※この映画はまだ評価がありません。

3月8日公開
映画『運び屋』

■『運び屋』最新情報
ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運び屋』クリント・イーストウッド監督&主演で贈る、前代未聞の実話
ニュース:映画『運び屋』“伝説の運び屋”のしっぽをつかんだ麻薬取締局!緊迫の本編映像を解禁
ニュース:映画『運び屋』日本オリジナルのテレビCM3編を一挙公開!前代未聞の実話
ニュース:前代未聞の“アウトロー”の実話!『運び屋』新予告映像到着
ニュース:イーストウッド監督から日本だけの特別メッセージが到着!

■イントロダクション
前代未聞の実話。
巨大な麻薬組織で、巨額の麻薬を運ぶ腕利きの男。
全米麻薬取締局が必死に追跡した“運び屋”の正体は…なんと!90歳のジジィだった!

誰よりも自由で成り行き任せな男を、88歳!映画界の生ける伝説クリント・イーストウッドが自身監督作では10年ぶりの主演として演じる。
アールを追いつめる麻薬取締局の捜査官に『アメリカン・スナイパー』ブラッドリー・クーパー。

さらにローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィーストといったアカデミー賞Rの常連俳優共演で贈る、前代未聞の実話。

■ ストーリー
アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は家族とも疎遠で、孤独な90歳の男。

商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられるが、それが実は巨大麻薬組織の「運び屋」だった…。

■ 予告動画

■ キャスト
一度に13億円相当のドラッグを運んだこともある伝説の運び屋アール・ストーン
クリント・イーストウッド

イーストウッドが演じるアールを追い詰める麻薬取締局の捜査官
ブラッドリー・クーパー

ローレス・フィッシュバーン
マイケル・ペーニャ
ダイアン・ウィ―スト
アンディ・ガルシア
アリソン・イーストウッド
タイッサ・ファーミガ 他

■ スタッフ
監督:クリント・イーストウッド
「許されざる者」(1992)「ミリオンダラーベイビー」(2004)アカデミー賞監督、作品賞受賞
脚本:ニック・シェンク(「グラン・トリノ」)

■ 公開情報
2019年3月8日(金)、ロードショー

■ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

■ コピーライト
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 3.5点(2019年3月8日更新)
・なかなかユーモラスでおもしろかった。運び屋として使うほうもいいところに目がいったもんだと思う。
まさか、90歳の老人が・・・予期せぬことがおきてもタイミングよく?と言うか運よく切り抜けられているところが、フフッって感じ。
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『運び屋』

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  2. 運命に翻弄されながら再会を願い続けた夫婦二人の11年にも及ぶ愛の実話。 二宮和也が主演を務め、シベ…
  3. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 …
  7. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る