映画『ぼくの好きな先生』
メディフィット定期の商品概要はこちら
※この映画はまだ評価がありません。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の
前田哲監督による初のドキュメンタリー映画
3/23(土)から新宿K’s cinemaにてロードショー

こんな先生に出会ったら、生きるのが楽になる! その「絵」も「教育」も「生き方」も規格外!

【作品情報】
画家・瀬島匠は、山形にある東北芸術工科大学で学生を指導しつつ、全国を駆け巡って創作活動を行っている。眠る時間以外は何かを作り、ラジコンを飛ばし、絶え間なく喋り、30 年間〝RUNNER〟というタイトルで絵を描き続ける。

映画『ぼくの好きな先生』

10 代の頃に 35 歳で死ぬと思い込み、逆算して人生を過ごしてきたが、50 歳を過ぎた現在も生き、もう余生だと言いつつあり余るエネルギーを撒き散らし全力で今を生きる。自由奔放に人生を謳歌する破天荒で幸せな人生。しかし、光あるところに影があるように、ある宿命を背負って生き続けていた。秘められた「悲しい物語」がそこにあった。

映画監督・前田哲は、全身アーティスト・瀬島匠に出会い、自らカメラを手に衝動的に撮影、一年余りの時間を費やして完成させた。観る者の心を激しく揺さぶる、熱き人間ドキュメントが誕生した。

主題歌は RC サクセションの「ぼくの好きな先生」。主人公の瀬島匠や前田監督が学生時代に大きな影響を受けた忌野清志郎の、本作と同じタイトルの代表曲が「こんな先生に出会いたかった」という前田監督の思いとともに新たに響きはじめる。

映画『ぼくの好きな先生』

【画家】瀬島匠(SEJIMA Takumi)
1962 年、広島県因島に 7 人兄弟の長男として生まれる。造船所に勤めながら地方画家として活動をしていた父親と、同じく絵や彫刻の作品を作り続ける母親の影響もあり、幼い頃より自分も画家の道をこころざす。広島の高校卒業後は画家になるための第一歩として美術大学への進学を決意し上京。アルバイトで生活費をかせぎながら美術大学へ進学。その後、大学で助師として勤め、31 歳でパリへ留学。 数多くの個展を行うなど画家としてキャリアを積んでいきましたが、7 年後には拠点を日本に戻すことを決意。当時 38 歳。海に囲まれた因島で生まれ育った彼は「日本の海を描きたい、因島の海を描きたい」という思いが常に心にあったと言う。

映画『ぼくの好きな先生』

帰国後、店舗の内装など肉体系の労働をしながらも画家としての活動を続け、大学で絵を教える立場となった現在もなお自身の創作活動を続けている。
現在 56 歳。2015 年「都美セレクション 新鋭美術家 2015」では、これからの活躍が期待される新鋭作家の一人として紹介されている。「野口賞」「パリ賞」「独立賞」「上野の森展大賞」「田近憲三賞」「小島賞」「安田火災海上賞」など受賞多数。武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。芸術学士。東北芸術工科大学准教授。フランス美術協会会員。独立美術協会会員。

◎ 瀬島匠さんに聞く(インタビュー)
絵画との出会いにはいつ頃になりますか? 瀬島さんにとって、絵とは何ですか?

とにかく生まれた時から絵がありましたし、アトリエにいました。父も母も画家でしたので絵がいつもそばにありました。父のスーパーカブに乗って絵画教室について行って絵を描かなくてもそこにいて手伝いをしたり。絵とは何かって言われても…。いまだ未定のものでしょうか。あまり深く考えたことはありません。目の前に美術館があって山があり海がありキャンバスがあった。 絵とは、一言で言えば「血が騒ぐもの」ですかね。ご飯を食べたり、排泄をしたり日常とひと続きのものでもあります。

映画『ぼくの好きな先生』

絵画を教えることは瀬島さんにとって何でしょうか?そもそも、絵画は教えれるものなんでしょうか?

