『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
※この映画はまだ評価がありません。

⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作

『イン・ザ・スープ』(1992)や『フォー・ルームス』(1995)などで知られる⽶インディーズ映画のアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督。その 25 年ぶりの公開作となる新作『スウィート・シング』が、10 ⽉ 29 ⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ渋⾕、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。
スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像
本作が描くのは、親に頼ることができず⾃分たちで成⻑していかなくてはならない、15 歳の姉ビリーと 11 歳の弟ニコ、そしてその家族の物語。演じるのは、監督の実の娘ラナと息⼦ニコ。そして実の妻である⼥優カリン・パーソンズが⺟親イヴを、『イン・ザ・スープ』からの盟友で、『ウェンディ&ルーシー』や『ミナリ』の名脇役ウィル・パットンが⽗親アダムを演じる。スーパー16 ミリフィルム撮影のモノクロとパートカラーが美しく、⼀貫してインディーズにこだわり続けてきたロックウェルらしい、映画愛に溢れた⼀編となっている。

スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像
スウィート・シング,画像

『スウィート・シング』予告編映像

あらすじ

世界は悲しいけれど、幸福な1⽇はある。15 歳のビリーと 11 歳のニコ、その家族の物語。
普段は優しいが酒を飲むと⼈が変わる⽗アダム。家を出て⾏った⺟親イヴ。頼る⼤⼈がいないビリーとニコの姉弟。ある⽇出会った少年マリクとともに、彼らは逃⾛と冒険の旅に出る! 世界はとても悲しい。でも、幸福な1⽇はある。その1⽇がずっと⻑く続きますように。すべての⼤⼈に⼦供時代のきらめきを思い起こさせ、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部⾨で最優秀作品賞を受賞した。

キャスト

ラナ・ロックウェル
ニコ・ロックウェル
ウィル・パットン
カリン・パーソンズ

監督・脚本

アレクサンダー・ロックウェル

原題:Sweet Thing
2020 年|アメリカ|91 分|DCP|モノクロ+パートカラー
日本語字幕:高内朝子
配給:ムヴィオラ
公式HP:http://moviola.jp/sweetthing
©️2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED

10 月 29 日(金)より
ヒューマントラストシネマ渋谷、 新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺他全国順次公開

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  2. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  3. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  4. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  5. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  6. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  7. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る