※この映画はまだ評価がありません。

■イントロダクション
怪我で入院した青年カンは、病室の窓から見える邸宅に住む美女に目を奪われた。
望遠鏡で彼女の姿を追っていたある夜、彼女が父親らしき男性と言い争い、その背中にナイフを振り下ろす瞬間を目撃する。

自分が目にしたことを信じられないカンは、その“事件”が本当にあった出来事だったのかを確かめるため、彼女に近づこうとするのだが…。
数年前、東野圭吾作品が翻訳されるや、中国では日本のミステリー小説が大人気となった。

その後も日本の推理作家の作品が続々と出版され、書店内で大型書棚が設けられるなど、今なお大きなブームとなっている。
一方、映画界においても、そのブームに乗り、『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』(17)、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)、『マンハント』(18)など、日本の原作小説が続々と映画化されている。そうした大きな潮流の先陣を切ったのが、本作『夏、19歳の肖像』である。

『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(16)として映画化された「御手洗潔」シリーズで著名な新本格推理小説の巨匠 島田荘司が、1985年に発売した同名小説が原作となっている。
監督を務めたのは、『光にふれる』(12)、『共犯』(14)と独自の映像美で若者の姿を鮮烈に描く台湾の俊英チャン・ロンジー。推理小説は台湾でも人気があり、島田荘司推理小説賞が開催されるなど原作者と台湾との関係は深いが、チャン監督はアルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』を彷彿とさせる、深まる謎と青年の切ない恋を交差させる異色の青春ミステリーを誕生させた。

主演は、中国人でありながら韓国人気男性グループEXOの元メンバーとして活躍し、『レイルロード・タイガー』(16)でジャッキー・チェンと共演した、“タオ”ことファン・ズータオ。事件の鍵を握るヒロインの女性には、中国で美人若手女優として大きな期待を集める『芳華 –Youth-』(17)のヤン・ツァイユーが抜擢された。また、台湾の若手注目俳優のカルビン・トゥ、『上海キング』(16)のリー・モン、『五福星』シリーズなど香港のベテラン俳優のスタンリー・フォン、『ラスト、コーション』(07)のチュウ・チーインといった面々が脇を固めている。
スタッフには国際色豊かな顔ぶれが揃った。撮影は、ベネディクト・カンバーバッチ主演の人気テレビシリーズ「シャーロック」のスティーヴ・ロウス。プロデューサーを『イップ・マン 葉問』(10)のアン・シャオフェン、『ドラゴン・コップス 微笑捜査線』(13)のユー・ウェンチアン。製作を『レイン・オブ・アサシン』(10)のスー・チャオピン、『海角七号 君想う、国境の南』(08)のホアン・ジーミン、そして脚本を女性脚本家のキャロル・リーと台湾映画界を担う面々。そして音楽を『言えない秘密』(07)、『マッハ!弐』(08)のタイ人音楽家のテルサック・ヤンバンが担当している。

■ストーリー
大学の夏休み。19歳のカン・チャオ(ファン・ズータオ)はバイクで事故を起こし、脚を骨折して入院する羽目になってしまう。
内緒で買ったバイクだったせいで親にも泣きつけず、同じ大学の友人で入院している病院の理事長の娘であるジュー・リー(リー・モン)と、ジューに想いを寄せるジャオ・イー(カルビン・トゥ)に面倒を見てもらうことになった。

自由に身動きすることすらままならない退屈な入院生活の中で、カンは窓の外を眺めて過ごしていた。病室の窓から見下ろせる立派な邸宅の二階に、美しい女性(ヤン・ツァイユー)の姿を見つけるカン。彼はジャオに頼んで望遠鏡を借り、その家を覗くのが日課になっていく。いつしか彼は、名も知らぬ女性に心を奪われていた。
もうひとつ、彼の入院生活に変化が起こる。メッセンジャーアプリで知り合った、シャオバイという“友達”ができたのだ。カンの退屈な入院生活は一変した。

