ジグソウ:ソウ・レガシー 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報
Pocket
LINEで送る

最前列に座れ。
目を閉じるな。
全世界驚愕!
【ソリッド・シチュエーション・スリラー】の最高峰!

【作品紹介】
密室に集められた5人の男女。
頭には目の部分がくり貫かれたバケツが被せられ、身体には鎖が繋がれている。
その鎖は対面する壁に繋がっており、壁には一面に丸鋸刃(まるのこは)が付いている。

“さあゲームをしよう、お前たちは嘘をついてきた罪を告白せよ、真実のみがお前らを自由にする 生きるか死ぬか、お前たち次第だ”

ゲームは始まった・・・

ジグソウ:ソウ・レガシー 映画予告とあらすじや評判・レビュー情報

遺体安置室の検視台に半裸の男。
それは街中の公園で見つかった死体。

死体を見つめる刑事のハロランとキース、検視官のローガンとエレノア。
男が被っているバケツを外すと、顔半分がはがれ顎から上が無い。

首の皮膚はジグソウパズル型に切り取られている。
伝説の連続殺人犯“ジグソウ”のやり口――殺害したのはジグソウの模倣犯か?

傷の奥から抜きだしたUSBスティックをパソコンで起動すると、「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」
その声はまさしくジグソウ。

彼は10年前に死んだはずなのに・・・。

【予告編】



■ 原題・英題
JIGSAW

■ クレジット
監督:スピエリッグ兄弟
(『デイブレイカー』『プレデスティネーション』)

脚本:ジョシュ・ストールバーグ ピーター・ゴールドフィンガー
(『ピラニア 3D』『ピラニア リターンズ』)

プロデュース:オーレン・クールズ マーク・バーグ グレッグ・ホフマン(『ソウ』シリーズ)

■ 出演
マット・パスモア
カラム・キース・レニー
クレ・ベネット
ハンナ・エミリー・アンダーソン
ローラ・ヴァンダーヴォート
マンデラ・ヴァン・ピープルズ
ポール・ブラウンスタイン
ブリタニー・アレン
ジョサイア・ブラック

提供:アスミック・エース/ポニーキャニオン
配給:アスミック・エース

■ コピーライト
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved
Photo credit: Brooke Palmer

■ 公開日
2017年11月10日

■ 公開情報
11月10日(土)全国ロードショー

■ 公式サイト
jigsaw.asmik-ace.co.jp





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

・ソウシリーズは初代しか観てないのだけれど、それと同じく被害者たちのゲームパートと、ジグソウを追う警察パートが交互に写される構成。ゲームパートでは息が詰まるような恐さを感じさせられるが、良いタイミングで警察パートが入るのでそこで一呼吸入れることができる。
途中話の展開に感じていた微妙な違和感が最後のどんでん返しに繋がっていく伏線の張り方は見事。ただ黒幕さんがジョンと仲良くなった経緯とか動機とかはちょっと首を傾げるところがあり。あと個人的には精神的に追い詰められる系の恐怖がこの作品のいいところだと思ったので、死に方は無駄にグロ過ぎると感じた。特に最後。

・やはり1を越えるものはない。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  2. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  5. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  6. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  7. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る