2019年2月23日公開
映画『空の瞳とカタツムリ』

■イントロダクション
青春のおわり、人生のはじまり。
ふれたい。
ふれたくない。
雌雄同体のカタツムリは交尾の際に突き刺す鋭い矢「恋矢(れんし)(Love dart)」」を互いに突き刺しあう。
この矢は交尾相手の生殖能力を低下させ、寿命すらもすり減らす。

本作のタイトル『空の瞳とカタツムリ』は、故・相米慎二監督の遺作『風花』のタイトル変更案として最終候補まで残ったもの。
監督は、相米監督の弟子筋であり『サンデイ ドライブ』『フレンチドレッシング』『なにもこわいことはない』など脚本・監督と二足の草鞋で活躍する斎藤久志。

脚本を務めたのはテレビドラマ『深夜食堂』シリーズで脚本家デビューを果たし、本作が初のオリジナル映画脚本の荒井美早。
求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす、新しい愛の物語。

■ストーリー
誰もが一度は通る痛みを、鮮烈に描いた新しい愛の物語。
祖母の遺した古いアトリエでコラージュ作品を作り続ける岡崎夢鹿(むじか)鹿(縄田かのん)は、消えない虚無感を埋めるため、男とならだれとでも寝るが、一度寝た男とは二度と寝ない。

一方、夢鹿の美大時代からの友人である高野十百子(ともこ) (中神円)は極度の潔癖症。性を拒絶し、夢鹿にしか触れられない。そして二人の友人、吉田貴也(たかや) (三浦貴大)は夢鹿への想いを捨てきれないまま、堅実に生きようと努めていた。

学生時代とても仲がよかった三人。しかし月日が経つにつれ、バランスは少しずつ崩れていった。そんな中、十百子は夢鹿に紹介されたピンク映画館でアルバイトを始めるが、行動療法のような日々に鬱屈していく。

その映画館に出入りする青年、大友鏡一(きょういち)(藤原隆介)は、満たされなさを抱える十百子に心惹かれていく。
夢鹿と十百子、永すぎたモラトリアムは終わろうとしていた・・・。

■予告動画

■キャスト
縄田 かのん
中神 円
三浦 貴大
藤原 隆介
利重 剛
内田 春菊
クノ 真季子
柄本 明

■スタッフ
監督:斎藤久志
脚本:荒井美早
企画:荒井晴彦

■公開情報
2019年2月23日(土)池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

■公式サイト
http://www.sorahito.net/

■コピーライト
(c)そらひとフィルムパートナーズ




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 3月30日公開 映画『リヴァプール、最後の恋』 ■作品紹介 イギリスの俳優ピーター・ターナーが1…
  2. 4月6日公開 映画『12か月の未来図』 ■作品紹介 パリ郊外。 移民、貧困、学力低下―。フラン…
  3. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運…
  4. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  5. 映画『まく子』
    映画『まく子』 2019年3月15日(金)公開 最新情報 ・3/22:原作者西加奈子さんが描く…
  6. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…
  7. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る