※この映画はまだ評価がありません。

不老不死のユートピアに放たれた撲滅戦士。 男は反逆者か、解放者か。人類の未来を予見した驚愕のヴィジョン。20 世紀SF映画史上屈指の大問題作、21 世紀に降臨!

「脱出」などで知られるイギリスの巨匠ジョン・ブアマンが、ショーン・コネリーを主演に迎えたSF映画。

野蛮と洗練、肉体とテクノロジー、欲望と罰、そして実存。
『未来惑星ザルドス』には全てがある。
どこまでも美しく詩的で残酷な本作の独自性は他の追随をまったく許さない、映画史上における特異点とでも言うべきものである。

遠未来に託して、現代社会の抱える諸問題――超高齢化社会、アンチ・エイジングへの異常な執着、格差の拡大などなど多岐に渡る――の行き着く果てを描いた、真に恐るべき黙示録がこれだ。
ベートーベンの交響曲第7番第2楽章は、時空を超越してこの映画のために用意されたのである。

1970 年代は斬新さと大胆さの時代だった、と奇才ブアマンは語る。
4Kで甦る『未来惑星ザルドス』はその最たる独創の怪作であり、今改めてこの幻想作家の再発見が待たれている。

映画「未来惑星ザルドス」作品情報

あらすじ

2293年、人類は不老不死の社会を実現。

特権階級の永遠人〈エターナルズ〉たちは、外界から隔絶された透明ド ーム、〈ボルテックス〉の中で平和で優雅な毎日を過ごしていた。

彼らは空飛ぶ巨大神像ザルドスを建立、それを神 と崇める撲滅戦士〈エクスターミネーターズ〉たちを操り、荒廃した外界に棲む獣人〈ブルータルズ〉たちの搾取と殺 戮を続けている。

だがある日、撲滅戦士のリーダー、ゼッド(ショーン・コネリー)は、着陸したザルドスの口内に身を 隠し、ドーム内に潜入した。

ザルドス=神の忠実な下僕だったはずのゼッドの目的とは一体?

予告動画

キャスト
ショーン・コネリー
シャーロット・ランプリング
セーラ・ケステルマン
ジョン・アルダートン
サリー・アン・ニ ュートン
ナイオール・バギー,

監督・スタッフ
監督・脚本・製作:ジョン・ブアマン

配給
:コピアポア・フィルム

11月4日(金)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシ ネマ有楽町ほかにて全国順次公開

公式サイト
https://zardoz2022.com/

© 1974 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPOLATION

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  2. たのしいこともさびしいこともーあみ子が教えてくれるのは、私たちが“かつて見ていたはずの世界” 芥川…
  3. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  4. きっと、誰かに伝えたい。劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 あfろの人気コ…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  7. 映画沈黙のパレード,画像
    「ガリレオ」シリーズ最高傑作、誕生!! 福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
映画『グリーンバレット』【初日舞台挨拶】
ページ上部へ戻る