『ポルトの恋人たち 時の記憶』
※この映画はまだ評価がありません。

■イントロダクション
過去と現在をつなぐ物語。
これはデジャヴュ、それとも……。
18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、3人のキャストがそれぞれ1人2役に挑んだ異色のラブミステリーが誕生した。

日本、ポルトガル、アメリカの3か国による合作映画『ポルトの恋人たち 時の記憶』は、オダギリジョー主演の日米合作『BIG RIVER』(06)や東日本大震災の原発事故で街全体の避難を強いられた福島県双葉町の人々の姿を真摯に見つめたドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』(12,14)2部作を手掛けた舩橋淳監督の集大成的な最新作となる。

主演は柄本佑。18世紀のポルトガルパートでは、ほとんどセリフもない日本人奴隷、21世紀の静岡・浜松パートでは、ブラジル系移民の労働者のクビを平然と切るエリート会社員を演じた。
浜松パートでは、英語セリフにも初挑戦している。

また、英語、イタリア語、フランス語など話すマルチリンガル俳優の中野裕太は、約1か月半でポルトガル語を習得。
日本人奴隷の仲間と、夢を抱いて、浜松にやってきたブラジル移民役で新境地を見せた。ヒロイン役は、第62回ベルリン国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とアルフレッド・バウアー賞を受賞したポルトガル映画『熱波』(12)のアナ・モレイラ。

運命ともいえる時間(ルビ:とき)の中で交錯する3人の男女。
物語の舞台は、リスボン大震災後のポルトガルと東日本大震災後の日本。
あらがえぬ運命よって引き裂かれ、その挙げ句に恋人を殺害された女が、その恨みを晴らすために選んだ手段は、思いもよらぬものだった。
それは「目には目を、愛には愛を」。
仇の殺人者に近づき、自分に惚れさせ、結婚を約束。その新たな愛の絶頂期に、女は自死により、殺人者の愛を台無しにするという壮絶な復讐劇。18世紀のポルトガルではその思いを成就させ……。
3人の立場は微妙に入れ替わりながらも、ほとんど同じプロットが反復され、デジャブのように交差し、愛憎の不条理に引き裂かれた人間の業をあぶり出す。

ポルトガルと日本の合作映画として、日本人初の監督作品に
オリヴェイラ作品のスタッフが集結!
プロデューサーは、『罪の手ざわり』(13)などジャ・ジャンクー監督作品を世界に送り出す市山尚三と、故マノエル・ド・オリヴェイラ監督ら4人の巨匠監督によるオムニバス映画『ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区』(12)のロドリゴ・アレイアス。

構想3年。
撮影は、2016年11月から12月まで、ポルトガルの世界遺産ギマランイスを始め、ポルト、ブラガ、ペニシェ、静岡県浜松市で行われた。
日本とポルトガルの合作映画は、パウロ・ローシャ監督の『恋の浮島』(83)、ジョアン・マリオ・グリーリョ監督の『アジアの瞳』(97)に続き3作目。本作は初の日本人督作品となる。

■ストーリー
【第1部】1760年ポルトガル
5年前のリスボン大震災と津波の爪痕が色濃く残る街。
日本人召使いの宗次(柄本佑)と四郎(中野裕太)が、奴隷貿易を生業としている男(※映画の中でガスパールの生業についての説明はなかったように思います。単に「インドへの長い旅から帰国した貴族」ということでいいのではないかと思います)ガスパール(アントニオ・デュラエス)に連れられてやってきた。

ガスパールは、九州へ渡った宣教師の大叔父を日本人に殺され、その怨みから日本人を使役させることに執着していた。
宗次たちは、屋敷で働く雑役女中、マリアナ(アナ・モレイラ)と出会う。彼女はリスボン大震災によって両親を失い、その後の暗い時代の中で希望を見出せないでいた。
宗次たちは、日本人の珍しさから見世物のように扱われながらも、いつか這い上がって祖国へ帰る希望を捨てていなかった。マリアナはそんな宗次と次第に親しくなり、やがて恋に落ちる。

しかし、マリアナと宗次の度重なる密会を知ったガスパールは「奴隷の子孫のくせに」と激怒。
宗次に暴行を加え、黒人奴隷たちと同様、復興現場での過酷な肉体労働を課した。それでもマリアナと宗次が互いを想う気持ちは変わらなかった。
数日後、ガスパールは復興現場で疲労のために倒れた奴隷に暴行を加える。宗次が止めに入ると、ガスパールは宗次を射殺してしまった。
希望を奪われ、より深い絶望に陥ったマリアナは、ガスパールに強烈な憎しみを抱き、復讐を決意する。1度は殺害を決意するものの、ガスパールの心の隙を突き、寵愛を受けることになった。

