映画『新聞記者』

前代未聞のサスペンス・エンタテイメント!
映画『新聞記者』
2019年6月28日(金)公開

■イントロダクション
韓国映画界の至宝シム・ウンギョン×昨年度映画賞に輝く松坂桃李
権力とメディアの“たった今”を描く、前代未聞のサスペンス・エンタテイメント!

映画『新聞記者』

シム・ウンギョン(役:東都新聞記者・吉岡)

映画『新聞記者』

松坂桃李(役:内閣情報調査室官僚・杉原)

■あらすじ
東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。

映画『新聞記者』一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。

映画『新聞記者』愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。
真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。
二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

映画『新聞記者』

映画『新聞記者』

■映画『新聞記者』予告編動画

■キャスト
シム・ウンギョン 松坂桃李
本田翼 岡山天音 /西田尚美 高橋和也/北村有起哉 田中哲司

映画『新聞記者』

映画『新聞記者』

■スタッフ
監督:藤井道人 脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人 音楽:岩代太郎
原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)河村光庸

■コピーライト
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

■公式サイト
https://shimbunkisha.jp/

■劇場情報

6月28日(金) 新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー!

最新の上映映画館の情報はこちら

映画『新聞記者』は大ヒット上映中!

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 4.0点(2019年7月2日更新)
・こういう、主人公が権力と真っ向から対立するような映画、欧米では少なからずあるのでしょうが、邦画では今時珍しいのでは?その点希少価値が高いと思います。
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  2. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  3. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  4. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  5. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  6. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  7. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る