■イントロダクション
パリ、NY、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都
世界中にある美しい自宅、愛する猫たち犬たちとの暮らし、
恋の話など、本作でしか観られないフジコの貴重な“素顔”

60代後半でデビューし、80代になった今でも世界中で演奏活動を続けるフジコ・ヘミング。年間約60本のコンサートをこなし、チケットは即完売で新たなオファーも絶えない。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれている。本作は、パリ、NY、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都・・・世界を巡るフジコを2年間にわたって撮影した初のドキュメンタリー映画。心震える演奏シーンとともに、アンティークに囲まれた世界中にある自宅で愛する猫たちとともに暮らす姿、知られざる家族・恋についてなど、本作でしか見られないフジコ・ヘミングの素顔を解き明かす――
世界中の人々を魅了してやまないフジコの音楽は、どんな人生・ライフスタイルから生まれてくるのか?

「彼女が奏でる音色には生きるヒントがあふれてる」
フジコ・ヘミングのエモーショナルな音楽に彩られる、ライフスタイルと数奇な人生。
心揺さぶられる予告編が解禁!

フジコの演奏がなぜ人の心を捉えるのか、明かされる壮絶な過去、そして今のライフスタイル・生き様・・・・・・美しい自宅、猫や犬との暮らし、パリの情景などフジコが愛するものがつまったプライベートと貴重なワールドツアーの演奏が観られることを期待させる予告編となっている。

フジコ・ヘミング 本作の観客へのメッセージ

「この映画は、私のありのままの姿をとらえていますので、死んでから発表してほしいと思うぐらい実は恥ずかしいんです。我ながら人の目も気にせず、好きなように生きていますね(笑)。小松監督の映像は素晴らしく、これは私なのかなとおもう素敵なシーンも多くて嬉しいです。最後の最後まで、楽しんでご覧いただければと思います。」

■フジコ・ヘミング プロフィール

日本人ピアニストの母とスウェーデン人デザイナーの父を両親としてベルリンに生まれる(年齢非公表)。父と別れ、東京で母の手ひとつで育ち、5歳から母の手ほどきでピアノを始める。東京芸術大学を経て、28歳でドイツへ留学。ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業。その後長年にわたりヨーロッパに在住し、演奏家としてのキャリアを積む中、レナード・バーンスタインほか世界的音楽家からの支持を獲るが、大事なリサイタル直前に聴力を失う。失意の中、ストックホルムに移住、ピアノ教師をしながら、欧州各地でコンサート活動を続ける。1999年リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD「奇蹟のカンパネラ」をリリース。クラシック界異例の大ヒットを記録した。日本ゴールドディスク大賞のクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを4回受賞。現在、世界各地からリサイタルのオファーが絶えず、年間60本近くの公演を行う。猫や犬をはじめ動物愛護への関心も深く、長年チャリティー活動も続けている。

■ストーリー

パリ、NY、ブエノスアイレス、LA、ベルリン、東京、京都・・・世界をめぐるフジコを2年間に渡って撮影した初のドキュメンタリー映画。ワールドツアーの演奏とその裏側、世界中にある美しい自宅、愛する猫たち犬たちとの暮らし、恋の話など、彼女の素顔を解き明かす。
幼少時に別れたスウェーデン人の父への複雑な想い、ピアニストの母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活、音楽の成功を目前にした聴力の喪失など、撮影中のインタビューと少女時代の絵日記を通して語られる波乱万丈の人生と知られざる家族のヒストリーに胸が熱くなる。
2017年12月1日に東京オペラシティで行われたソロコンサートの「ラ・カンパネラ」をほぼフルバージョンで収録。5分におよぶそのシーンの中で、生きざまがにじみ出るような圧巻の演奏を聴かせる。
輝き続ける彼女の“今”には、生きるヒントがあふれている。

■予告動画

■出演
フジコ・ヘミング 他

■監督
小松莊一良

■公開情報
6月16日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

■配給
日活

■コピーライト
©2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

■『映画ログ』会員の評価・感想・ネタバレ
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック




※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

注目映画

  1. 8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  2. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  5. 8月24日公開 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』 ■作品情報 フランス生まれでブラジル音…
  6. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  7. 二ノ国
    8月23日公開 映画『二ノ国』 ■作品紹介 現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る