Pocket
LINEで送る

■イントロダクション
あなたの戻りたい過去はいつですか?
本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題のベストセラー小説が超豪華キャスト&スタッフでついに映画化!

2015年の発売以降「とにかく泣ける!」と口コミで広がり、17年には本屋大賞にもノミネートされた小説「コーヒーが冷めないうちに」。
舞台の脚本家兼、演出家として活躍する川口俊和の小説デビュー作となる本作が、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともについに映画化!
舞台は、とある街のとある喫茶店。
店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることが出来るという。ただし、そこには『過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。
』や『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。』などのいくつかのルールがあった。
誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら……」という《後悔》の思い。

様々な《後悔》を抱えた客たちが、今日も店を訪れる。
主人公にはどの世代からも圧倒的な支持をもつ人気女優・有村架純。
今作では、かわいらしさの中にも凛とした美しさ・意思の強さを持つ女性像を瑞々しく演じています。
彼女が淹れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、ストーリーが始まります。
脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊などの超豪華な演技派且つ人気俳優陣、更には波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結しました。
監督には「リバース」(17/TBS)・「重版出来!」(16/TBS)・「Nのために」(14/TBS)・「夜行観覧車」(13/TBS)など幅広いジャンルのヒットドラマ演出を多数手掛け、今年「アンナチュラル」(TBS)で高い評価を得た塚原あゆ子。

今作が満を持しての映画監督デビュー作となります。
この秋、温かな感動が、日本中を優しく包みこみます。

■ストーリー
時田数(有村架純)が叔父で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。
そこには、不思議な都市伝説があった。
それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。

ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。
1. 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。
2. 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。
3. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。

コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。
4. 過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。

5. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。
「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?
今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。
アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠)。
若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。
故郷の妹(松本若菜)を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊)。数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)。

過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女(石田ゆり子)……。
どんなことをしても現実は決して変わらない。
それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。
そこで彼らを待っていたものとは?
そして、主人公・時田数に隠された真実とは?
-1杯のコーヒーが冷めるまでの、ほんの短い時間でも、人生は変わる-。

■予告動画

■キャスト
有村架純 (『何者』『アイアムアヒーロー』)
健太郎 (『犬猿』『先生! 、、、好きになってもいいですか?』)
波瑠 (『潔く柔く きよくやわく』)
林遣都 (『しゃぼん玉』)
深水元基 (『映画 みんな!エスパーだよ!』)
松本若菜 (『ピンカートンに会いにいく』)
薬師丸ひろ子 (『8年越しの花嫁 奇跡の実話』)
吉田羊 (『恋は雨上がりのように』)
松重豊 (『検察側の罪人』)
石田ゆり子 (『悼む人』)

■すフタッフ
原作:川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」(サンマーク出版刊)
監督:塚原あゆ子
脚本:奥寺佐渡子

■公開情報
2018年9月21日 全国東宝系にてロードショー

■公式サイト
http://coffee-movie.jp/

■コピーライト
(C)2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会

■関連商品




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※原作小説の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 3.3点 (2018年9月3日更新)
・ちょっと「感動させ」に走ってる感じで手の内は分かっちゃってても読んでても なかなか楽しめます。続編「この嘘がばれないうちに」が出ているようなのでまた読んでみたいですね
・最初から分かりきっている王道な結論だし、伏線もその回収も想像通りのものばかりだけど面白かった。キャラの良さと、読後に「良かったなー」と思える清々しい内容が良かった。コーヒーを飲みながら読みたい本です。(冷めまくるけど)
・4回は泣けない。1回は泣きかけましたが。
・ちょっと不思議な大人の童話的小説。
・実際にこんなことができるとしたら、自分はなにか過去にもどりたいことがあるような、ないような。

原作小説の星の数と感想を読書ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  2. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  5. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  6. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る