小西賢一氏、『漁港の肉子ちゃん』見せ場はキクコの美しさと醜さの共存

『漁港の肉子ちゃん』キャラクターデザイン&総作画監督小西賢一氏

劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』
キャラクターデザイン&総作画監督小西賢一氏インタビュー

大ヒット上映中の劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん。日本全国に笑いと感動を届けてくれている本作を手掛けたのは、日本のみならず世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃です。今回は、吉祥寺にあるSTUDIO4℃にお邪魔して、キャラクターデザイン&総作画監督を務めた小西賢一さんにお話を伺いました!

『漁港の肉子ちゃん』キャラクターデザイン&総作画監督小西賢一氏

本作から感じる温かくて優しい雰囲気、自由で生き生きとした味わいのあるキャラクターはどのように誕生したのでしょうか。小西さんのこだわりやキャラクターへの想いに迫りました!

『漁港の肉子ちゃん』キャラクターデザイン&総作画監督小西賢一氏

キャラクターデザイン&総作画監督を務めた小西賢一さん

『漁港の肉子ちゃん』小西賢一さん動画インタビュー

―― 小西さんは『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の総作画監督も担当されていますが、あの作品の絵のタッチは独特なこだわりの下で作られていたと思います。『かぐや姫の物語』も含め、様々なアニメーションの作り方を経験されてきたと思うのですが、今回の『漁港の肉子ちゃん』において、新しい発想や過去の経験から発展したようなエッセンスがありましたら教えてください。

小西賢一氏(以下、小西氏)
スタイル的には『かぐや姫の物語』が特殊なんです。それに比べたら今回は通常の作り方。渡辺監督の前作『海獣の子供』もあったので、その流れもくんで、気楽さのある描きやすい方向で作っています。高畑さんの『ホーホケキョ となりの山田くん』の作監(作画監督)もしているんですけど、ああいうシンプルなキャラクターの描き方も体に残っていて、それが肉子ちゃんにも活かされています。どちらもちょうど中年の主婦が主人公だから、ちょっと被るんです(笑)。自然と出てしまうというか、見比べてもらうと分かっちゃう部分もあるんですけどね。

―― 観客側が絵として素直に表情を汲み取り易いメリットもあると思いますし、それでいて非常にシンプルだけど表情は豊かですよね。

小西
表情なり芝居なりを誇張する意味でも、他のキャラクターに比べて肉子ちゃんだけなぜか漫画なんです。そこは、自分なりの解釈で、意味があるつもりで取り組んでいました。解釈がないと迷いながら描かなければいけないので。

劇中でキクコの妄想の世界で色んなものが喋っているじゃないですか。それと同じように、恐らく肉子ちゃんにもちょっと妄想が入っている。キクコから見た肉子は、“こんな感じだよ”っていうのを誇張しているという状態、そういう自己解釈なんです。

やっぱり本当の中年のふっくらとした女性になると、生々しさというかリアルじゃないですか。リアルになってしまうよりは、そういうキクコから見た肉子ちゃん像みたいな。キクコじゃないかもしれないけれど(笑)、そういうものが具現化しているというか、絵になっているという解釈でやっていいました。

漁港の肉子ちゃん,画像

―― 淡々としながらも肉子ちゃんの人格が伝わってくると同時に、あの絵の世界に自分も入っていく、柔らかさを纏っている作品だと感じました。絵のタッチと肉子ちゃんの性格がとてもマッチしていました。そして、カラフルな色使いが素敵ですよね。ヤモリにしてもちょっと紫が入っていますけど自然に存在するという認識をきちんと与えてくれましたし、刺激的過ぎたり、変な存在感を出したりしてないし、非常にまとまり感のある色使いだなと感じました。

小西
色に関しては、色彩設計の伊東美由樹さんがSTUDIO4℃の名物みたいな方ですから(笑)素晴らしいバランスでやってくれていて、ヤモリにしてもリアルな描写ではないわけですが、うまく漫画化されていて、あり得ないような色になっているのに、考え抜かれているというのかな。

