井上祐貴さん&木下彩音さん、一歩踏み出すことの大切さと勇気を届けたい!映画『Bittersand』

映画『Bittersand』井上祐貴,木下彩音,画像

映画『Bittersand』公開記念インタビュー
井上祐貴さん&木下彩音さん

6月25日(金)より全国順次公開の映画『Bittersandは、高校時代に何者かが黒板に描いたクラスの男女の爛れた相関図によって、誹謗中傷の的となり日常が暗転した、暁人(あきと)と絵莉子(えりこ)が、7年後、運命的な再会をきっかけに、暁人の親友・井葉(いは)の力を借り、“相関図”事件の真相に迫る杉岡知哉監督のオリジナルストーリー。

今回は、優しい暁人を演じた主演の井上祐貴(いのうえ・ゆうき)さんと、過去を引きずるヒロイン絵莉子を演じた木下彩音(きのした・あやね)さんに、お二人にとって大切な作品となった本作への想いを伺いました!

映画『Bittersand』井上祐貴,画像

主人公・暁人役の井上祐貴(いのうえ・ゆうき)さん

映画『Bittersand』,木下彩音,画像

ヒロイン絵莉子役の木下彩音(きのした・あやね)さん

【動画】井上祐貴さん&木下彩音さんインタビュー!

―― 7年前の高校生と7年後の社会人の暁人を観ていて全く違和感がありませんでした。どうやってその違いを出していくのかについてなど、杉岡監督とはどんなディスカッションをされたのですか?

井上祐貴さん
それは話さなかったかもしれないです。見た目で違いは出てるので(笑)髪型が違いますし、服装も制服からスーツになって。高校生役を経験したことはありましたけど、スーツを着た社会人の役は今まで経験したことがないので、パッとイメージがつき難いのは社会人の方でした。

なので、電車に乗っている時に、何かヒントがあればいいなと思ってスーツ姿の25~26歳のサラリーマンの方を見たりしました。ケータイをいじってたり、人によっては本を読んだり、パソコンを触ってたりするんですけど、割と仕事のこと考えているんだろうなとか、あんまり笑わないなとか、独りで笑うのもおかしいですけど(笑)喋っている人たちも真剣に仕事の話をしている人もいれば、どうでもいい話をしている人もいて。でも、社会人とは言え25歳には変わらないので、結構フラットな気持ちでやりました。

Bittersand,画像

―― 暁人の気持ちは変わっていないので、あえて違いをつける必要がなかったのかもしれませんね。抱えている問題が大きくて、それをずっと抱え続けている暁人という点でスムーズに受け入れることが出来ました。そういう暁人のままだったのが凄く良かったです。絵莉子はずっと重苦しい雰囲気に包まれて過去を思い出したくない反発というか、怒りにも似た気持にずっと支配されていたように思います。役を演じるに当たっては、どんなところを意識されたのですか?

木下彩音さん
私自身の性格が絵莉子と似ている部分が多くて、私も結構色々考え込むタイプなので、意外と役作りというよりはスッと絵莉子の感情に入れたのかな、と。感情の持っていき方もスムーズに、その場にいたら私もこう思うなっていうのを監督と相談して、「じゃ、1回それでやってみよう」みたいな感じで、比較的やりやすかった印象があります。

制服解禁!『Bittersand』手に汗握る予告編解禁

―― 監督の話題が出たので、ストーリーとは違った質問なんですが、井葉みたいな芸術家ってリアルに存在しても良いのかなと思ったりしていて、ひょっとすると杉岡監督は井葉に似ているのでは?って感じたんですけど、お二人から見ていかがですか?

木下彩音さん
似ているかもしれないです!

―― 監督はご自身のエッセンスを井葉に込めたような気がして。

井上祐貴さん
それは凄い感じました!井葉と暁人のシーンでも、監督のイメージというよりも、自分の言葉のように仰っていたので入ってきやすかったですし、井葉に杉岡監督自身のエッセンスを感じる部分は所々ありました。

でも、僕は監督をされている杉岡さんしか知らないので、学生時代の杉岡さんとか25歳の頃の杉岡さんは、より井葉なのかもしれないですね(笑)

Bittersand,画像

―― 井葉からは“映画で皆を幸せにしよう!”みたいな気持ちを感じました。そして、井葉は澄子に想いを寄せていますね。物語上では絵莉子と暁人の関係がどうなるのかはもちろん見所ですが、井上さん個人としては澄子と絵莉子のどちらがタイプですか?

井上祐貴さん
個人ですか?(笑)
まず、澄子の情報が少な過ぎます(笑)

『Bittersand』の本編で見えている澄子から想像した時に、やっぱり絵莉子は地に足つけてしっかりお仕事もしてるし、安心しますし、魅力的だなと思います。澄子には申し訳ないですけど、知らなさ過ぎるんです(笑)やっぱり、絵莉子は素敵だなと思います。

―― そうですよね、澄子って言われたらどうしようって(笑)でも、井葉と澄子の結末を観ると、、、井葉ってスゴイですよね(笑)

井上祐貴さん
って、思うじゃないですか。でも、別のインタビューで、井葉役の萩原利久くんと話していたんですけど、同じような話題で「いやー、絵莉子かな?」って言っていました(笑)

木下彩音さん
澄子じゃないんかい!(笑)

井上祐貴さん
「澄子の情報少なすぎるよね」「そうなのよ」って話していました(笑)

―― お待たせしました、同じような質問なんですけども、木下さんは暁人と井葉はどちらが?

