4月12日公開 映画『ハンターキラー 潜航せよ』

■イントロダクション
潜水艦アクション大作、復活!
『ワイルド・スピード』製作陣が放つ、潜水艦アクションの新境地へ――
1980年代~90年代にかけて大ヒットを飾って来た“潜水艦モノ”。深海の逃げ場のない密室の中で、ソナー音を頼りに己の耳と経験値だけで見えない敵と戦う極限の緊張感と、あらゆる危機的状況に立ち向かう乗員たちの濃密な人間ドラマが人気を呼んだ。
だが、21世紀になり、最新鋭の潜水艦テクノロジーに映像技術が追い付かず、このジャンルは途絶えていた。遂に2019年、元潜水艦艦長による原作と米国防総省×米海軍全面協力により、潜水艦アクション大作が復活!
さらに、『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により、潜水艦×シールズ精鋭部隊のダイナミックな共闘など、未だかつてない進化を遂げる!!

■ストーリー
攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)×ネイビーシールズが強力タッグ
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。
ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。
同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。
未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。
グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は、一隻の潜水艦に託された――。

■予告動画

■キャスト
ジェラルド・バトラー
ゲイリー・オールドマン
コモン/リンダ・カーデリーニ
ミカエル・ニクヴィスト

■スタッフ
【原作】
ジョージ・ウォーレス
ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)
【監督】
ドノバン・マーシュ
【配給】
ギャガ

■公開情報
4月12日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

■公式サイト
https://gaga.ne.jp/hunterkiller/

■コピーライト
©2018 Hunter Killer Productions, Inc.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 4月6日公開 映画『12か月の未来図』 ■作品紹介 パリ郊外。 移民、貧困、学力低下―。フラン…
  2. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…
  3. 映画『まく子』
    映画『まく子』 2019年3月15日(金)公開 最新情報 ・3/22:原作者西加奈子さんが描く…
  4. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  5. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運…
  6. 2019年2月15日公開 映画『半世界』 最新情報 【スペシャル】旦那の成功を縁の下で支えたい…
  7. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る