観察を続けるうちに、カンには色々と発見があった。彼女の家は裕福で、両親とも大物らしいこと。護衛らしい男が姿を見せる日もあること。そして、そばの喫茶店から出てきたエプロン姿の男が、家の中を探るように覗き見ていること。
そんなある雨の夜、カンがいつものように望遠鏡を手にすると、不穏な光景が目に入った。彼女と両親は、なにやら揉めているようだ。
やがて彼女は、つかんだ刃物を父親の背に…!その瞬間、カンは飛び上がらんばかりに驚いた。目撃した出来事の衝撃もあったが、同室のジャンじいさん(スタンリー・フォン)が、彼の肩をたたいて話しかけてきたのだ。
再び邸宅の内部に望遠鏡を向けてみると、彼女と母親は倒れた父親をどこかへ引きずっていき、慌てた様子で赤く染まった床を拭いていた。
この出来事を誰かに知らせる――不思議とそんな考えも浮かばぬまま、カンは朝まで窓辺に佇んでいた。

翌日、窓の外には、いつもどおりの日常が広がっていた。どうやらカンが目撃した“事件”のことは、誰にも気づかれていないらしい。
ところがその夜、事態は新たな展開を見せた。強い雨の中、大きな袋を引きずって家を出た彼女と母親は、隣の工事現場にそれを埋めていたのだ。あれ以来、父親の姿は見ていない。
袋な中身は一体…。
彼女の家が見える病室から移動することになったと聞かされたカンは、強引に退院を決めてしまう。久しぶりに家に戻ってみると、郵便物の中に不審な封書があった。「何を見たか 人に言うな 危険 注意しろ」――切り貼りされた文字で書かれたそれは、まるで脅迫状だった。
 ギプスが外れたカンは、行動を開始する。無謀にも例の邸宅に忍び込んだカン。そこで彼は、今までただ眺めるだけだった彼女について、ひとつの情報を得る。シア・インイン。それが、彼女の名前だった。
インインを尾行し、彼女の職場を突き止めたカンは、アルバイトとしてその会社に潜り込む。仕事をきっかけに、彼はインイン近づくことができた。しかしその一方で、カンには気がかりなこともあった。シャオバイが脅迫とも警告ともつかないメッセージを送ってくるようになったのだ。
しかも、その内容には、絶対にカン本人しか知り得ないことも含まれている。自分を監視しているのは誰なのか。親しい人たちの顔が思い浮かび、消えてゆく。
そんななか、カンはインインをバーに誘うことに成功する。楽しい時間を過ごした帰り道、カンはうっかり「三元街まで送るよ」と口にしてしまう。教えてもいない自宅の住所を知られていたことに警戒感を露わにするインイン。
そこに現れたシア家の護衛らしき男たちは、インインに近づくなとカンを脅しつけ、彼女を連れ帰るのだった。

その日を境に、インインは突然会社を辞め、姿を消した。街中を捜し回り、何日も彼女の帰りを待ち続けるカン。そんな彼の前にふらりと舞い戻ったインインは、「あの家にはいられない」と口にする。2人は海辺の町へと逃れ、束の間の安らかな時を共に過ごすのだが…。 
カンを監視し、謎めいたメッセージを送りつけてくるシャオバイとは誰なのか。そして、あの夜目撃した事件の影に横たわる真実とは。
全てが明らかになる時、物語は真夏の夜の儚い夢のような結末へと向かって加速していく。

■予告動画

■キャスト
ホアン・ズータオ
ヤン・ツァイユーシア・インイン
リー・モン
カルビン・トゥジャオ・イー
チャン・グオチュウ

■スタッフ
監督:チャン・ロンジー
脚本:キャロル・リー
原作:島田荘司「夏、19歳の肖像」(文春文庫刊)

■公開情報
2018年8月25日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー

■公式サイト
https://www.maxam.jp/19/

■コピーライト
©2016 DESEN INTERNATIONAL MEDIA(BEIJING)CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  4. ラーヤと龍の王国,画像
    エルサとアナに次ぐ、ディズニーのニューヒロインが誕生! “ひとりぼっち”じゃ、世界は変わらない― …
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る