※この映画はまだ評価がありません。

フランスの鬼才、ブリュノ・デュモン監督が仰天の手法で描く聖女ジャンヌ・ダルク二部作!

神的少女ジャンヌ・ダルク、降臨!
凋落する現代世界に対峙する、愛と神秘の来るべき救済論!

ジャンヌ・ダルクーー。カトリックの聖女。あるいは魔女。神の恩寵を受け祖国を救う愛国的英雄。民衆を鼓舞する革命の偶像。異端審問の末に火炙りにされた男装の女騎士。フランス国民劇の受難のヒロイン。
疫病と戦争の最中にあった15世紀初頭のフランスに実在した少女の物語は、芸術と娯楽の様々な領域で幾度も題材にされた。

映画史においても枚挙にいとまがない。ジョルジュ・メリエス、カール・テオドール・ドライヤー、セシル・B・デミル、ヴィクター・フレミング、オットー・プレミンジャー、ロベルト・ロッセリーニ、ロベール・ブレッソン、ジャック・リヴェット、リュック・ベッソン…歴々たる映画作家たちがこの「歴史劇」の古典に取り組んでいる。メロドラマとして、社会風刺劇として、スリル満点のスペクタクルとして、恐れ慄くような美/崇高に迫る実験作として。フランスやハリウッドで、翻案やパロディも含めれば世界中で、時代の折々に作られてきた「ジャンヌ・ダルク映画」。その最新の変奏が『ジャネット』と『ジャンヌ』である。

鬼才、ブリュノ・デュモンの型破りな「聖女」像!
監督の挑戦に応えたのは、演技経験のない8歳の少女だったーー

監督は、現代フランス映画において一筋縄ではいかない挑発的な作品『ユマニテ』(99)『フランドル』(06)などを発表してきた鬼才、ブリュノ・デュモン。原作は、シャルル・ペギーの劇作「ジャンヌ・ダルク」(1897)と「ジャンヌ・ダルクの愛の秘義」(1910)。ペギーは、ジル・ドゥルーズ、ヴァルター・ベンヤミン、ジャン=リュック・ゴダール、そして須賀敦子らを魅了したカトリックの詩人・思想家であり、ジャンヌ・ダルクがイギリス軍から解放した都市オルレアンの出身。デュモンは、ジャンヌ・ダルクの生涯を特別な想いを持って描いたペギーの詩劇を、仰天ともいうべき演出・手法によって、二つの映画作品に仕上げた。両作品でジャンヌ・ダルクを演じたのは、ロケ地周辺で出会った演技経験のない新星リーズ・ルプラ・プリュドム。『ジャネット』撮影時はわずが8歳で、幼い頃の無垢なジャンヌを歌や踊りを駆使し見事に体現し、『ジャンヌ』では、まっすぐな眼差しと力強い言葉で、「雄弁な」男たちを喝破していく姿を見せた。

『ジャネット』は、カルト映画の巨匠でシネフィルとしても知られるジョン・ウォーターズ監督は2018年のベスト1に、仏の映画誌カイエ・デュ・シネマは「この小さな傑作によって彼の映画は決定的に解き放たれた!」と評し、2017年のベスト2に選出。日本ではカイエ・デュ・シネマ週間で『ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期』のタイトルで上映され話題を呼んだ。続く『ジャンヌ』も、ジョン・ウォーターズは2019年のベスト2に、カイエ・デュ・シネマで2019年のベスト5に選出された。

ジャンヌ

ジャンヌ
≪救国の戦いから異端審問、そして刑の執行へ――華麗なる心理活劇≫
15世紀、フランスの王位継承をめぐって、フランスとイギリスが血で血を洗う争いの時代。若きジャンヌ・ダルクは、「フランスを救え」と言う神の声に導かれてフランス王の軍隊を率いていた。神、愛、罪、福音と祈りを説くジャンヌだが、その力に畏怖と疑心を持った味方の軍内部から反発が生じる。やがてジャンヌはイギリス側に捕らえられ、教会によって異端審問にかけられる。抑圧と支配の濃密な論理で迫る「雄弁」な男たちを相手に、反駁の叫びと沈黙で応じるジャンヌ。告発に屈せず、自らの霊性と使命に忠実であり続ける。馬術ショーのような戦闘場面。言葉が累積し充満する裁判場面。

あまりに奇想天外な相貌を見せた『ジャネット』と打って変わり、様式的な画面と白熱の議論に彩られた、サスペンスとアクションが華麗に展開する。『クレールの膝』(70)、『満月の夜』(87)などエリック・ロメール作品で知られる、ファブリス・ルキーニがフランス国王シャルル7世として出演。フランスの歌手クリストフが劇伴の作曲を担当。異端審問の陪席者の一人として不気味に出演し、その美しい歌声を聞かせている。

映画『ジャネット』『ジャンヌ』予告編映像

監督・脚本:ブリュノ・デュモン/原作:シャルル・ペギー/撮影:デイビット・シャンビル/音楽:クリストフ
出演:リーズ・ルプラ・プリュドム、ファブリス・ルキーニ、クリストフほか
2019年/138分/カラー/ビスタ/フランス語/フランス/日本語字幕:高部義之
原題:Jeanne/英題: Joan of Arc
© 3B Productions
公式HP:https://jeannette-jeanne.com/
配給:ユーロスペース

12月11日 (土)、ユーロスペースほか全国順次ロードショー!

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

3
コメント

avatar
1 コメント数
2 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
3 コメント者数
CGesangeシャルル7世CGesange 最近のコメント
新しい順 古い順
CGesange
CGesange

This article, and likely the movies, contain some misconceptions that have been debunked by historia… Read more »

シャルル7世
シャルル7世

There’s a lot of disagreement about whether Jeanne d’Arc was just a flag-bearer in the battle, or whether she was an excellent tactician and carried a sword.

CGesange
CGesange

She herself said she carried her banner rather than fighting, and so did numerous eyewitnesses. Some of the commanders said they asked her for advice after accepting her as a valid religious visionary, but they still made the decisions (with a couple rare exceptions: she took it upon herself to plan the disposition of forces for the siege of Troyes, and she hired 200 Italian mercenaries to bring into Compiegne; but she never had formal command in any of these cases, as we know from the Royal records).

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  3. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  4. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  5. 決戦は日曜日
    事なかれ主義の議員秘書と政界に無知な熱意空回り候補者が 日本を変えるため、選挙落選を目指す!? 新…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る