■ 作品紹介
世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の人生を描く。クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、32もの不朽の名曲が主としてフレディの歌声で甦り、心臓に鳥肌がたつほどの感動を呼び起こす。11月、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテイメント開幕!

■ 映画『ボヘミアン・ラプソディ』予告動画

■ キャスト
ラミ・マレック (『ショート・ターム』)
ジョセフ・マゼロ (『サイモン・バーチ』『マイ・フレンド・フォーエバー』)
ベン・ハーディ
グウィリム・リー
ルーシー・ボイトン (『フェブラリィ 悪霊館』『ミス・ポター』)
■スタッフ
【監督】
ブライアン・シンガー (『X-MEN: アポカリプス』『X-MEN:フューチャー&パスト』『ジャックと天空の巨人』『ワルキューレ』)
【音楽プロデューサー】
ブライアン・メイ
ロジャー・テイラー

■ 公開情報
2018年11月9日

■ 公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

■ コピーライト
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 4.6点 (2018年11月17日更新)
・曲を聴くたび、ジンジンくる。映画館の音響で観るべき。ボヘミアン・ラプソディーのこだわりの曲作り、自分たちの信念を曲げない姿勢に脱帽。
・劇場で鑑賞。前半が特に感動した。テンポ良くストーリーが進んでいき、曲の合わせ方も最高で、時々鳥肌が立った。後半にかけてフレディやバンドメンバーの苦悩が描かれるシーンでちょっと減速するが、怒涛のラストはただただ圧巻。9割がたの曲は聞いたことがあって、ああ、これもクイーンだったのかとあらためて思い起こされた。クイーンはイギリスを代表するメジャー過ぎるバンドなので、フレディも何の違和感もなくイギリス人だと思い込んでいたが、この映画でパキスタン系インド人であることを知り驚いた。限りなく5に近い4点。
・これは、★5一択しかないよ!
まだ小学生よりも小さかった頃、車の中で、カセットのクイーンがいつも流れてた。英語の歌詞に意味もわからず、ただ爆ぜる音と祈りのような暴力のような声を、覚えてる。映画の中で、ぼんやりとした彼の人物像がメアリーでかき乱されて、でも彼は唯一無二のフレディ・マーキュリーとして像を結んだ。揺らがない。全員が曲を書き、個性を主張する。追従じゃない、互いへの信頼と尊敬で組まれたバンドは家族。ラストのライブは、完コピで丸々21分。震えた。これは劇場で見ないと!

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  2. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…
  3. ■ 作品紹介 新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。夜にな…
  4. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  5. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  6. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  7. 映画『来る』 2018年12月7日(金)公開 目次 イントロダクション …

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る