絵は教えられないことはずっと承知しています。僕も 一度も言葉で絵を教わったことはありません。生徒とは フランス語で言う「コパン」、つまり一緒にパンを食べる「同志」だと思っています。同志だから絵についても厳しいことを言うし、時には 頷き合う。一般的な大学教員という範疇からは外れて いるかもしれません(笑)。

奥さんとの出会いと結婚に至るまでについて教えてください。息子さん、娘さんとの関係はどうですか。

妻にはいまだに結婚しようとかそういう言葉を言った ことはありません(笑)。学生時代には反発しあった仲でした。いまだに怒られ ています。いわゆる一般の夫婦ではないですね。絵に ついては厳しいです。「あなたの絵に感動したことは ない」と言われます(笑)。息子や娘からもなんで結婚 したの?とからかわれます。ヘッドコーチみたいな存在 です。家族は、いつもダラダラしている自分に発破を かけてくれる、そんな関係です。

映画『ぼくの好きな先生』

桜木町の高架下の落書き事件について教えてください。

大学時代は学校が終わって、22 時くらいから朝まで友人たちと毎日のように車で横浜とか湘南で遊んで いました。ちょうど横浜博覧会が開催されている時期 でした。

ある時、一緒に遊び回っていた後輩に何もない高架下に絵を描けと言われたんですね。「描くよ」と言ったん ですが、しばらく何もしなかった。しばらくして後輩から、「高架下にまだ絵がない」と言われて、やって やると思って、いまの妻からペンキ代を借りて毎晩10 メートルぐらい描き続けました。そしたら 1 週間くらいで警察に捕まってしまって、罰金を科すと言われ たんです(笑)。すごい高い罰金で困ったんですが、友人が神奈川新聞におもしろい絵を描いてる奴がいると話してくれて、 新聞やラジオの取材を受けたあたりから風向きが変わりました。

映画『ぼくの好きな先生』

高架下を管理している東急の社長に手紙を書いたら絵を描くことを否定はしなかったんです。暗に公認してくれたんですね。そしたら、自分以外にもいろんな奴が高架下に絵を描き始めて絵でいっぱいになっちゃたんです。

瀬島さんの映画を撮りたいと言われた時はどう思いましたか?出来上がった作品を観ていかがでしたか?

ヘンテコなことが始まると思いました。僕の人生は前後関係なく、いろんなことが繋がって きたんです。前田監督ともお互い変なもの同志、僕の 倍くらいヘンテコな人なんじゃないでしょうか。磁石のS とN がくっ付いたり、反発したり、そんな関係をいろんな人と築いてきました。絵を描いているところ をカメラで撮られることは全く気になりません。

出来上がった映画を観て、変な感じがしました。自分が うるさいんです(笑)。家族からは、うるさくて映画の 上映時間の 85 分も一緒に居れないと言われました。思えば数奇な人生です。


◎ 監督のことば
私は、縁あって 2009 年より 2017 年 3 月まで、山形県にある東北芸術工科大学で、「映画の先生」として学生たちに指導しておりました。そこで、「洋画の先生」である瀬島匠さんと出会い、交流していると、とてつもない「生きる力」を感じられたのが、全ての始まりです。この「生きる力」を、もっと多くの若者たち、子供たちに届けたいと強く思い、瀬島匠という「先生」の姿を映像に捉えて、ドキュメンタリー映画として表現することにしました。

映画『ぼくの好きな先生』

それは、どんどん不寛容になる社会の中で、窮屈に生きさせられている若者たち、子供たちへ「もっと自由に生きていいんだよ」「失敗を恐れずに楽しもうよ」「生きる手ごたえを感じるっていいよな」などと、言葉だけでは届きにくいメッセージを、瀬島匠の破天荒な生き様と創作姿勢と学生たちとの交流を通して、心に届く形で“エール”を送りたいという意思であります。それは、表現は違いますが、清志郎さんが歌い、闘い、走り続けた“生きる姿勢”に通底するものだと思っています。