漁港の肉子ちゃん,画像

―― 病院の天井の柄も懐かしさを感じました(笑)その辺りのリアリティも相まって、空想世界のアニメとも受け止めずに、とても身近な人、例えば私も亡くなった叔母さんに似ていると感じて、キクコにとっての肉子ちゃんだけでなく、我々リアルに生きている人間にとっても、広い価値観を持った、近寄りたい、側にいて欲しい女性像が描かれているように感じました。

小西
渡辺監督の言葉でもありますが、肉子ちゃんのような存在が今、ファンタジーになっちゃっているのかもしれません。昔はああいう人がいたのかもしれないとか、郷愁もあるけど今もどこかにいてくれてるのかも、という。

―― 小西さんがキャラクターデザインを創りあげていく中で、思いが深く入ってしまうキャラクターはやっぱり肉子ちゃんですか?それともキクコですか?

小西
僕の場合はキクコですかね。一番気を使わないといけないキャラクターです。

西加奈子さんの原作というのは柔らかいだけのお話ではなく、美しさと醜さの対比が描かれていると思います。キクコは美しさの象徴だから、美しくないといけないという部分があるんです。でも身にまとっているものは肉子に反発するような極端に地味な服装で、髪も手入れが楽なようにと短いんですけど、身体全体のバランスとか姿勢とか、手足の長さとか、登場するキャラクターの中でも美しく見えるのが必要条件でした。

漁港の肉子ちゃん,画像

そういうキクコが二宮とのやり取りの中で、自分の醜さをさらけ出してしまったりするわけです。そういう対比が演出として大事というか、効いていると思います。肉子ちゃんは、開放的で遊べるキャラクターでもあるので描きやすいんです。キクコは繊細さと作品の意味とか色々含まれているので、難しいキャラクターなのですけど、やっぱり描き甲斐はありましたね。

―― キクコが一番綺麗に見えるシーン、自慢のキクコがあったら教えていただきたいんですけど。

小西
やっぱり涙をボロボロ流すところ。あのシーンは、醜さと美しさが共存しているようなところですね。醜さをさらけ出せるのも二宮というきっかけ、トリガーがあってのことなんですが、舌を出して涙を流すカットの表情は気に入ってますね。

―― ストーリーとも非常にリンクしていて、離れてみて初めて自分がどうマリアと接してきたのかが改めて分からせられた。一緒にいたら気が付かない感情に初めて気が付いたということも同時に感じられたし、一番驚いたのはそこで涙するほど、自分の醜さに気付いたこと。そういう意味では彼女の一番大きなターニングポイントですよね。一方でサッサンも、良いことを言いますよね?(笑)

小西
僕が泣いちゃうのはサッサンの病室のところです(笑)

漁港の肉子ちゃん,画像

―― 子どもは、甘え過ぎたりワガママを言うこともある。それによって恥ずかしい思いをしたり、挫折したりする。でも、周りの大人がそれをサポートして、結局は甘えること自体が子供にとっての成長の糧となる。あの時のキクコの表情がその辺のところも何かしっかり受け止めているようでした。

小西
ありがとうございます。サッサンとキクコのシーンも、気の抜けない表情の連続で力が入ってしまうシーンでした。正直サッサンに関しては、本当はもっと積み重ねが欲しいところだけど。最近の流行りでもある疑似家族的要素ですから。彼も奥さんを亡くして、店を閉じようかと考えていたところに肉の神様かのごとき肉子とキクコとの出会いが再生をもたらすという構造だと思いますが。二人がやっと辿り着いた港で、本当の父親に値するような人に出会っている。これまで移動を重ねてきた二人が、恐らくあそこに居続けるんじゃないかなと思わせてくれる。あの病室のシーンでその父性っていうのが開示されるというか。

