彼女が目覚めるその日まで 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」
Pocket
LINEで送る

彼女の命は、絶対にあきらめないー
原因不明の病と闘った一人の女性と生きる希望をつないだ家族の絆を描く、感動の実話。

【作品紹介】
ニューヨーク・ポスト紙で働く、若手記者スザンナ・キャハラン。仕事にプライベートに、最高に充実した人生を送っていた彼女に突然悪夢のような悲劇が降りかかる。発病から回復までの壮絶な日々を、患者本人がジャーナリストの手腕で手記を発表、2009年にニューヨーク・タイムズのベストセラー・ノンフィクション第1位に輝いた。

彼女が目覚めるその日まで 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

知られざる病の存在を世間に知らしめ、現代の医療システムの落とし穴を暴き、全米に衝撃を与えた闘病記「脳に棲む魔物」(KADOKAWA刊)を映画化。よくある体調不良が突然、正気と狂気の境界線をさまよう原因不明の病になったなら――。

2007年に「抗NMDA受容体脳炎」と特定されたこの病は、映画『エクソシスト』のモデルになった実在の少年の臨床像そのものと指摘されている。世界で217人目の患者となったスザンナ・キャハランの7ヵ月に渡る闘病生活と、彼女を支え最後まで生きる望みをあきらめなかった家族の勇気を描く衝撃の実話。

本作は、ハリウッドのスター女優シャーリーズ・セロンがプロデュースに乗り出し映画化が実現、主演は『キックアス』ヒットガールで一躍ブレイク、女優としてのキャリアを着実に積み、美しく成長したクロエ・グレース・モレッツが、今までに見たことのない迫真の演技を見せる。

「キングコング:髑髏島の巨神」のトーマス・マン、「マトリックス」のキャリー=アン・モス、「ホビット」のリチャード・アーミテイジ、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー等豪華俳優陣が脇を支える他、実在の主人公スザンナ・キャハランが共同プロデューサーとして全面協力した。

彼女が目覚めるその日まで 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

【あらすじ】
憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。

幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた――。

■ 予告編



■ 原題・英題
BRAIN ON FIRE

■ クレジット
監督・脚本:ジェラルド・バレット
製作:AJ・ディクス、ベス・コノ、シャーリーズ・セロン、リンゼイ・マカダム、ロブ・メリリーズ

■ 出演
クロエ・グレース・モレッツ
トーマス・マン
キャリー=アン・モス
リチャード・アーミテイジ
タイラー・ペリー
ジェニー・スレイト

原作:「脳に棲む魔物」スザンナ・キャハラン著・澁谷正子訳(KADOKAWA刊)
字幕翻訳:松浦美奈

2016/カナダ・アイルランド/英語/カラー/5.1ch/スコープ/89分/G/

■ コピーライト
© 2016 On Fire Productions Inc.

■ 公開日
2017年12月16日

■ 公開情報
12/16(土)より角川シネマ有楽町他全国ロードショー

■ 公式サイト
http://kanojo-mezame.jp





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

彼女が目覚めるその日まで 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

彼女が目覚めるその日まで 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  2. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  3. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  4. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  7. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る