※この映画はまだ評価がありません。

「やってみたい」がいっぱいある。遊んで、転んで、立ち止まって…誰もが安心して自分らしく過ごせる居場所で育まれる、

「川崎市子どもの権利に関する条例」のもと、2003年7月に川崎市高津区にオープンした子どものための遊び場「川崎市子ども夢パーク」、通称「ゆめパ」を舞台にしたドキュメンタリー。

子どもたちの遊び場「川崎市子ども夢パーク」=通称「ゆめパ」。
遊んで、転んで、立ち止まって…誰もが安心して自分らしく過ごせる居場所で育まれる、
子どもたちのかけがえのない“じかん”を情感豊かに描く。

「川崎市子ども夢パーク」とは
神奈川県川崎市高津区にある子どものための遊び場。
2000年に制定された「川崎市子どもの権利に関する条例」をもとに市民参画で作られた。

工場跡地を利用した約1万㎡の広大な敷地にはプレーパークエリア、音楽スタジオや創作スペース、ゴロゴロ過ごせる部屋のほか、学校に行っていない子どものための「フリースペース・えん」が開設されている。
乳幼児から高校生くらいまで、幅広い年齢の子どもが利用している。

映画『ゆめパのじかん』作品情報

あらすじ

何をしてもいい。何もしなくてもいい。
きみは、きみのままでいい。

「ゆめパ」は子どもたちみんなの遊び場。
約1万㎡の広大な敷地には、子どもたちの「やってみたい」がたくさん詰まっています。
手作りの遊具で思いっきり遊ぶ子どもたち。
一緒にどろんこになっている親子。
くるくると踊る子。
小さな子どもを連れた自主保育のグループ。
ゆめパにはいつも子どもと子どもに関わる大人が集っています。

ゆめパの一角には「フリースペースえん」があり、学校に行っていない子どもたちが自分の「好き」をあたためています。

安心して、ありのままの自分で過ごせる場所で、虫や鳥を観察したり、木工細工に熱中したり、ゴロゴロ休息したり。

でも、時には学校や勉強のことが気になる子も…。
新しい春を前に、一人の子が自身の将来を考え始め––––––。

子どもも大人もみんなが作り手となって生み出される「居場所の力」と、時に悩みながらも、自ら考え歩もうとする「子どもの力」を描き出したドキュメンタリー。

いまを生きるすべての子どもと、かつて子どもだった大人に贈る、生きる力を育む“じかん”。

予告動画

監督・スタッフ
監督:重江良樹
ナレーション:児玉奈央

配給
ノンデライコ

7月9日(土)よりポレポレ東中野ほか 全国順次ロードショー

公式サイト
http://yumepa-no-jikan.com/#modal

© ガーラフィルム/ノンデライコ

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  5. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  6. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  7. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
〇映画『アルピニスト』【驚愕映像】
ページ上部へ戻る