何よりも、私と映画の主人公の瀬島匠さんは、RC サクセションの影響をどっぷりと受けて育った世代です。私が高校時代に作った 8 ミリ映画の音楽は、『トランジスタ・ラジオ』で始まり『ヒッピーに捧ぐ』で終わる全編 RC サクセションでした。瀬島匠さんは、コート・ギャラリー国立に日野高校の美術部の展覧会を毎回観に行っていました。

学生の頃に、清志郎さんの『ぼくの好きな先生』を聴いた時、「こんな先生に出会いたかったなぁ」と痛烈に思っていたことを、映画の編集をしながら思い出していました。このドキュメンタリー映画は、自主的に制作した小さな映画ではありますが、この世界の大きな流れに立ち向かっていきたいと考えています。未来を担う子供たちはもちろんのこと、かつて社会に対峙していた大人たちにも、清志郎さんの歌とともに『映画』で、届けたいと思っています。

■ 映画『ぼくの好きな先生』予告

◎ 【映画監督】前田哲 MAEDA Tetsu
東映東京撮影所の美術センターでのアルバイトをきっかけに、現場のセット付き、美術助手を経て、フリーの助監督となり、伊丹十三、滝田洋二郎、東陽一、黒沢清、大森一樹、崔洋一、阪本順治、松岡錠司、周防正行などの監督作品に携わり、1998 年に相米慎二監督のもとで、CM から生まれたオムニバス映画『ポッキー坂恋物語・かわいいひと』(出演:吉川ひなの、鳥羽潤)で劇場映画デビュー。

CM、ミュージックビデオ、TV ドラマも多数演出。2009 年〜 2017 年 3 月、根岸吉太郎監督が学長を務める東北芸術工科大学・映像学科准教授として後進の育成に携わり、その時に、瀬島匠と出会う。

映画『ぼくの好きな先生』

◎ 主な映画作品
『sWinG maN』(00)/木下ほうか、粟田麗、宮﨑あおい、北村一輝、役所広司
『GLOW 僕らはここに…』(00)/上原歩、斎藤重人、松田美由紀、綾田俊樹、角替和枝
『パコダテ人』(02)/宮﨑あおい、大泉洋、萩原聖人
『棒たおし!』(03)/Lead、平愛梨、松田美由紀、三浦友和
『ガキンチョ★ロック』(03)/キングコング(西野・梶原)、ロザン(宇治原、菅)
『パローレ』(04)/くりーむしちゅー(上田・有田)、烏丸せつこ
『陽気なギャングが地球を回す』(06)/大沢たかお、鈴木京香、松田翔太、佐藤浩市
『ドルフィンブルー フジもういちど宙へ』(07)/松山ケンイチ、高畑充希、山崎努
『ブタがいた教室』(08)/妻夫木聡、大杉漣、原田美枝子
『猿ロック THE MOVIE』(09)/市原隼人、比嘉愛未、小西真奈美、國村隼
『極道めし』(11)/木村文乃、永岡佑、勝村政信、麿赤兒、田畑智子
『王様とボク』(12)/菅田将暉、松坂桃李、二階堂ふみ、松田美由紀
『旅の贈り物 明日へ』(13)/前川清、酒井和歌子、山田優
『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』/絶賛全国上映中





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ぼくの好きな先生』

※映画ログ非会員専用

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 陶王子 2万年の旅,画像
    2 万年の人類が、大丈夫だよ、と呼びかけてくる ~ 土と炎とその色と―これは一杯の「器」の向こうに…
  2. 聖なる犯罪者,画像
    聖人か?それとも悪人か? 過去を偽り聖職者として生きる男 ポーランドで実際に起こった 事件を基…
  3. ディズニープラス『ワンダヴィジョン』,画像
    『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く、 マーベル・スタジオ初の オリジナルドラマシリー…
  4. 映画 写真の女,画像
    とても鋭く、痛い 現代のロマンチック傑作奇譚! 令和インディーズ映画の異端児串田壮史監督・長…
  5. 画像,天外者(てんがらもん)
    時代を超え、志は未来に生き続ける― 日本の未来を切り開いた“五代友厚”の物語を映画化! 三浦春馬…
  6. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る