2019年1月4日公開
映画『ホイットニー・ヒューストン』

ただ、愛されたいと思ってた―。
真実の物語。

■作品紹介
どこまでも伸びる圧倒的な歌唱力を備え、ポップス史上に燦然と輝く奇跡のミューズ、ホイットニー・ヒューストン。
80年代から90年代の全盛期、メディアを通して見る彼女は常に溌剌としていて、眩いばかりの笑顔を弾けさせていた。
そのパワフルな存在感は、性別、国境、世代、そして人種までをも超えて、同時代を生きた人々に大きな活力を与えた。
しかし、『ボディーガード』の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、複雑な家族問題ばかりが取り沙汰される様になり、48歳という若さで不慮の死を遂げてしまう。
いったい彼女に何があったのか?
メディアの前では常に笑顔で陽気なスター、でも心の奥底は傷ついた少女。抱えていた複雑な感情をさらけ出し、波乱万丈な自らの人生と重ね合わせ歌にぶつけ続けたー。
あの時代、あの瞬間、あの美声は確かにそこに存在していた。

■予告動画

■キャスト
ホイットニー・ヒューストン (『天使の贈り物』『ボディガード』)

シシー・ヒューストン
エレン・ホワイト
メアリー・ジョーンズ
パット・ヒューストン
ボビー・ブラウン
クライヴ・ディヴィス (『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』)
ジョン・ヒューストン
ケヴィン・コスナー (『モリーズ・ゲーム』『ドリーム』『クリミナル 2人の記憶を持つ男』『ラストミッション』)
ケネス・“ベイビーフェイス”・エドモンズ

■スタッフ
【監督】
ケヴィン・マクドナルド (『ブラック・シー』『わたしは生きていける』『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』『消されたヘッドライン』『ラストキング・オブ・スコットランド』)
【製作】
サイモン・チン『シュガーマン 奇跡に愛された男』
ジョナサン・チン
リサ・アースパマー
【編集】
サム・ライス=エドワーズ
【撮影】
ネルソン・ヒューム

■公開情報
2019年1月4日

■公式サイト
http://whitneymovie.jp/

■コピーライト
© 2018 WH Films Ltd




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  2. 6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  3. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  4. 6月14日公開 映画『柴公園』 ■イントロダクション 「おっさん×柴犬×会話劇」という斬新な…
  5. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  6. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  7. 6月14日公開 映画『ガラスの城の約束』 ■作品紹介 「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれた…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る