2019年2月15日公開
映画『フォルトゥナの瞳』

イントロダクション

“フォルトゥナ”とは運命の女神。
その瞳を持ってしまった者には「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な力が宿る。
原作は「永遠の0」、「海賊と呼ばれた男」の百田尚樹による小説『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)。
ある日突然不思議な力を持ってしまった青年が、最愛の女性の“死の運命”を目の当たりにし、その運命に必死に立ち向かおうとする、切なくも美しい愛を描いた物語。

主人公の青年【木山慎一郎】を演じるのは、『バクマン。』、『君の名は。』(声の出演)など、若干25歳にして20年以上のキャリアを持つ当代随一の実力派俳優・神木隆之介。ヒロインの【桐生葵】を演じるのは、『ビリギャル』、連続テレビ小説「ひよっこ」など話題作への出演が続き、国民的人気女優となった有村架純。そして本作の映像化を手掛けるのは、『アオハライド』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など青春映画の名匠・三木孝浩。

2019年、心震えるファンタジーラブストーリーが誕生する。

ストーリー

大切な人の“死の運命”が見えた時、あなたはどうしますか――

幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】(神木隆之介)は、友人も恋人もなくただ仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。

自分はなぜこんな力を持ってしまったのか―苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで【桐生葵】(有村架純)という女性に出会う。

明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、初めて孤独だった【慎一郎】の人生に彩りが生まれる。互いに惹かれ合い幸せな日々を過ごす2人。しかしそれもつかの間、突然【葵】の身体が透け始めてしまう・・・

予告動画

キャスト

神木隆之介
幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎は、ある日突然不思議な力「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまう…
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 3月のライオン 後編 3月のライオン 前編 君の名は。 太陽 バクマン。 脳内ポイズンベリー

有村架純
慎一郎が偶然入った携帯ショップで出会った明るく優しい女性桐生葵が、慎一郎の心の支えとなるが…
かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発 コーヒーが冷めないうちに ナラタージュ 関ヶ原 3月のライオン 前編 何者 アイアムアヒーロー

志尊 淳
DAIGO
松井愛莉
北村有起哉
斉藤由貴
時任三郎

スタッフ

原作:百田尚樹フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)←原作情報は読書ログへ!

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)
監督:三木孝浩
坂道のアポロン 先生! 、、、好きになってもいいですか? ぼくは明日、昨日のきみとデートする 青空エール くちびるに歌を アオハライド ホットロード 陽だまりの彼女 僕等がいた 後篇

脚本:坂口理子、三木孝浩
主題歌・挿入歌:「In the Stars(feat, Kiiara)」/ONE OK ROCK (A-Sketch)

公開情報

2019年2月15日(金)全国東宝系にてロードショー

■公式サイト
http://fortuna-movie.com/

■コピーライト
(C)2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会

「読書ログ」会員の原作評価と感想

motti」さん
ただし、今までの感じからすると百田尚樹さんの本としては質が下がってると思う。
いうなれば新人漫画家がおもしろい作品を描いてるくらいの感覚。それはそれとしてコレ、映画化したらビジュアル的に面白いよね。
「透明人間」ぽい描写は話題になるだろうね。

アスラン」さん
まもなく死を迎える人の身体が透けて見える能力を持ってしまった主人公、木山。
幼い頃に家事で両親と妹を失い、施設でいじめを受けて育ちながらも、成人して誠実に暮らしている。
ただただ自動車コーティングの仕事を一生懸命やっていた日々だったが、身体が透けて見えるようになってから自分にこの能力が与えられた意味はなんだろうかと苦悩し始める。
自分には幸福などこない、と思いこんで自ら幸せを手にしない選択をしているようにみえる主人公が読んでいて痛々しい。
それでも死を身近に感じたからこそ生きるということについて見つめ直している姿を見ていると、自分自身の生き方も考えさせられる。
電車でもカフェでも、読んでいて涙がとめられなかった一冊。

apple ice」さん
非常に読みやすくスピード感があるので一気に読んじゃいました。
他の人を救うために自分を犠牲にできるのか。
人によって、救う人数によって、その気持ちは変わるのか。
色々と考えちゃいますが、単純に面白かったです。

十六夜」さん
泣きました。
泣きたい本を読みたい人には結構おすすめです。
本当に泣くのかな?と思いましたが私は泣きました。




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

平均評価 3.0点(2019年2月16日更新)

※ネタバレ注意!
・百田直樹の原作を前に読んでて、ラストを忘れてたけど、映画始まってすぐ思い出した。というか、有村架純の演技分かりやすすぎ…。原作をかなり端折ってるから、黒川先生も少ししか出ないし。でも、さすが神木隆之介!王道のラブストーリーは初らしいけど、優しくて純粋な青年をすごく丁寧に演じ切ってる。志尊淳とDAIGO一瞬気づかなかった!主題歌もいい。何より、大事な人を守る為に自分の命を犠牲にする、究極の愛に感動。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 映画『暁闇(ぎょうあん)』
    失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。 映画『暁闇(ぎょうあん)』 7月20日(土)公開 …
  2. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  5. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  6. 二ノ国
    8月23日公開 映画『二ノ国』 ■作品紹介 現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”…
  7. 8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る