私は、マリア・カラス
dTV
※この映画はまだ評価がありません。

■イントロダクション
「幸せも不幸も選べない。神様お願い、打ち勝つ力をください。」 初めて自らの[言葉]と[歌]だけで綴る、ディーヴァと呼ばれた一人の女性の切ない人生の真実

■ストーリー
音楽史に永遠に輝く才能と絶賛されたオペラ歌手、マリア・カラス。
いちど聴けば忘れられない世界にひとつの歌声と、度なテクニックを自在に操る歌唱力、役柄とひとつになる女優魂、さらにエキゾティックな美貌と圧倒的なカリスマ性で、聴衆をとりこにした不世出のディーヴァだ。
スターの座に上り詰めた彼女の名は、数々のスキャンダルによってさらに広まった。

28歳年上の男性との結婚、大統領やセレブも駆け付けたローマ歌劇場の舞台を第1幕で降りたことへのバッシング、メトロポリタン歌劇場の支配人とのバトル、ギリシャの大富豪オナシスとの大恋愛、そしてそのオナシスが元ケネディ大統領夫人ジャッキーと結婚したことを新聞で知るという衝撃の顛末。
ドラマティックな人生は幾度か映画化され、マリア・カラスの伝説はコンプリートされたかに見えた。
ところが、没後40年にして彼女の未完の自叙伝の存在が明らかになる。
彼女に惚れ込んだトム・ヴォルフ監督は、3年の月日をかけた〈真のマリア・カラスを探し求める旅〉でこの自叙伝を入手。
さらに、彼女の親友たちから信頼を得て、封印されてきたプライベートな手紙や未公開映像もふんだんに集めることに成功した。
そこで描かれるのは「誰も知らない」マリア・カラス。

スキャンダルやバッシングの嵐の中、プロフェッショナルとしての信念に、倒れても歌うことを諦めなかった壮絶な“カラス”と、ひとりの女性として愛を切望し、千々に心乱され苦悩しながらも、全てを受け入れようと変化していく“マリア”の姿があった。
その「圧巻の歌声」は、彼女の偽りのない「告白」により、深い哀しみと深い愛を湛え、我々の胸をさらに掴んで離さないものとなる―。

■予告動画

■キャスト
マリア・カラス (『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』『マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ』『マリア・カラスの真実』『王女メディア』)

グレース・ケリー (『泥棒成金』『喝采』『裏窓』『ダイヤルMを廻せ!』)
イヴ・サン・ローラン
アリストテレス・オナシス
ファニー・アルダン (『グレート・ビューティー 追憶のローマ』『オーギュスタン 恋々風塵』『8人の女たち』)

■スタッフ
監督:トム・ヴォルフ
朗読:ファニー・アルダン

■楽曲
作中には初めてカラーで蘇る生歌唱舞台やプライベートでの歌唱など、貴重な映像や楽曲がたっぷり!!
ビゼーのカルメンより【恋は野の鳥(ハバネラ)】

■公開情報
12月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー

■公式サイト
https://gaga.ne.jp/maria-callas/

■コピーライト
(c) 2017 – Elephant Doc – Petit Dragon -Unbeldi Productions – France 3 Cinema




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. 哀愁しんでれら
    なぜその真面目な女性は、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのかー 児童相談所で働く 26 歳の福浦…
  2. 特殊能力を持つ3人の内面に迫るキャラクター紹介映像解禁!映画「さんかく窓の外側は夜」
    謎を解け。闇を裂け。 2021年1月22日(金)より、映画『さんかく窓の外側は夜』が全国公開となり…
  3. ディズニープラス『ワンダヴィジョン』,画像
    『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く、 マーベル・スタジオ初の オリジナルドラマシリー…
  4. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  5. 映画『おもいで写眞』,画像
    『ユリゴコロ』『ごっこ』熊澤監督最新作 主人公結子が出会いを通じて”人生”と向き合う成長物語 …
  6. 陶王子 2万年の旅,画像
    2 万年の人類が、大丈夫だよ、と呼びかけてくる ~ 土と炎とその色と―これは一杯の「器」の向こうに…
  7. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る