映画『来る』
2018年12月7日(金)公開

イントロダクション

『告白』の鬼才中島哲也、最新作!
岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡
日本アカデミー賞常連俳優を迎え、『エクソシスト』『シャイニング』を超える怪作が、2018年12月7日、“来る”・・・
2011年度の米国アカデミー賞外国語映画賞部門に日本映画代表作として選出され、国内でも数々の映画賞を席巻、興行収入38.5億円の大ヒットを記録した映画『告白』。
監督・脚本を務めたのは、CM演出の巨匠にして、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也。
そして2018年。中島監督最新作に、日本を代表する5人の演技派俳優が集結した。
主演は、『関ヶ原』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、今年も『散り椿』をはじめ主演映画が続く、いまや名実ともに国民的俳優となった岡田准一。『小さいおうち』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、日本中の話題を集めた黒木華。中島監督作『渇き。』で才能を見出され、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、鮮烈な女優デビューを飾った小松菜奈。『ヴィヨンの妻』で報知映画賞・日刊スポーツ映画賞・日本アカデミー賞の3賞で最優秀女優賞を受賞、『告白』では中島ワールドの強烈なヒロインを体現した松たか子。そして『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では同最優秀助演男優賞を受賞、確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木聡。ほかにも、青木崇高、柴田理恵、伊集院光、太賀といった個性的な面々が共演。原作は宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。
この冬、人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント映画『来る』がついに、来る~~~~!!!!!!!
こわいけど、面白いから、観てください。

あらすじ

オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。
最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「あれ」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。
民俗学者・津田はその「あれ」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「ぼぎわん」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。
名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・そ・う・か・!・あ・れ・の・正・体・は・、・あ・い・つ・だ・!
「あれ」の名を呼んではならない。「あれ」は人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。
真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、「あれ」を止めることができるのか!?

予告動画

キャスト

野崎和浩 役:岡田准一 (『散り椿』『関ヶ原』『追憶』『海賊とよばれた男』)
田原香奈 役:黒木華 (『ビブリア古書堂の事件手帖』『億男』『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』『散り椿』)
比嘉真琴 役:小松菜奈 (『恋は雨上がりのように』『坂道のアポロン』)
津田大吾 役:青木崇高 (『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』『友罪』『モリのいる場所』)
逢坂セツ子 役:柴田理恵 (『クローバー』『毎日かあさん』)
高梨重明 役:太賀 (『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『十年 Ten Years Japan』『50回目のファーストキス』『海を駆ける』『南瓜とマヨネーズ』)
田原知紗 役:志田愛珠
香奈の母 役:蜷川みほ (『私の人生なのに』『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』『ヴァンパイア ナイト』『アルカナ ARCANA』『さくらん』)
店長 役:伊集院光 (『かぐや姫の物語』『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』)
秀樹の母 役:石田えり (『うつくしいひと』『流れ星が消えないうちに』『シネマの天使』『バンクーバーの朝日』)
比嘉琴子 役:松たか子 (『ハード・コア』『泣き虫しょったんの奇跡』『小さいおうち』『夢売るふたり』『告白』)
田原秀樹 役:妻夫木聡 (『泣き虫しょったんの奇跡』『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『愚行録』)

■スタッフ

【監督】
中島哲也 (『渇き。』『告白』『パコと魔法の絵本』)
【脚本】
中島哲也
岩井秀人
門間宣裕

原作「ぼぎわんが、来る」

澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫刊)

※原作小説の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 4.2点 (2018年11月30日更新)
・ホラー小説大賞に輝いた本書を単なるホラーと思うことなかれ。途中で主人公が全く入れ替わったりして、ミステリーの要素も含みつつ、最後までストーリーに引き込まれて一気読みした。ホラーの要素もものすごく強くて、映像化できそうなリアルな描写に素直に楽しめた。ぜひ、映画化してもいいのではないかな。キャスティングによるけど。
・すごく面白かった!!最初から最後まで惹きこまれた。この前読んだ「恐怖小説キリカ」もだけど、久々に“ホラー”と感じるものを読んだ気がする。また好きな作家さんが増えた(*^_^*)今後も楽しみだな。
・じわじわくる怖さが良い。目に見えない、だれど少しずつ近寄ってくる何か。近づくにつれ起こる異変。
姿が見えたらもうおしまい。丸かじり。
だけど後半、本当に後半の後半。なぜ格闘漫画みたいなことに…。寺生まれのTさんを思い出した。でも怖いものは怖い。トイレの中を凝視するのが嫌になった。

■関連商品
 

作品概要

『来る』
■キャスト
岡田准一 黒木華 小松菜奈
青木崇高 柴田理恵 太賀 志田愛珠 蜷川みほ 伊集院光 石田えり
松たか子 妻夫木聡
■スタッフ
原作:澤村伊智『ぼぎわんが、来る』(角川ホラー文庫刊)
監督:中島哲也 
脚本:中島哲也 岩井秀人 門間宣裕
■公開情報
2018年12月7日 全国東宝系にてロードショー
■公式サイト
http://kuru-movie.jp/
■コピーライト
(C)2018「来る」製作委員会




映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ

平均評価 4.0点 (2018年12月10日更新)
・(注意:ネタバレあり)原作は読んでない。テンポが良いのと飽きさせない構成でグングン惹き付けられた。視点が変わって、謎解き風になるところもおもしろかった。でも最後の除霊シーンは、準備段階までは、めちゃめちゃカッコイイのに、本番になると漫画チックな表現も合間って覚めてしまった。そういう意味では、韓国映画のコクソンは、最後まで、作品世界に没入できたのですごいと改めて思った。もう、アニメのバトルっぽい見せ方やめようよ。いい線いってるのに。
・(注意:ネタバレあり)完成度が非常に高い。豪華キャストが次々に“あれ”と対峙。“あれ”の正体とは。。。万人受けする結末ではないからこそ、何度も観たくなる。ホラー、サスペンスなんだけど、パンチとコンビニで笑えますw

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  2. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  3. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…
  4. ■ 作品紹介 新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた物語。夜にな…
  5. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  6. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  7. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る