―― 「年取った俺に気を遣っているのか?」という一言が凄いですよね。

小西
全てサッサンは見ていたんだということとか、子どもからするとやっぱりそんな些細なことを一生懸命気にして生きてるんだとか。これまでの過去もあるけれども、子どもって本来的にそういうところもあると思うんです。自分も思い当たる節もあるし。色んな要素が上手く含まれていて、イイですよね。

―― そして、二宮ですね。ミステリアスでいつつも、彼女の涙に決して臆することがない。冷静な目で受け止める。でも、突然表情を崩したりする。あの辺の面白さというか、人としての可能性を秘めているような、幅があるようにも受け止めました。二宮についてはいかがでしょうか?

小西
原作を読んだ時は、ちょっと先天的な病気があるのかなと思ったんです。だから、あの描写が難しいなと思って。それを監督がまず絵コンテで、ああいう風に思いっきり崩したっていうのかな。いわゆるアニメーションならではの誇張であり、漫画的に崩す、コミカルにやるっていうことで覆い隠す。あんまりグサッとはこないで、“この子ヤバイ”っていう感じを上手く笑いと半々にするみたいな。アニメーションにした時に、表現として非常にマッチしているんです。ちょうどイイというか。

アニメーションだからこそ、あのような表現が出来るので、これはなかなかアニメに向いているぞ、と。そういうのはいちいち面白かったですね。

漁港の肉子ちゃん,画像

あとは、二宮というキャラクターが「いいな、コイツ」って。(そういうキャラクターが)生まれたっていうことがいいんですよ、作り手からしても。“イイキャラ出来たな~”って。目の表現なんかも普段は隠れているんですけど、大事な時に垣間見えるっていう。あの辺も非常に演出的というか効果的で面白かったです。イケメンって言われてますけど、「イケメンに見えるときがある」という風にしたかったのですが、そこはちょっと失敗かな。

―― 多くの人がアニメーターになりたいと思っているでしょうし、同じ夢を持っている人たちと集まって会話したいと思っていると思います。小西さんからアニメ業界を目指す人たちに向けて、アドバイスやメッセージをいただけますか?

小西
この作品に関して言えば、このインタビューで話させていただいたようなことって意外と通好みの面白処なんです。やっぱり煌びやかなアクションとか、派手な動きにまずは皆さん興味が行っちゃうので。でも、この作品に含まれているような要素に気付くと、本当にこの仕事のやり甲斐が感じ取れると思います。それって色々な経験をしているとなお活きてくるので、“やりたい!”という方はこういう作品を見てそういうところに気付いていただけると非常にいいなと、“お願いします!”って感じです(笑)。

こういう作品が出来る人、向いている人って中々少ないんです。増えていってくれると嬉しいです。

―― 絵に命が吹き込まれていくのは、そこにある背景、ストーリーがあって活きてくるものですものね。当たり前のようで忘れがちなことに気付かせていただきました。ありがとうございました!!

あらすじ

食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の船に住む訳あり母娘の秘密が明らかになるとき、二人に、最高の奇跡が訪れる!

公式サイト

29kochanmovie.com / Twitter

キャスト

大竹しのぶ
Cocomi
花江夏樹
中村育二
石井いづみ
山西惇
八十田勇一
下野紘
マツコ・デラックス
吉岡里帆

主題歌

稲垣来泉「イメージの詩」
作詞・作曲:吉田拓郎 編曲:武部聡志 サウンドプロデュース:GReeeeN (よしもとミュージック)

エンディングテーマ:GReeeeN「たけてん」(ユニバーサル ミュージック)

作品情報

企画・プロデュース:明石家さんま
原作:西加奈子「漁港の肉子ちゃん」(幻冬舎文庫 刊)
監督:渡辺 歩
キャラクターデザイン・総作画監督:小西賢一
美術監督:木村真二
脚本: 大島里美
音楽:村松崇継
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:アスミック・エース
製作:吉本興業株式会社
@2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

絶賛公開中!

代々木アニメーション学院
 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る