■イントロダクション
圧倒的共感を呼んだ傑作小説が、名監督&新世代豪華キャストにより待望の映画化!
詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説が遂に映画化。
監督には『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で感動の人間模様を描いた名手・廣木隆一監督。
椎名くんと東京に憧れた「私」を橋本愛。元カレ・椎名くんを諦められず、地元に住み続けている「あたし」を門脇麦。そして、二人を魅了した掴みどころのない椎名くんを進境著しい成田凌が演じる。
もどかしい想い、それでも羽ばたくことを夢見てやまない青春をリアルに瑞々しく描いた傑作が誕生した。

■ストーリー
2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった「椎名くん」を柱にそれぞれの想いが交差する、痛く切ない青春偶像劇の結末はいかに…

■予告動画

■キャスト
橋本愛 (『美しい星』『バースデーカード』)
門脇麦 (『サニー/32』『花筐/HANAGATAMI』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』)
成田凌 (『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』『キセキ あの日のソビト』『君の名は。』勅使河原克彦:通称テッシー役)
渡辺大知 (『勝手にふるえてろ』『色即ぜねれいしょん』)
岸井ゆきの (『予兆 散歩する侵略者 劇場版』『おじいちゃん、死んじゃったって。』)
内田理央
柳ゆり菜
亀田侑樹
瀧内公美
片山友希
木崎絹子
マキタスポーツ
村上淳

■スタッフ
原作:山内マリコここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫
監督:廣木隆一 (『ママレード・ボーイ』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』)
脚本:櫻井 智也

■公開情報
2018年10月19日 全国ロードショー

■公式サイト
http://taikutsu.jp/

■コピーライト
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※読書ログ会員の原作評価・感想・ネタバレ※
平均評価4.0点
・山内マリコがいかにすごいかってことですが、作品の端々に潜むリアリズムが胸をえぐるのです。東京タラレバ娘読んでるときみたいな感じです。
・本書は連作短編集で、個々の話としても楽しめますが、「椎名一樹」という人物がすべての作品で出てくるのがポイントです。女にも男にも容赦のない山内マリコ。好きだ。
この原作小説の星の数と感想を読書ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 画像,一度死んでみた
    ■ストーリー 父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。売れない…
  2. 画像,FOLLOWERS
    ■作品情報 宝石箱のように煌びやかなものたちが詰め込まれ、万華鏡のように変化する街=TOKYO。人…
  3. 画像,GEEK BEEF BEAT
    ■イントロダクション 演劇界の異端児・鳥皮ささみが初監督!主演・音楽に孤高のポエトリー・ラッパーの…
  4. 画像,もみの家
    ■イントロダクション 本作は、昨年ブルーリボン賞、報知映画賞などで新人賞を多数受賞した注目の若手実…
  5. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  6. 映画「椿の庭」鈴木京香、チャン・チェン、田辺誠一、清水綋治
    鈴木京香、チャン・チェン、田辺誠一、清水綋治が出演! W主演の富司純子、シム・ウンギョンがコメント…
  7. 画像,いざなぎ暮れた。
    ■イントロダクション 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するため製作された…

Facebook

ページ上部へ戻る