マリアナは四郎や奴隷たちに冷たくあたったが、その容姿は日々、美しくなってゆく。その事はガスパールの虚栄心を満たし、再び彼に生の実感を与え、ついにはマリアナに結婚を申し込む。
結婚式当日。ガスパールの心からの愛情を確認したマリアナは、その目の前で崖から身を投じ、自らの命を絶つ。

全てはマリアナの計画だったのだ。
かつて宗次を失い絶望を味わった自分と、全く同じ痛みを味合わせること。
そして、奪う立場から奪われる立場へと叩き落とすこと。マリアナが残した手紙を読み慟哭するガスパール。
マリアナは死してなお、手紙でガスパールに愛情を伝えることで、 その心を縛り付けた。復讐はマリアナの望む形で果たされる。

【第2部】2021年日本・浜松

東京オリンピックの後も経済は復活せず、人々が未来に希望を持てなくなっている静岡・浜松。
その日系ブラジル人コミュニティで、ポルトガル人の妻マリナ(モレイラ)と暮らす日系ブラジル人の幸四郎(中野)には、東京でポルトガルギターの店を出すという小さな夢があった。自動車工場で働き、コツコツと預金し、ついに銀行の融資審査を受けることになった。

ある日、幸四郎は自動車工場で移民労働者の仲間とともに呼び出される。本社からやってきたマネジメントリーダーの加勢柊次(柄本)は、経営改善で生産ラインを縮小するため、移民のクビ切りを告げる。対象者が読み上げられる中、融資の可能性が高いと聞いていた幸四郎は、同僚に代わって自分がリストラを受けると言い放つ。
しかし、幸四郎に待ち受けていたのは過酷な現実だった。銀行は失業を理由に融資を拒否。なんとか夢を繋ごうと、這いずり回り、柊次に「せめて審査がおりるまで退職を待ってくれ」と懇願するが、にべもなく断られてしまう。絶望した幸四郎はギターを湖に捨て、アパートで命を断つ。
帰宅したマリナは、変わり果てた幸四郎の姿を目にして、愕然とする。

一方、冷徹にリストラを断行する柊次だったが、心には大きな闇を抱えていた。それを癒すために訪れたのはポルトガルの民族音楽、ファドが聴ける店だった。柊次は歌い終えた歌手に声をかける。
マリナだった。共通の話題から一気に距離を縮めた二人だったが、渡された名刺を見て、マリナは驚愕する。
この男こそが、幸四郎を死に追いやった加勢柊次本人だ。密かに復讐心が湧き上がる。
そんな心を隠し、仕事外でのデートで距離を縮めていく2人。いよいよ復讐を遂げる絶好の機会が訪れた時、柊次から思いもよらぬ悩みを聞かされ、殺害をいったん止める。
弱っている柊次の心の隙を突き、取り入るマリナ。ただ殺すのではなく、自分を最大限に信用させ、それを裏切ることでより深い絶望を味あわせたい。
しかし、柊次の心の内を知り、迷いが生まれる。柊次は「移民から先に切ってしまえばいい」という上層部の通達に不条理な線引きを感じながらも、抗えずにいた。幸四郎をクビにした柊次に悪意はなかったのだ。
マリナはいつしか柊次を愛おしく思うようになっていた。そんな中、柊次にプロポーズされ、復讐心からではなく本心から受け入れる。
マリナの故郷ポルトを訪れる二人。幸せを実感する一方、再び幸四郎の幻影が姿を見せる。迷いを抱えたまま、かつて幸四郎とキスをした海岸線の崖へ行くマリナ。

そこで復讐を遂げようと思い直し、マリナは崖から身を投じようとするが、その瞬間、柊次がマリナを抱きしめる。
柊次と一緒に生きるべき。そう心が傾けかけたとき、柊次の背後に、再び、幸四郎の幻影が現れる。それは罪の意識が見せたものだったかもしれない。
深く動揺したマリナは、自らの意思に反し、崖から転落。そして、柊次も転落してゆく。
そんな2人を受け止めたのは、かつて宣教師たちが日本から持ち帰り、誰かが種を撒き、巨木へと育った椿だった。

■予告動画

■キャスト
柄本佑 (『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『追憶』)
アナ・モレイラ
アントニオ・ドゥランエス
中野裕太 (『新宿スワンII』)
■スタッフ
【監督】
舩橋淳 (『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』『フタバから遠く離れて 第二部』『桜並木の満開の下に』『フタバから遠く離れて Nuclear Nation』)
【脚本】
舩橋淳
村越繁
【配給】
パラダイス・カフェ フィルムズ
【配給協力】
朝日新聞社

■公開情報
2018年11月10日

■公式サイト
http://porto-koibitotachi.com/

■コピーライト
©2017 『ポルトの恋人たち』製作委員会




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

友だち追加
コメントは利用できません。

注目映画

  1. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  2. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  3. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  4. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  5. ライド・ライク・ア・ガール,画像
    前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く 映画『ライド・ライク・ア・ガール』…
  6. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  7. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る