※この映画はまだ評価がありません。

3月30日公開 映画『リヴァプール、最後の恋』

■作品紹介
イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録が原作。
『悪人と美女』(1952)でオスカー助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアム(1923-1981)。
1950年代ハリウッドで活躍し、4度の結婚歴もある自由奔放な彼女と、
駆け出しの若手舞台俳優ピーターの最後の恋を中心に描かれる。
往年の大女優・グロリアに実力派・アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』『20センチュリー・ウーマン』)、ピーターを『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』で知られるジェイミー・ベルが演じる。

■ストーリー
1981年9月29日、ピーター・ターナーの元に衝撃の知らせが飛び込んできた。
かつての恋人グロリア・グレアムがイギリスのランカスターのホテルで倒れたのだという。
「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリアに対してピーターはリヴァプールにある自分の実家でグロリアを療養させることにした。
ピーターの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアだったが、全く病状を明かそうとしない。
心配になったピーターは、主治医に連絡をとり病状を確かめた。
そして、グロリアの死が近いことを悟ったピーターは、不意に彼女と楽しく過ごしていた頃を思い出すのだった。
本作は駆け出しの俳優に過ぎなかったピーターと往年の大女優であったグロリア・グレアムとの歳の差もキャリアも超えた恋模様を描く。そしてグロリアがリヴァプールに拘り続けた理由とは―

■予告動画

■キャスト
アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』『20センチュリー・ウーマン』)
ジェイミー・ベル(『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』)
ジュリー・ウォルターズ(『パディントン』『ハリー・ポッター』シリーズ)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ(『大統領の執事の涙』『アンコール』)

■スタフ
監督:ポール・マクギアン(『ホワイト・ライズ』)
脚本:マット・グリーンハルシュ(『コントロール』『ノーウェアボーイひとりぼっちのあいつ』)
原作:ピーター・ターナー「Film Stars Don’t Die in Liverpool」
配給:キノフィルムズ/木下グループ

■公開情報
2019年3月30日(土)

■公式サイト
https://liverpool-movie.com/

■コピーライト
©2017 DANJAQ, LLC.All Rights Reserved.公式サイト




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  6. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  7. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る