※この映画はまだ評価がありません。

かつて日本中を熱狂させた。不世出の天才ボクサー“浪速のロッキー”が2022年のスクリーンに蘇る。

俳優、タレントとして活躍する赤井英和のプロボクサー時代にスポットを当てたドキュメント。

俳優、バラエティータレントとして、世代を超えて愛される赤井英和。
しかし、本当の“AKAI”はあまり知られていない。
かつてはプロボクサー。
1980年に鮮烈なデビューを飾り、戦績は21戦 19勝 16KO 2敗(※デビュー12連続KO《試合時間計72分》は日本タイ記録)。

もっと前へ、もっと強く
。ひたすら、どつき倒す。
倒れても立ち上がる。その歩みを止めない、戦いを止めないスタイルは最高に強く、最高にかっこよかった。彼は本物のヒーローだった。
そして、人々は大阪市西成区生まれの“AKAI”をこう呼んだ。
「浪速のロッキー」と。

製作に当たっては、赤井の俳優デビュー作『どついたるねん』(1989)の阪本順治監督が全面協力。
再起不能のダウンから復活を遂げ主演として自分自身を演じた『どついたるねん』と、朝日放送テレビの映像協力による、世界王者に挑戦した「ブルース・カリー戦」と引退の引き金になった「大和田正春戦」の息を呑む迫力の試合映像、貴重なインタビューで綴られる。

映画『AKAI』作品情報

あらすじ

1985年2月、大和田正春戦。
トレーナー、エディ・タウンゼントの声が響く……。
その試合から数時間後、赤井は大阪市富永病院で急性硬膜下血腫、脳挫傷と診断され、緊急の開頭手術を受けていた。
大和田との試合、第7ラウンドで強烈なパンチをくらい、KO負け。意識不明に陥ったのだ。
生死の境をさまよった赤井が見たものは……。

それから35年後。
自宅で時間を持て余したアロハシャツ姿の赤井英和。
トランプでタワーを作ろうとするが、うまくいかず、「うわー!」と少年のような絶叫を上げる。かと思えば、その4時間後、突然チャーハンを作り始めた。
「うん! うまい!」と妻・佳子。キッチンのガスコンロ、床にコメがこぼれているのを見て、苦笑い。

一見なんでもない家族の団らんだが、赤井が家にいたのはワケがある。
2020年春、新型コロナウイルスが全世界を襲った。
日本でも緊急事態宣言が発動され、不要不急の外出ができなくなった。
俳優・タレントの赤井の仕事はすべてキャンセルになったのだ。
「怖いよ、今は仕事もイベントも舞台も映画もドラマも自粛しているからな。
仕事もしたいけど、なかなか厳しい状況やからな……」。
とはいうものの、赤井は “今”を満喫している。
赤井英和は、今という瞬間瞬間を生きる男なのだ。

そんな赤井に息子の英五郎は、ボクシングとの出会いを聞く。
「あの時、浪速高校を受験しました。
その晩かな、先輩が、受かってもいないのに、『なあ、赤井。食堂の前に朝10時に来い』って言うんだ。
なにかな、と思ったら、なんてことはない、ボクシングの雑用係で呼ばれたんだ……」
赤井は、鮮烈に覚えているボクシングとの出会いについて語り出す……。

予告動画

キャスト
赤井英和

監督・スタッフ
監督:赤井英五郎

配給
ギャガ

9月9日(金)より新宿ピカデリーほか公開

公式サイト
https://gaga.ne.jp/akai_movie/

© 映画『AKAI』製作委員会

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  2. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  3. GG_coda,画像
    ⼀歩踏み出す勇気が すべてを⼒に変えていく アカデミー賞前哨戦として名高い第79回ゴールデン・グ…
  4. ‛最悪‘な本音が‛最高’の共感を呼び、世界が絶賛!新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語 …
  5. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る