猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【作品紹介】
高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争 という衝撃的なストーリーを描き、まさに全世界震撼の大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ。『創世記』『新世紀』に続き、『聖戦記(グレート・ウォ ー)』と命名された最新作では、地球の支配者が変わりゆ く激動の歴史のうねりが、ついにクライマックスを迎える。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

カリスマ的な猿の主人公シ ーザーが、リーダーとしての使命感と、家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づき、新たに登場する謎めいた少女ノバの存在からも目が離せない。

はたして地球の未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰 もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に明かされる!

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

【予告編】

■ 原題・英題
WAR FOR THE PLANET OF THE APES

■ 監督
マット・リーヴス

■ キャスト
アンディ・サーキス
ウディ・ハレルソン
アミア・ミラー

■ コピーライト
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

■ 公開日
10月

■ 公開情報
全国ロードショー

■ 公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-g/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・ジェネシス、ライジングと続いてきた新たな猿の惑星シリーズの3作目。結局人間と猿との溝は埋まることなく戦いの歴史が綴られていく。その中で妻子を失う攻撃によって、仲間たちを新天地に映し、自身は人間に復讐のため旅立つ。3作目は集団ではなく子を際立たせる演出が取られている。
これは当然シーザーの内面をさらに深く見せるため。更には人間側に猿が従うという、新たな敵対関係も突き付けてくる。
そこで登場するのが採掘場で奴隷にさせられている猿たちの理由。現実問題を巧みに取り入れているあの国の国家といい、壁を作れば敵から守れるという発想。そのため全体的に重苦しいムードが充満しているが、オリジナルの1作目に繋がっていく過程が描かれる。シーザーの最期も感動的だし、この3部作はかなり良質なシリーズだったと言える。

・シーザーの表情にじつによい。
タイトルの通り、戦争シーンが多いのが少し残念。
1作目のような、、、あの青年はどこに行ったの。
絶対にでてくると思ってた。
でも新しく登場した少女がかわいいやん。
1-3まで一気に見たんだが、旧作全部みてみよーかなって。
昔は、ロードショウで1作目しか見た記憶しかない。

・前作のほうがおもしろかったような気がする。
少女の存在がいまいちなぞでした。今後どうするのかナ~と
そんなところに反応してしまったが、シーザー達に静かに馴染んでかわいかった(#^^#)

・猿の惑星シーザー編と言う印象を受けた映画(三部作)だった、只物語的には好感を持ったが内容だが、地球規模でどうなっているかが描かれて居ないのがや々不満の残った終わり方でした。

・映画館)2017年42本目の鑑賞(ユナイテッドシネマ豊洲にて)。この作品の鑑賞のためにシリーズ前2作を事前に鑑賞済。「猿の惑星」の住人となるエイプの祖先となったシーザーの一生の物語がシリーズのテーマだと作品を見ていて思った。元祖の「猿の惑星」を見たのがだいぶ前だったので、その時の謎がどんなものだったかは覚えていないが、作品同士の繋がりとしては矛盾はないと思う。人間の女の子が意外にいい活躍をする。収容所からの脱走シーンはクリント・イーストウッドの某映画を思わせほのぼのとした。感想はこんなところです。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■イントロダクション 『告白』の鬼才中島哲也、最新作! 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻…
  2. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  3. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  4. ■ 作品紹介 新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。夜にな…
  5. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  6. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  7. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る