500年の航海 メイン画像

マゼランによる世界一周から500年――
そこには、もうひとつの知られざる世界史が存在した

■イントロダクション

制作期間35年!!
マゼランは本当に世界一周したのか? 押しつけられた歴史をひっくり返す!
フィリピンの鬼才キドラット・タヒミックが自らの映画人生と、世界の歴史を重ね合わせた叙事詩が誕生

ラヴ・ディアス、ブリランテ・メンドーサなど世界の注目を集めるフィリピン・インディペンデント映画、そのゴッドファーザーとも言える映画作家、キドラット・タヒミック。フランシス・F・コッポラが激賞したデビュー作『悪夢の香り』、3人の息子の成長を、モニュメント・ヴァレー、ドイツ、日本への旅、フィリピンの反独裁政権運動、ピナツボ火山爆発などフィリピン激動の時間とともに描いた『虹のアルバム』などを筆頭に、多くの映像作品を作り続けている。近年は「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や「あいちトリエンナーレ」などのアートフェスティバルでも作品を発表し、美術界での評価も高まっている。

さまざまなジャンルを横断し、ドキュメンタリーとフィクションが入り混じった手法で、西欧世界から押しつけられた歴史や思想を粉砕し続けてきたタヒミックが、35年の歳月をかけて完成させた大長編が最新作『500年の航海』だ。

来たる2021年はマゼランによる「世界周航」から500年。実はマゼランは旅の半ばで命を落とし、本当に世界一周を達成したのはマラッカ出身の奴隷エンリケだった・・・。

世界一周の途上、フィリピンのセブ島沖で先住民の首長ラプラプの抵抗によって命を落としたマゼラン。西欧による“第三世界”の隷属の歴史の象徴として、自ら奴隷エンリケを演じ、家族や友人たちをキャスティングし1980年頃から映像を撮り続けていた。その後、息子たちの成長に伴い撮影を中断していたが、撮影開始から20数年経った時、成長しヒゲを伸ばした次男カワヤンの姿がマゼランとダブり、マゼランが現代に蘇った輪廻転生の物語として映画の完成を目指すことになった。

こうして出来上がった作品は2015年にベルリン国際映画祭と東京国際映画祭(上映タイトル「お里帰り」)で上映され、デビュー作『悪夢の香り』が40年前に批評家賞を受賞したベルリン国際映画祭で驚きと賞賛を持って迎えられ、カリガリ賞を受賞した。

しかし、その後もタヒミック監督の構想は膨らみ、さらなる再編集を施し、いまもなお増殖を続けている。

■ストーリー

田んぼの中から見つかった木の箱。それを開けてみると泥にまみれたフィルムの入った缶のようなものが入っていた。
これは輪廻転生の物語…。

マゼランとエンリケ

この映画はマゼランの世界一周の後から始まる。
マゼランの奴隷、エンリケは世界一周の後、自由の身となり故郷ルソン島イフガオに戻った。
1523年、エンリケの生まれた村。同行者のピガフェッタは紀行文を残したが、エンリケは字が書けないので世界一周の思い出を木に掘っている。ヨーロッパから戻ったエンリケは家訓を壁に刻んだ。“夕日を追いかければ虹の双子に出会うだろう”。

イタリア、ピガフェッタの家。イタリアのヴィチェンツァ。

ここにはいまでもピガフェッタの屋敷がある。家の正面には家訓が刻まれている。“トゲのないバラはない”。その屋敷には世界一周から持ち帰った土産物が溢れていた。

エンリケはマゼランの船に乗る。
それはマゼランが航海に使ったガレオン船。
エンリケの大事な仕事は土曜日ごとにご主人に熱い風呂を用意すること。

新しい旅路

おぼつかない足取りで浜辺を歩く老人。
その老人を助けに行く若い画家。老人は丸い石を手に持ち「ハパオ」という言葉を残し気絶した。
その石を手に棚田のある村ハパオに向かうバスに乗る老人。
何かの声に導かれるように山の上の家に向かい、石を柱に置いた。
エンリケとマゼラン画像
その声が響く。
「新たな旅の始まりなのか? それとも古代の船旅の次の行程なのか?」
若い画家が暗室で写真を現像しているとその写真に、あの老人が現われた。
「彼はどこから来たんだ?」「山岳地帯と言っていた。彼が言っていたのはハパオ」「バギオの芸術組合に言ったら素性がわかるかもしれない」

