Pocket
LINEで送る

■作品紹介
≪黒川博行ワールド炸裂!≫美大出身で、高校の美術教師を10年務めた直木賞受賞作家「黒川博之」、その豊富な知識をベースに作った古美術ミステリーの世界を映像化。古美術でひと儲けをたくらむ男たちの騙しあいに容赦はない。

関西を舞台に繰り広げられる、男たちの騙し合い、化かし合い。普段知ることのできない「贋作作り」とはいったいどんな世界なのか。
そして「金」と「美術」は人間の『業』の象徴なのか。
今作品は、原作にはないオリジナルキャラクターも登場。欲望渦巻く人間ドラマにちょっぴり清涼感のあるスパイスが加わった。

さらには、時価総額1億円以上の美術品を集めて撮影をしており、登場する美術品も見どころのひとつ。

はたして「茶釜」に狸の足は生えるのか?

■ストーリー
骨董ディーラーを生業とする佐保(駿河太郎)は、相棒の涼香(小芝風花)と共に、とある山あいにある蔵屋敷を訪れる。

家主の留守中、老婆が一人でいたところを大阪民具研究会なる初出し屋に狙われ、亡き亭主が大事にしていた茶釜をだまし取られてしまったという。

その茶釜は芦屋釜といい、元禄享保のころからの天下の名物で、本物なら価値は500万円を下らない!

何も知らない老婆をだまし討ちにした、初出し屋のやりくちに激怒した佐保と涼香は、上司の菊池(赤井英和)も交えて茶釜の奪還を計画。
しかし茶釜はすでに売り捌かれ、思いもかけず奪還不可能な状況に…。そこで、贋作の掛け軸を初出し屋に真筆として売りつけ、茶釜の価値以上の金額をだまし取ることを思いつく。

果たして、騙しだまされの化かしあいに、佐保は勝てるのか?!

■予告動画

■キャスト
駿河太郎
小芝風花
赤井英和
若井みどり
村上ショージ
内場勝則
オール巨人
月亭八方
星田英利
しずちゃん(南海キャンディーズ)
おかけんた
高井俊彦

■作品紹介

■スタッフ
監督:大畑拓也
原作:黒川博行
脚本:佐野誠
製作:藤原寛

■公開情報
2018年10月20日(土)新宿バトル梅田ブルク7ほか全国順次公開

■公式サイト
http://bunbukuchagama.official-movie.com/

■コピーライト
©2018吉本興業





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  3. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  4. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  5. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  6. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る