4月12日公開
映画『ハンターキラー 潜航せよ』

■イントロダクション
潜水艦アクション大作、復活!
『ワイルド・スピード』製作陣が放つ、潜水艦アクションの新境地へ――
1980年代~90年代にかけて大ヒットを飾って来た“潜水艦モノ”。深海の逃げ場のない密室の中で、ソナー音を頼りに己の耳と経験値だけで見えない敵と戦う極限の緊張感と、あらゆる危機的状況に立ち向かう乗員たちの濃密な人間ドラマが人気を呼んだ。
だが、21世紀になり、最新鋭の潜水艦テクノロジーに映像技術が追い付かず、このジャンルは途絶えていた。遂に2019年、元潜水艦艦長による原作と米国防総省×米海軍全面協力により、潜水艦アクション大作が復活!
さらに、『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により、潜水艦×シールズ精鋭部隊のダイナミックな共闘など、未だかつてない進化を遂げる!!

■ストーリー
攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)×ネイビーシールズが強力タッグ
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。
ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。
同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。
未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。
グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は、一隻の潜水艦に託された――。

■予告動画

■キャスト
ジェラルド・バトラー
ジオストーム』『エンド・オブ・ホワイトハウス』『完全なる報復

ゲイリー・オールドマン
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』『マン ・ダウン 戦士の約束

コモン/リンダ・カーデリーニ
ミカエル・ニクヴィスト

■スタッフ
【原作】
ジョージ・ウォーレスドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)

【監督】
ドノバン・マーシュ

【配給】
ギャガ

■公開情報
4月12日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

■公式サイト
https://gaga.ne.jp/hunterkiller/

■コピーライト
©2018 Hunter Killer Productions, Inc.




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 3.7点(2019年4月19日更新)
・正直新味はなく、他の潜水艦映画と何が違うのかといわれると苦しい。ゲイリー・オールドマンなんてほとんどカメオぐらいの出演時間だし。
ただ一旦アクションに入ればそれなりに見れる。バトラーは艦長だからか、アクションをすることもなく指令だけなので作品自体が暴走しなくてよかった(笑)

・意味がよくわからないところが多々あり、多少退屈な場面がありましたが、思った以上に壮絶です。息苦しい環境の中、精神維持や体力、判断力が不可欠。観ているだけでも不安に陥る。おもしろかったです^^

・あと一歩で両方の大国が戦争状態になるという緊迫感が映像から出てきていて非常に良かった。終始緊迫感のある映像。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  2. 映画『暁闇(ぎょうあん)』
    失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。 映画『暁闇(ぎょうあん)』 7月20日(土)公開 …
  3. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  4. 8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  5. 8月16日公開 映画『命みじかし、恋せよ乙女』 ■イントロダクション ドイツ人監督ドーリス・デリ…
  6. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る