写真を手にして老人を探しにバギオに向かう画家。
そこでたまたま訪問した映像作家の友人の家で、編集中のビデオにその老人と思しき者を見つけた。「これは彼だろ!」

フラッシュバック。
山の子供だったエンリケがなぜ海に出たのか?
風で吹き飛ばされて海に落ち、海賊に拾われた。
1510年のマラッカ。市場で中国商人に売られた。
マラッカにマゼラン一行が到着。ノミの市に家具を買いに来たマゼランが家具と一緒にエンリケもお買い上げ。エンリケはいざヨーロッパへ。
そこで修道士に預けられたエンリケは木彫りを学び、すぐに習得した。

1518年スペインのセビリア。マゼランは2年待ってようやくカルロス1世に謁見した。新しい航路開拓の資金調達のために。
「姪のイサベリータは15年笑っていなかった」カルロス1世が呟いた。
エンリケの滑稽な仕草にイサベリータが笑った。
カルロス1世は姪の自閉症を治すためにエンリケを借りたいと申し入れた。
画家はバギオのギャラリーでフィリピンの伝統工芸に詳しいキュレーターと会った。
「しばしば人生では、過去に知っていたことを学ぶことがある。なぜなら輪廻転生だから。前世でしたこととしなかったことを学ぶの。人は姿を変えて戻るの。もしかしたら前世は奴隷だったかもしれない」キュレーターは話した。

イザベリータ画像
イサベリータの部屋での着せ替えごっこ。
イサベリータとエンリケの仲は城内でも噂になった。
お医者さんごっこも。王室のスキャンダルだった。王はイサベリータを遥か東のウィーンまで移し、エンリケを遥か西に送るためマゼランの計画を許可した。
老人は石に語りかける。「物語を聞かせてくれ。過ぎ去った年月の物語を。古代の聖なる旅の話を」

イタリアに戻る
ピガフェッタはフランス国王に会い、原稿を渡す。きっと王様が出版してくれるに違いない。

老人の姿とエンリケの姿が少しずつ重なって行く….

奴隷から自由の身に

エンリケはいよいよ大航海に出る。エンリケは木でチェスの駒を掘った。そしてマゼランに言った「この駒を使えば、あなたに勝てそうです」
マゼランははじめて知った「エンリケも考える。彼は一生、奴隷でいる気はない」と。
船 画像
船がフィリピンに近づいている。
1521年4月27日 マクタン島。族長のラプラプは征服者に屈しなかった。
ラプラプは戦いだけは避けたかった。竹の楽器アンクルンで征服者を撃退しようとした。しかし戦いは避けられず多くの血が流れ、遂にマゼランも殺された。

主人の死後、エンリケは自由の身となった。
マゼランの遺言にはこう書いてあった。「自分の死後はエンリケを自由にする」と。エンリケは故郷への道を探す。山を登り、草をかき分けーー。
“夕日を追いかければ虹の双子に出会うだろう”。
故郷の村は彼を歓迎した。世界一周を成し遂げたからではなく、いなくなった息子が無事に帰って来たからだ。
エンリケは世界一周の話しを次世代に語った。

これが大発展の記録。計画開始から4年だった。

“1521年3月16日 フィリピンをマゼランが「発見」。昼も夜も大航海してリマサワ島に辿り着いた。お母さん私は病気だ。早く医者を呼んどくれ。お医者さん、私は死ぬ。お母さんに…”
それがマゼランの最期。

白黒フィルムを現像しようとする若い画家。5年前に撮ったフィルムを保管して置いて撮り直すと、時間や場所が重なる。二重露光のフィルム。
「最後のロールにはある老人の顔が写っていた。その男はたまたま海岸に倒れていたんだ。彼はイフガオ 出身、山岳地帯の人間が海岸にいた」