木下彩音さん
メッチャ迷います。暁人は凄く優しいんですけど、絵莉子は多分そういう優しさを察するからちゃんとなったんですけど、私は“言葉で言ってもらわないと分からないんだけど”って思っちゃうタイプの人なので、難しいですね。かと言って井葉みたいにチャラすぎても振り回されそうだから、トータル的に言ったら私も暁人なのかなって思います。優しい部分とか、結局は守ってもらっていたので、守ってもらえるような強い男性の方が魅力的だなって感じます。

―― 綺麗にまとめていただいてありがとうございます!井葉も実は包容力があるのかなとか考えてみると、意外と女性を見る目があったしりて?ってと思っちゃうんです(笑)

井上祐貴さん
僕、友達としては井葉の方がイイです。
暁人が悪いとかじゃなくて、楽しいじゃないですか。でも、今女性の気持ちになって考えたんですけど、確かに将来性があるのは暁人かもしれないです(笑)井葉はちょっと不安ですよね。あんな調子の井葉でも、家で一人真剣に考える時間はあると思うんですけど、それは映画だけでは分からないので。

―― ところで、今回お二人は共演されてみて、お互いのことをどんな風に思っているか教えていただきたいのですが、木下さんから見た井上さんってどんな方なのか教えていただけますか?

Bittersand,画像

木下彩音さん
本当に初対面でしたけど、イメージ通りでした。優しそうで、真面目そうなイメージだったんですけど、そのままな感じがしてスゴイ安心。一緒に演技させてもらって安心出来るような頼もしい感じはありました。

井上祐貴さん
そんなはずないと思うんですけどね。

木下彩音さん
(笑)でも、一生懸命作品に向き合っている感じが井上くんの魅力なのかなって。人柄がその部分で出ていたんじゃないかなって思いました。

―― 井上さんの演技を拝見していると、自然な雰囲気を醸し出しているというか、肩に力が入るような演技ではない感じがしたんですけど、その辺りはどうですか?

木下彩音さん
撮影期間が短いので、トラブルじゃないですけど、どうしたらいいのかな?っていうこともあったんですけど、最終的に完成した映画を観て、暁人は井上くんがピッタリだなと思いますし、主演としてこの作品を引っ張ってくださったんだなって思いました。

―― 木下さんの人柄が伝わるようですけど、井上さん、それを聞いていかがですか?

井上祐貴さん
僕は必死でしたし、約2年前なので今以上に何もわからなくて。撮影のスケジュールも結構ハードで、スタッフさんも監督もキャストの皆さんもそうですけど、寝る時間があまりない日々が続いていたので、緊迫するシーンはより緊迫するんです。

最初の教室のシーンは結構楽しいシーンになっていたりするんですけど、最初の方に撮ったのでみんな元気(笑)。そういう感じだったので、体力的にしんどい部分は多々ありましたけど、そこは一人では絶対にやりきれなかったなって思いますし、暁人と絵莉子の二人芝居のところも、本当に沢山助けていただいたなっていう印象はメチャクチャ覚えてます。

大変でしたが、いいシーンになっているなっていうのは試写を観て思ったので、取材を通じてドンドン広めていきたいなって思います。

―― この作品は、記憶を遡って嫌な思いをしていた人たちの気持ちを整理してくれるので、観た時に“良かったね”って思える作品ですし、是非皆さんに観てもらいたいですね。最後に見所と映画ファンにメッセージをお願いします!

映画『Bittersand』井上祐貴,画像

井上祐貴さん
相関図をきっかけに暁人、そして絵莉子たちが、今まで目を背けてきた過去の事件に、一歩踏み出して正面から向き合う。その姿勢は僕自身も本当に暁人を演じていて刺激を受けて、一歩踏み出すことの凄さ、大切さ。踏み出すことによって、絶対に二人は色々とスッキリしたと思うんです。だから、内容に共感するのは難しかったりするかもしれないですけど、そういうところにも注目して観ていただきたいですし、他にも人間関係の発見があると思うので、僕たち自身も観れば観るほど“ここってこうなってたんだ”とか思うこともいっぱいあるので、とにかく楽しんでいただけたらなと思います。

映画『Bittersand』,木下彩音,画像

木下彩音さん
現代社会で問題になっているイジメにフォーカスが当てられている映画でもあるので、変えたい記憶を持っている人とか、そうじゃない人でもこの作品を観て一歩踏み出そう!とか勇気を持っていただけたら嬉しいなと思います。私にとっても想いが詰まった作品なので、是非沢山の方に観ていただきたいと思います。

井上祐貴さん&木下彩音さん動画インタビュー

映画『Bittersand』井上祐貴,木下彩音,画像 映画『Bittersand』井上祐貴,画像 映画『Bittersand』井上祐貴,画像 映画『Bittersand』井上祐貴,画像 映画『Bittersand』,木下彩音,画像 映画『Bittersand』,木下彩音,画像 映画『Bittersand』,木下彩音,画像


▼井上祐貴さん
シャツ:SHAREEF ¥19,800(税込)
ジャケット:ato     ¥85,800(税込)
パンツ:WYM LIDNM ¥5,500(税込)
スタイリスト 西脇智代
メイク 松山麻由美

▼木下彩音さん
スタイリスト AZUNA
メイク 松山麻由美

■キャスト
井上祐貴
萩原利久
木下彩音
小野花梨
溝⼝奈菜
遠藤史也
搗宮姫奈
ほか
■監督
杉岡知哉

配給:ラビットハウス
公式HP:https://bittersand.net/
©Bittersand 制作委員会

6月25日(金)シネ・リーブル池袋、UPLINK 吉祥寺他、全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  2. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  3. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る