※この映画はまだ評価がありません。

ポン・ジュノ率いる審査員全員一致 第78回ヴェネチア国際映画際金獅子賞受賞!世界が息を呑んだ衝撃の映画体験。

2022年度のノーベル文学賞を受賞した作家アニー・エルノーが若き日の実体験をもとにつづった短編小説「事件」を映画化。

『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞®4冠に輝いたポン・ジュノ監督が、審査員長を務めた2021年ヴェネチア国際映画祭での最高賞受賞を皮切りに、世界の映画賞を席巻。
決して見逃せない傑作が、ついに日本にも衝撃の嵐を送りこむ!


舞台は1960年代、法律で中絶が禁止されていたフランス。
望まぬ妊娠をした大学生のアンヌが、自らが願う未来をつかむために、たった一人で戦う12週間が描かれる。

この作品の特別なところは、本作と対峙した観客が、「観た」ではなく「体験した」と、語ること。全編アンヌの目線で描かれる本作は、特別なカメラワークもあり、観ている者の主観がバグるほどの没入感をもたらし、溺れるほどの臨場感であなたを襲う。


原作はノーベル賞に最も近い作家とリスペクトされるアニー・エルノーが、自身の実話を基に書き上げた「事件」。

主演は本作でセザール賞を受賞したアナマリア・ヴァルトロメイ。
タイムリミットが迫る中、闇をくぐり抜け、アンヌがたどり着く光とは?
身を焦がすほどの映画体験をあなたに──。

映画『あのこと』作品情報

あらすじ

1960年代、中絶が違法だったフランス。

大学生のアンヌは予期せぬ妊娠をするが、学位と未来のために今は産めない。
選択肢は1つ──。

アンヌの毎日は輝いていた。
貧しい労働者階級に生まれたが、飛びぬけた知性と努力で大学に進学し、未来を約束する学位にも手が届こうとしていた。

ところが、大切な試験を前に妊娠が発覚し、狼狽する。

中絶は違法の60年代フランスで、アンヌはあらゆる解決策に挑むのだが──。

予告動画

キャスト
アナマリア・ヴァルトロメイ
ケイシー・モッテ・クライン
ケイシー・モッテ・クライン
ルイーズ・オリー=ディケロ
ピオ・マルマイ
サンドリーヌ・ボネール ほか

監督・スタッフ
監督:オードレイ・ディヴァン
原作:アニー・エルノー「事件」

配給
ギャガ

12月2日(金)Bunkamura ル・シネマ他 全国順次ロードショー

公式サイト
https://toku.touken-hanamaru.jp/

© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINÉMA – WILD BUNCH – SRAB FILM

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  4. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  5. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  7. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る