老人はヨーヨーを作ろうとしていた。
バギオで会った実業家にオリンピックのお土産にフィリピンの特製ヨーヨーを作れないか持ちかけられたようだ。
現像した二重露光の写真にはあの老人が至るところに写っていた。
彼は取り憑いているのか?なぜ接触したがるのだろう?
老人は土曜日の花祭りまでに石の彫刻を作ってバギオに運ぼうとしていた。
「ベンのエロ芸術にこれは最適だ」

ベンのところにも石の彫刻が持ち込まれた。
「フッドフッドの起源。フッドフッドは愛の物語です」
イサベリータとエンリケの姿が重なる。

花祭り当日。
バギオの街中で、老人は大きな船の模型にたくさんの花と一緒に彫刻をセットした。まるでマゼランの船のように。
そこに画家が老人を探しに来た。「彼はイフガオのハパオだよ」

木彫職人の白髪の老人を探しにハパオに向かう画家。バギオのギャラリーのキュレーターから何やらお土産も預かって。

“大きな歩幅で果てしない棚田を歩く。一歩一歩しっかりと。空へ急な坂を登る。求めている答えが私たちを待ってくれる。長い航海の終わり”
エンリケか老人かどちらかわからない声が響く。

山の奥で画家はようやく老人と再会した。
老人はマゼランとおぼしき人物の彫刻を彫っていた。
老人は画家に向かって尋ねた。「息子よ、名前はなんだっけ?」
画家は答える「エンリケ」
老人は言う「私はフェルナンド(・マゼラン)」

これは輪廻転生なのだろうか。

山の村は祝祭に包まれた。
“虹の双子が再会したのだ! 虹の魂を歓迎する。虹の双子が抱き合う時、聖なる輪が完結する”
「故郷の村は彼を歓迎した。世界一周を成し遂げたからではなく、いなくなった息子が無事に帰って来たからだ」

終わりのない航海の終わり??

タヒミック監督が物語を振り返ると…。
「ピガフェッタの公式の物語を聞いた、エンリケの個人的な物語も聞いた。ディレクターズ・カットが見たい?最後が面白い」

どうやら物語はまだまだ続いていくようだ。

■予告動画

■公開日
2019年1月26日〜シアター・イメージフォーラムにてロードショー、以下全国順次公開

■スタッフ
監督、撮影、編集、美術・・・キドラット・タヒミック
撮影・・・ボーイ・イニゲス、リー・ブリオネス、アビ・ララ、サントス・バユッカ、キドラット・デ・ギア、カワヤン・デ・ギア、カブニャン・デ・ギア、サングブム・ヘオ
編集・・・チャーリー・フグント、アビ・ララ
録音・・・エド・デ・ギア、アビ・ララ
音楽・・・ロス・インディオス・デ・エスパーニヤ、シャント
「マゼランの歌」作曲・唄:ヨヨイ・ビリヤミー

■キャスト
エンリケ/木彫り職人の老人(エンリケの輪廻後)・・・キドラット・タヒミック
フェルディナンド・マゼラン・・・ジョージ・スタインバーグ
王族の子/画家(マゼランの輪廻後)・・・カワヤン・デ・ギア
プリンセス・イサベリータ/ギャラリー・キュレーター・・・カトリン・デ・ギア
イフガオの石彫刻家・・・ロペス・ナウヤク
ピガフェッタ/写真家・・・ウィグス・ティスマン
スペイン国王カルロス1世/バギオのアート・パトロン・・・ダニー・オルキコ

2017年/フィリピン/カラー/DCP/英語・スペイン語・タガログ語/161分

原題:Balikbayan # 1 ― Memories of Overdevelopment Redux  VI
出演:キドラット・タヒミック、ジョージ・スタインバーグ、カワヤン・デ・ギア
配給:シネマトリックス
コピーライト:(C)Kidlat Tahimik




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  2. 9月28日公開 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 ■イントロダクション 何杯の…
  3. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  4. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  5. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  6. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  7. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…

Facebook





ページ上部へ戻る