■イントロダクション

2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。
以降、『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベル 死霊人形の誕生』と、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズ最新作となる『死霊館のシスター』はシリーズすべての恐怖の始まりを描く。

主演のアイリーンを『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガが務め、バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルが演じる。

製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ドーベルマンが脚本を務める。

■ストーリー

1952年、ルーマニアの修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つ。不可解な点が多いこの事件の真相を探るため、教会はバーク神父とシスターの見習いアイリーンを修道院へ派遣する。
二人は事件を調査していくにつれ、この修道院に隠された想像を絶する秘密へとたどりつく。

バーク神父とアイリーンは、決して関わってはいけない恐るべき存在“悪魔のシスター”と対峙することになる―。

■予告動画

■キャスト

タイッサ・ファーミガ
デミアン・ビチル
シャーロット・ホープ
リリー・ボーダン
ボニー・アーロンズ ほか

■スタッフ

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン

■公開情報

2018年9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

■コピーライト

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■作品紹介 今から20年前、映画の常識を遥かに超えた面白さで日本中をハッピーで包み、口コミが口コミ…
  2. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …
  5. ■ストーリー アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガ…
  6. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  7. 映画『春待つ僕ら』 2018年12月14日(金)公開 目次 イントロダクション…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る