんと撮った日は「滉君、スゴイ楽しそうだったわ~」とか言うし、滉くんに会うと「昨日さぁ、奈緒ちゃんがさぁ」とか嬉しそうに言われて、そんなに露骨にアレなんですか?って思いました(笑)

映画彼女来来,画像,天野はな

―― 演技とはいえ、前原さんと天野さんの素の関係はどうだったのだろう?って気になっていました(笑)

天野さん
小競り合いは沢山していました(笑)
「絶対、一緒に住めないね」とか話してました。

前原さん
家とっちらかるもんね、絶対。

天野さん
好きな食べ物が一つも合わなくて、だから、「絶対一緒に暮らせないね」って。

前原さん
そうだ、思い出した!ちょっと時間が空いた時に、二人でスーパーにアイスを買いに行ったんです。買い物カゴを持って「何にする?」ってなったら、もう全然合わなくて(笑)

映画彼女来来,画像,天野はな,前原滉

天野さん
スーパーで大喧嘩でした(笑)

前原さん
それ違うでしょ!みたいな。

天野さん
私が入れたものは全部戻されて。

前原さん
「これははなちゃんの好みだから。皆が食べたいのはバニラだから。マンゴーとか違うと思うよ」って。

天野さん
だから大喧嘩しました、スーパーで!

前原さん
大喧嘩までは(笑)朗らかだったでしょうよ(笑)

映画彼女来来,画像,天野はな,前原滉

―― ちなみに、天野さんから見て、監督はどんな方に見えますか?(笑)

天野さん
仕事を始める前から知り合いで、親戚のお兄ちゃんみたいな感じなんです。ここまで自分の世界を持っている人って珍しいなって思います。
最初は演劇を作っていて、その時から自分の体験がベースになって、こういうものを描きたいって凄くはっきりしていて、一緒にモノを作る相手としては頼もしいというか、信頼してついて行こうっていう感じです。

―― それでは最後にオススメのポイント、お気に入りのシーンを含めて、映画ファンにメッセージをお願いします!

天野さん
私は滉くんとのシーンが凄く多かったので、他のシーンは全然知らなかったんですけど、それ以外のシーンが凄く好きで(笑)

山西監督
自分たちのシーンじゃないってことね(笑)

天野さん
まずいですかね(笑)じゃあ、変えよう!

前原さん
ちなみに、他のシーンってどこですか?

天野さん
「新しい子が何人か入ったんです」っていうシーン。

前原さん
キャスティングの会社にマネージャーさんが来て言うところね。
そこを中心にPRは難しいね。勿論、面白いシーンなんだけど(笑)分かるよ、分かるんだけど…

―― ラストの天野さんの表情がやっぱり…

天野さん
そこです!!
熊本の映画祭に行った時にも「(ラストは)どういう気持だったのですか?」みたいな質問をいただいて、周りの人にも聞かれるんですけど、監督と明確にすり合わせもしていなくて、私だけが何となく持っていたものがあるんです。それは秘密のままいこうかなと思っているので、ラストをどういう風に受け取ってもらえるかが凄く楽しみです。

前原さん
素敵、素晴らしい!!(拍手)

―― ありがとうございます!

映画彼女来来,画像,前原滉 映画彼女来来,画像,前原滉 映画彼女来来,画像,前原滉 映画彼女来来,画像,前原滉 映画彼女来来,画像,天野はな 映画彼女来来,画像,天野はな 映画彼女来来,画像,天野はな 映画彼女来来,画像,山西竜矢監督 映画彼女来来,画像

映画彼女来来,画像

『彼女来来』予告編映像

キャスト

前原滉 天野はな 奈緒
村田寛奈 上川周作 中山求一郎 葉丸あすか 大石将弘 千葉雅子 ほか

監督・脚本・編集

山西竜矢

音楽

宮本玲/Vampillia

2021/91 分/カラー/日本/5.1ch/ヨーロピアンビスタ

配給:SPOTTED PRODUCTIONS
公式HP:http://sherairai.com
©️「彼女来来」製作委員会

2021年6月18日[金]新宿武蔵野館ほかロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  3. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  4. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る