散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報
Pocket
LINEで送る

【作品紹介】
絶望がやってきた。愛する人の姿で

第70回カンヌ国際映画祭
「ある視点」部門正式出品作品

誰も観たことがない、新たなエンターテインメント作品が誕生。

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

『岸辺の旅』で第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞、国内外で常に注目を集め、2016年には『クリーピー 偽りの隣人』でもその手腕を発揮した黒沢清監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。
数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描く-サスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーと、ひとつのジャンルには収まらない、新たなエンターテインメントが誕生しました。
本作は第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品が決定。誰も観たことがない唯一無二の斬新なストーリーと黒沢清監督の新たな挑戦に日本のみならず、世界中から大きな期待と注目を集めています。

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

フレッシュな豪華顔合わせとそれぞれが魅せる新境地。
―日本映画界が誇るオールスターキャストの競演!―

【ストーリー】
主人公・加瀬鳴海役には、映画・ドラマ・ミュージカルと活躍の幅を広げ、更なる躍進をみせる女優、長澤まさみ。夫に起こった「異変」に気づき、翻弄されながらも状況に立ち向かう妻というこれまでにない難役に挑んでいます。夫の加瀬真治役には独特な存在感と演技力で映画、ドラマと大活躍の松田龍平。侵略者に乗っ取られた男という前代未聞の役柄を、絶妙なリアリティで見事に演じています。

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

そして、町で発生する一家惨殺事件を追うジャーナリスト・桜井役を実力派俳優、長谷川博己が熱演。今まで見たことのない、新たな魅力を体現しています。そのほか、天野役を演じる若手実力派No.1の高杉真宙、本格的なアクションに挑んだ立花あきら役の恒松祐里、2人の若き「侵略者」にも注目が集まります。5人それぞれが黒沢組初参加、かつ映画初共演というフレッシュな顔合わせ。さらには、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史ほか、日本映画界が誇るオールスターキャストの競演が実現。エンターテインメントに華を添えています。

人類は知らない。滅亡はそこまで来ている。
―いまだかつてない、”目に見えない侵略”―

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

どこにでもいるような不仲の夫婦・加瀬鳴海(長澤まさみ)と加瀬真治(松田龍平)。ある日、行方不明となった真治が帰ってきたところから、2人の生活は静かに異変に巻き込まれていく。一方、町で起こった一家惨殺事件を追うジャーナリストの桜井(長谷川博己)は、その取材の過程で謎の若者たち(高杉真宙・恒松祐里)と出会い、ある「異変」に気づく。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常は、ある日突然、様相を変える。-同時並行で描かれる2つの物語は、次第に引き寄せられ、誰も予想出来ない展開、そして心が震えるラストへと発展していく。

【予告編】



■ 原題・英題
BEFORE WE BANISH

■ コピーライト
©2017『散歩する侵略者』製作委員会

■ 公開日
2017年9月9日

■ 公開情報
9月9日(土)ROADSHOW

■ 公式サイト
http://sanpo-movie.jp/





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・かなりの地雷臭でしたが、思ったよりは楽しめました。ホラーっぽく始まりちょっと笑ってしまうような場面もあり最後はやってしまった感あるおバカ映画な感じで最初から最後まで非常に面白かった、という人はそうそういないでしょう。

・宇宙人視点で人間を描く。我輩は猫であるの宇宙人バージョンと考えていいだろうか。人間にとって、何が大切なのか、何を当たり前にとらえているかを見つめさせる。愛の概念で人間が救われるのがオチ。

・タイトル名から昔見たウルトラQを思い出したが・・・、設定等もSF物でよく使われるエネルギー生命体が地球人の体を乗っ取って云々・・・、結末も想定内、退屈はしなかったがSF好きとしては不満の残る内容であった。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

散歩する侵略者 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  2. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  3. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  4. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  7. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る