Pocket
LINEで送る

■イントロダクション
早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。
2016年10月20日にこの世を去った早世の鬼才・小路啓之の原作「ごっこ」は、一見ほのぼの子育て漫画のようだが、社会の暗部をファンタジックに描いた名作として知られている。

今回、実写映画化にあたり、『凶悪』の脚本家・髙橋泉と、『ユリゴコロ』で新境地を切り開いた監督・熊澤尚人、そして、役が憑依したかのような渾身の演技をみせる千原ジュニアと、子どもながらに強い意志を持った眼差しの平尾菜々花を迎え、狂気を内包する不器用な父性愛と自己犠牲の連鎖を描いた、是非に揺れる家族の物語が誕生した。

そして、二人を見守る商店街の住人達に優香、秋野太作、中野英雄、石橋蓮司ら実力派俳優たちが顔をそろえる。

繰り広げられる温かな日常とは相反して、社会的孤立から生まれた父娘のもろい関係性は、普遍的な家族像とはほど遠いけれども、お互いに唯一無二の存在とし、ともに成長しようとする二人。

このごっこ生活に隠された事実が明かされた時、衝撃のクライマックスにあなたは耐えられるか――。

■ストーリー
パパやんとヨヨ子の人生を賭けた究極の選択とは――。
大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。

十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼馴染で警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。

ごっこ生活のような不安定な二人のその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう…。

■予告動画

■キャスト
千原ジュニア (『岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇』『PORNOSTAR ポルノスター』『MOON CHILD』『ナイン・ソウルズ』『劇場版 新・ミナミの帝王』)
優香 (『羊の木』)
平尾菜々花
ちすん
清水富美加 (『暗黒女子』『笑う招き猫』『東京喰種 トーキョーグール』)
秋野太作
中野英雄
石橋蓮司

■スタッフ
【監督】
熊澤尚人 (『ニライカナイからの手紙』『君に届け』『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』)
【原作】
小路啓之(集英社刊)

【脚本】
熊澤尚人
髙橋泉
【製作】
前田茂司

■関連商品

■公開情報
2018年10月20日

■公式サイト
http://gokko-movie.jp/

■コピーライト
©小路啓之/集英社
© 2017楽映舎/タイムズ イン/WAJA




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  2. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  3. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  4. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  5. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  6. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー http://tokus…
  7. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る