2.5/5 (2)

2019年2月22日公開
映画『サムライマラソン』

■イントロダクション
佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する豪華オールキャストが集結。
メガホンを取ったのは、『キャンディマン』『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』『不滅の恋/ベートーヴェン』の監督で知られるバーナード・ローズ。そのほか製作陣には、企画・プロデュースに『ラスト・エンペラー』(アカデミー賞作品賞ほか9部門で受賞)で有名な世界的プロデューサー:ジェレミー・トーマス、衣装デザインに『乱』(アカデミー賞衣装デザイン賞受賞)のワダエミなど、世界の第一線で活躍するアカデミー賞受賞スタッフが名を連ねたビッグプロジェクトが遂に完成した。

■ストーリー
時は幕末、とある藩で開かれた日本初のマラソン大会。
その裏でとある行き違いから、藩士不在の城に藩主暗殺を狙う刺客が幕府から放たれる。ただ一人、迫る危機を知った男は、暗殺計画を食い止めるため、仲間たちに危機を告げ共に戦うため、走ることを決意する─。

■予告動画

■キャスト
佐藤健
小松菜奈
森山未來
染谷将太
青木崇高
木幡竜
小関裕太
深水元基
カトウシンスケ
岩永ジョーイ
若林瑠海
竹中直人
筒井真理子
門脇麦
阿部純子
奈緒
中川大志
ダニー・ヒューストン
豊川悦司
長谷川博己

■スタッフ
監督:バーナード・ローズ
原作者:土橋章宏
「幕末 まらそん侍」

配給会社:ギャガ

■公開情報
2019年2月22日

■公式サイト
http://gaga.ne.jp/SAMURAIMARATHON

■コピーライト
©“SAMURAI MARATHON 1855”Film Partners




※原作「幕末 まらそん侍」の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 4.0点 (2019年2月18日更新)

・遠足(とおあし)、今のマラソン。それをネタに5つのストーリーが、関連性を持ちながら、或いは、両面から綴られれている1冊。何気なく読み始めたが、一気に読んでしまった。軽いテイストの勧善懲悪ものがたりで、それでいて、ほんわか・のんびりしたところもあって、気分転換に最適かも。小さいながら、なかなかの殿様であって、そんな殿様だからこそ、味わいのある家臣たちがいるんだろうな。人を生かして活かすという物語でもある。
・みんな一生懸命走って走って、そして、そこにドラマが生まれる。爽快感もあり、ホロリともさせられる、エンターテイメント作品。
・遠足という途方もない藩主からの御触れで、飽きれるもの、この機会に脱藩しようとするもの、弱い自分と決別するために走ろうと決意するもの、褒美欲しさに不正をしてまでも勝とうとするものなど家臣の心境もさまざまでしたが、人間とは本当の窮地に追い込まれたり、自分の持っている力を出しきり、事を成し遂げようとした時には、わだかまりや欲望が消え失せてしまうのではないかと思いました。遠足を走る前と家来全員が走り切った時の藩の結束はまるで違っていたようです。ぬるま湯の中では、人は成長しないのかも・・と思いました。私は、面白かったです。

この書籍の星の数と感想を読書ログでチェック

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  4. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  5. 多くのミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与えあいながら数々の名曲を生んだウェストコースト・ロックの…
  6. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る